”Happy 50th Wedding Anniversary !  写真”

テーマ:

12年目、何かプレゼントあげる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 

 

私たちは、絹婚記念日どころか、昨日10月21日が50年目の結婚記念日だった。

夏休みを利用してこの夏、子供たちと孫たちから盛大にお祝いしてもらった。

 

こんなにうれしかったことは、めったになかった気がする。

 

結婚した時もうれしかったけれど、

子供が生まれて抱いたとき。

その子がおとなになり、連れ合いと結婚し、孫が生まれたとき。

その孫たちの成長の節目節目に立ち会ってともに喜んだりできたとき。

つくづく幸せな人生を歩んできたと、感謝あるのみ。

 

今まで、結婚記念日だからって特別プレゼントを用意することなかったなあ。

夫はもう何もほしいものはない、という。 そういえば私も同じ。

とにかく夫には元気でいてくれればそれでOK。:元気でさえいてくれれば何だってできるしね。

 

 

 

10月21日夕食

テーマ:

昨日は私にとってはとても大切な日。50年前結婚式を挙げた日。

本当にいい天気でした。

夫は畑仕事。私は・・・うふふ。

家で花の株分けしたり、ベランダのプランターに種まきしたり、聴きたい音楽を聴いたり、

洗濯掃除などいつもと変わらず。お勉強もやったわよ。ウインク

平凡だけれど、おうちの中でしたいことをしたいようにこなすことが大好きビックリマーク

 

 クローバー かぼちゃのポタージュスープ

 

クローバー牛モモ肉ステーキ

たまには形のある肉も食べなきゃ。200gあったステーキ用の赤身の大沼牛を半分づつ。

たっぷりの大根おろし+リンゴ酢+砂糖+レモン汁+醤油+つゆのもとでおろしソースを作って、あっさりさっぱりと戴きました。

 

付け合わせた畑からのオクラ、今年最後の最後です。パプリカは、こんなに立派に育たなかった。お店から調達。宮城県産なんですって。

 

   

クローバーサラダ

紫玉ねぎ、キャベツ、カイワレ大根の千切りしたサラダに、ポテトサラダを戴きました。

ポテサラの緑は、枝豆です。

 

 クローバー 煮しめ

献立がメチャクチャと言われようが、やっぱりこういうのを作ってしまう。好きなのよねー。ゴボウもこんにゃくも。

干しシイタケを戻して煮しめたもの、人参、さといも、平こんにゃく、ごぼう、タケノコ

シイタケの戻し汁に、白だしと醤油を少し、みりんで味を付けました。汁がたっぷりだと、薄味でも味がよくしみます。だから次の日がうまいのよ。これが。(笑)

 

 クローバーフライパン焼き芋

 

 

今朝は昨夜の残りに、シシャモを焼いて。

やっぱりたまの肉もいいけれど、魚がおいしいわねぇ。 

生協の配達品ですが、袋に今年の新物とありました。

今日もいい天気です。

画像をネットよりお借りしました

ジャムにするといいよーと、お友達からたくさんのガーデンハックルベリーを戴きました。

レシピのプリント付きです。

1粒かじってみました。甘い味とかは、全くしません。種がいっぱいです。 いただいたレシピの通りに砂糖をかけて一晩おき、煮て、レモンも入れてミキサーにかけて 鍋にあけてさらに弱火で煮込んで

 

 うん、おいしい! ググってみたら、ネットにも作り方を沢山見つけることができました。 

ブルーベリーと比べると、アントシアニンの含有量が4倍~5倍も含まれているとか。 

健康にいい植物なのね。

 

 自家製のカスピ海ヨーグルトにさっそく。とたんに目がよくなった気分(笑)

 

 

 

先日つくった柿ジャム

リベンジしなくちゃ。とつぶやいていたら

夫が渋みのない部分のトロトロ柿を選んで私の留守中にジャムを煮てくれました。

煮過ぎたかなあ…

私がレモンを絞ってちょっと煮込んで仕上げおねがい

 少し渋戻りがあるけれど、それが柿らしくて、美味しい。そう、ほのかに渋みを感じるのがいいわ。

硬めなのでヨーグルトよりパンに塗るのがいいかな。

畑のあとかたずけと里芋収穫

テーマ:

今日の畑仕事は、まだ片付いていない夏野菜(モロヘイヤ、ナス、オクラ)のかたづけ。

大きな鋏とシャベルを持って行かないでしまったので、思いっきり力仕事、いや頭を使う仕事でした。

モロヘイヤ、オクラは地中に広く深く広がって、そのままではとても抜けてきません。

束にまとめたら、株ごとねじったら少しは抜きやすくなるんでないかい?

