え?え?イコライザー???

テーマ:
どうも( ´ ▽ ` )ノ


普段は開封もせずに削除することも多いメルマガ類ですが、今日はたまたまAmazonからのメルマガに目が留まりました。

「ギターエフェクター 人気商品をチェック」とな?

ふむふむ、見てみようじゃないか(^^)


{EB7ED4FC-9452-49E6-994D-E0467E3A87A8:01}

なるほど、こういうカテゴリーに分かれてるのね。

コンプレッサーはダイナコンプの画像か。定番ですね。

さらにスクロールして…

{9B20C704-7B52-41C3-B246-05C6D7F08DB0:01}

ディストーション・オーバードライブはBD-2。無難な選択ですな。

ワウはVOX。これも定番でよろしいでしょう。

さらに…

{D86F490D-27ED-4480-9951-334B890B4878:01}

MIKU STOMPがマルチエフェクターと言えるかどうかはよく分かりませんが…まあ良いでしょう。


問題は次。


{E03E3DA6-5597-4BE1-B711-8E037E2E3CC5:01}







ん?





{B62C4503-6511-418D-B164-E97F54B611B2:01}

えっと…イコライザー、ですか…???


っていうか…これなんですか??(・・;)

昨夜ワタシが寝てから実は20年ぐらいの月日が流れて、知らない間にイコライザーはここまで進化してしまったのでしょうか?( ̄O ̄;)


このメールを開封した時、公共の場にもかかわらず「えーー??」と思わず大声を出しそうになりました^^;


タップしてもリンク切れてるし…



謎です。




という、しょーもない話でしたw



では~(^ー^)ノ


AD
どうも( ´ ▽ ` )ノ



何やら現在訪米中のギタ友さんが投稿されたブログ記事を読んでて色々思うところがあったので、ここに記すことにしました。

ザックリまとめると、

日本(特に関東地方)は、住宅事情ゆえ自宅でギターアンプの音量を上げる訳には行かず、そのためにアンプの特性を知る上でUSのそれに比べて大きなハンデがある、ということです。

(Yさん、もし齟齬があったらご指摘くださいw)


ギターの他にドラムも演奏する身として、非常に共感を覚えます。

都市部の集合住宅では音量に加え振動にも気を使わなければならないので、ドラムの練習パッドの使用もままなりません(・・;)

ましてやギターアンプときたら、1ワットの音量でも気が引けます(>_<)


ここで思い出すのが、数年前に山口県のマーシャルミュージアムを訪れた時のこと。
コレクションの中のビンテージマーシャルを防音室で鳴らさせていただきました。

{618DB3C4-5828-40F9-AEBA-A8124A646A85:01}

マスターボリュームなんて無い機種なので、歪ませるには音量を上げるしかありません。
結果、ものすごいゴキゲンな音と、ものすごい耳鳴りを得ることができました笑


翻って日常生活のことを考えると、アンプの音量なんて自宅ではそんなに出せませんよね。

そうすると選択肢は2つ。


1.マイアンプを常に持ち歩く。

2.アンプの影響が最小限の音作りを模索する。



ワタシが選んだのは2です。

1は、日本の(都市部の)交通事情を考えるとしんどい。
なので消去法で2です。


そのために導入したのがALBITのプリアンプです。

{0003A236-4BB7-4FB8-A2CD-4C729E609C40:01}


これがあればパワーアンプとスピーカー以外の不確定要素は排除できるので、本当に重宝してます。

特に、どこへ行っても大概置いてあるジャズコで理想の音が出せれば、一定した音に加えて機動性も確保できます。



そうは言っても…

世にある色んなアンプを試したい!とも思うので、若干消化不良な感はありますが^^;

実戦を考えた時にワタシが選んだ答えはこれですが。

他にも、Axe-FXやKemperなどの機材を使うのも有りでしょう。

これという正解が無いだけに、考えると悩ましくも面白い課題だな、と思うのであります(^^)



ギタ友さんのブログ記事を読んで、何かと色々考えさせられました。でもこういうの考えるの大好きです♪



ではでは~(^ー^)ノ
AD

ライブ参戦2発とNEWペダル。

テーマ:
どうも(^ー^)ノ


ここんとこバタバタしててしばらく空いてしまいましたが(・・;)
ちゃんと生きてますよ♪ギターもバキバキ弾いてます(^^)

さてこの週末はライブ参戦2連発。
土曜日の第一弾は、1月に続きアメブロ繋がりのギタ友さんのライブ。
直前になって、前回同様ワタシのドラムの教え子くんも別バンドで出演するのを知るというw
同じパターンの再来でしたw

教え子のSくんは前回に続き、Superflyを中心とした女性ボーカルもののバンド。本当に安心して聴いていられるドラムです。
前回もこのブログで書きましたが、初めてSくんと出会ってから15年ぐらい経った今でもドラムを続けていること。バンドメンバーからしっかりと信頼されていること。
ワタシは最初に彼の背中をチョイと押してあげただけですが、それでも本当に感慨深いものがありますね(^^)

その後のギタ友さんのステージ。推定年齢50歳wのストラトと、VOX AC30アンプで実に良い音を出されてました。
骨太でロックっぽいサウンド。ワタシの大好物です(≧∇≦)
どうやったらストラトであんな音が出るんだろう…いつかそのうち教えて欲しいものですw

同じバンドのギターボーカルもアメブロ繋がりのギタ友さんでして。こちらはテレキャスを使ってキレのあるジャキジャキサウンドを醸し出してました。
このギターサウンドの対比が、聴いてて心地よかったです(^^)

こちらのバンドはこのメンバーで初ステージで、ギタボさんは相当久方振りのバンド活動だったそうですが、全くそうとは思えないサウンドとステージングが本当にカッコよかったです(≧∇≦)
{AC3A7A9C-6DB5-4C27-9C7B-BDDAC7D96DBE:01}



ライブ参戦第二弾は、チェロ奏者二人組の2CELLOS。渋谷はBunkamuraオーチャードホールでの参戦でした。
YouTubeでちょこっと見た以外の予備知識無しで敢えて臨んだのですが…超ロックじゃねーかよw
U2やMJ、ストーンズにガンズ、挙げ句の果てにはアイアンメイデンときたかw
チェロってカッケーなww



てな感じでライブ三昧な週末でしたが、その合間に中野にある歪みエフェクター専門店、その名も「ヒズミ屋」に訪問してまいりました(^^)

ワタシのオリジナルCDを録ってくださったエンジニアとの打合せがあって中野へ出向いたわけですが。

ヒズミ屋と言うだけあって、もっとアングラな雰囲気を想像してたのですが…えらい綺麗な店構えと、2名の女性スタッフ。

ん?

場所間違えた??

と一瞬思いましたw



色々見て回りましたが、本当に歪みエフェクターばかりで面白いw

そんな中、前々から気になってたペダルを試奏させていただきました。

{607C6D23-A168-4C0D-990D-1CFF446B9E0B:01}

緑色の歪みペダルと言えばアレですね。
チューブスクリーマー。

単体でも、ブースターとしても、どっちも使えるTS系ペダルを探してたですが。
こいつは良いです。美味しいレンジをグッと出してくれます(^^)

エレハモのSoul Foodも試奏してみましたが、こちらの方がしっくりきたので。


これ下さい!


即決でしたねw

帰宅後、自分の他の手持ちのエフェクターと色々組み合わせて実験してます(^^)

{A170692B-0D73-4C8D-A87E-2030E43FC7F9:01}


そんな感じの、充実した週末でありました、はい☆


それではでは~(^ー^)ノ

AD