愛鷹山トレイルラン | Challengeな毎日
新型コロナウイルスに関する情報について

Challengeな毎日

感謝の気持ちを忘れずに、マラソン、トレイルランに励んでいます。
めざすは、UTMB!

先日の連休初日(20日)、富士山麓の愛鷹山に行ってきた。

 

ストックされた山行計画の中からこれを選択した理由は、

 

◆富士山が見えるところ

◆遅いスタート時間でも行けるところ(前日飲み会だったから・・・)

 

自宅を午前8時頃、出発。

 

愛鷹山登山口駐車場に午前10時頃、到着。

 

特に準備運動もせずに登山口から登り始める。

 

 

ルートは以下の周回ルート(左回り)

 

 

左周りにしたのは「早く富士山を見たいから」。

 

トレイルランといつつほとんど走らず。

 

それでも淡々と登って黒岳を目指す。

 

尾根まで約20分(富士見峠)、黒岳に35分ほどで到着。(標高1,086m)

 

 

目の前に富士山がドーン。

 

 

富士山が見えない山行が続いていただけにテンションがあがった。

 

ベンチに座ってしばしのんびりする。

 

天気は快晴。

 

裾野の自衛隊演習の砲撃音が聞こえてくる。

 

パンを食べて次へと向かう。

 

 

越前岳へ。

 

連休ということもあり、何組かの登山者とすれ違う。

 

そして午前11時30分すぎに越前岳(愛鷹山)に登頂(標高1,504m)

 

ここからの富士市、駿河湾の景色が素晴らしかった。

 

 

「いいね~」

 

ここで昼食。おにぎりを食べる。

 

 

15分ほど休んで先へと進むことに。

 

アップダウンを繰り返し、呼子岳(標高1,310m)、鋸岳(標高1,296m)へと登る。

 

 

この先は「廃道」となっており、位牌岳には進めない。

 

よく見ると、ガケ沿いにロープが張られたルートが見える。

 

滑落死亡事故もあったらしく危険なのだろう。

 

山の名前もちょっと・・・

 

 

大人しく割石峠まで戻る。

 

ここから駐車場までは下りなのだが、まさしく岩だらけのルート。

 

視界が悪いときはルートも分かりにくいだろう。

 

とても走るようなところではなく、歩いて下山。

 

トータル11km、所要時間3時間45分の山行となった。

 

きれいな富士山が見れただけで満足感が違う。


気になる週末の天気


にほんブログ村