なるほどなるほど。

 

地上部分はたくさん収穫できた。野菜たちに感謝です。私が健康で夏を乗り切ったのも、あんたがたのおかげよ。

地下の根っこ。マルチしたビニールの下の土に、縦横無尽に広がって、しっかり根を張っている。こんなに張っているんじゃあ、抜くのが大変なわけだわ。

役目を終えた野菜たちを撤去したら、畑がとたんに広くなった。

来年の春に収穫するエンドウマメとか三陸つぼみ菜、植えてもらうのを待っています。

 

 ニンジン。いつも気難しいツンデレな野菜。 ま、だから面白いのですけどね。

 

ほうれん草は、どうやら発芽に失敗したらしく、まばらにしか生えていません。ある程度大きくなったのを収穫。

 元気でみるみる大きくなったのが大根です。 2本立ちになっています。必要に応じて間引き収穫しています。今日も5本ばかり抜いてきました。

 

写真を忘れましたが、白菜もそれなりに大きくなりました。虫の餌食にもなっているけどね。1か所1本になるように間引いた白菜も持ち帰りました。

 

そして・・・ さといも

とっても立派ラブ うれしいわ。1個の芋を植え付けて、こんなにたくさんの芋ができるんですもの、わかっているけど不思議だ。植物の増えようとする意欲には頭が下がります。

大根、白菜、里芋を連れ帰ってきたとあれば・・・・芋煮を作るっきゃないでしょ。

芋煮は有名な山形馬見ヶ崎川の芋煮会にかぎらず、東北地方全般にある料理ですが、

山形と違うのは、豚肉に味噌仕立てだということ。

山形は牛肉にしょうゆベースですが、奥羽山脈を越えると、豚肉&味噌になるんです。

理由? 知らない。

とにかく里芋が採れたとなるとあっちこっちで河原に鍋を持ち出して、隣近所、友達、などなどとみんなで芋煮会をするっていうのが東北の風景ですかね。

 

我が家の芋煮です。

大きな鍋にいっぱい作ったんだけれど、半分も食べてから写真てへぺろ  畑直送野菜の芋煮おいしくて箸が止まらないの。

ダイエット?  うーん・・・明日からね。。 

 

材料

豚もも薄切り肉、バラ肉、豆腐、平こんにゃく、ささがき牛蒡、大根、人参、白菜、葱、しめじ

調味料

味噌、みりん、酒、塩、砂糖、だしの素、

作り方は…過去にも書いているので。 あるいは仙台地方の芋煮でググってみて。

 

こんにゃくと豆腐がなかった、と、近所のお店に走りました。橋の上から真っ赤に燃えるような夕焼けが見えました。蔵王が見えている。っていうことは、明日はきっと晴れね。

 

 

 

 

校内合唱コンクール

テーマ:

地元の中学校の、校内合唱コンクールがありました。

1,2年生は午前に、3年生は午後に行われました。夫&私は午後に行きました。

じつは孫③のかっちゃんが出ているのです。彼が合唱コンクールをやるのはこれで終わり。

中学校の3年間なんて、ほんとにあっという間です。

それにしても・・・・子供たち、多賀城市民会館の大ホールで歌えるなんて、なんという贅沢!!

音響がいいことで有名で、多くのプロの演奏家がこの会場で芸術活動を行い、録音しています。

 

聴いたのは3年生だけですが、今まで何度も中学校の合唱コンクールを聴いています。

うちにお稽古に来ていて伴奏を引き受けた子供たちが出るたび、孫①みっちゃんの時も。

子供たちの一生懸命さが伝わり、聴いているこちらが緊張し、感激してウルウルしてしまいます。

3年生の課題曲は「名づけられた葉」

かっちゃんのクラスのみんなが選んだ自由曲は「ことばにすれば」

 

合唱の曲も随分変わりました。

くりかえし転調が出てきて調が変わったり、

シンコペーションがたくさん入っていてリズムが難しい曲だったり、

曲想に大きな変化があってドラマチックだったり。

 

言えることはその難しい合唱曲に、3年生のどのクラスの子供たちも、一致団結して真剣に取り組んだであろうこと。

声がよく出ていたし、曲をよく理解しどのように表現したらいいか、という点でも一生懸命やったんだということがよくわかりました。

 

そのあとは先生方の合唱です。

合唱の定番「大地讃頌」 そしてNHK朝ドラ半分、青いのオープニング星野源の「アイデア」

忙しいのに、先生方の歌もよかったビックリマーク

 

客席に座っている子供たちのヤジがまた 先生っていう職業はいいなあと思わせるに十分です。

せんせーい、だいすき!  せんせーい、あいしてる  

先生たちと子供たちの関係がとてもうまくいっている証拠ですね。

 

 

そのあとは、審査の結果と表彰がありました。

「この星に生まれて」を歌った1年生のクラスは、担任の先生がいないのに優秀賞でした。

優秀賞を発表した先生が、担任の先生は今朝男の子が生まれたと先ほど連絡が来ました。

みんな大喜びでした。

先生がいなくても優秀賞が取れた頑張りもだけれど、「この星に生まれ」た自分たちのかけがえのない命の大切さ、先生に赤ちゃんがやってきた命のつながりの不思議さをかみしめていたようでした。

 

最後は校歌の、全員合唱。

孫がいて、聞きに来てほしいと誘われて、こうして楽しい校内合唱コンクールを聴けたこと、とても幸せでした。