5月6日 サルビアホール
【サルビアホール・クァルテット・シリーズ シーズン18】
ヘンシェル・クァルテット
Vn.クリストフ・ヘンシェル
Vn.ダニエル・ベル
Va.モニカ・ヘンシェル
Vc.マティアス・バイヤー=カルツホイ

ハイドン/弦楽四重奏曲第60番
ヒナステラ/弦楽四重奏曲第1番
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第9番『ラズモフスキー第3番』
(アンコール)
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第13番~第5楽章「カヴァティーナ」


今日は終業間際に作業中のデータの一部が破損してしまいガックリ ガーン
どんよりした気分のまま急ぎ鶴見へ hos

会場に着くと完売だった9日のライプツィヒSQが2枚出たとの案内があり、そのうち1枚を速攻購入、ホールど真ん中の良席 ビックリマーク

悪いことがあれば、良いこともあるもんです ニコニコ

//

さて、演奏です

とにかく強烈なインパクト
音がでかい、力強い、めっちゃうまい ビックリマーク
なんやねん、この人たち 叫び

カルツホイさんのチェロから出る音場空間が迫力満天
1st.ヴァイオリンのクリストフは思いっきり弾きまくります
そんなに強く弾いちゃって大丈夫なのか、と思うくらい ガーン

ヴィオラのモニカさんも結構ごりごり弾きます
2ndのダニエルはそれに比べると少しおとなしい印象、むしろきれいに弾きます
1stとの対比ではやや物足りない感じもしますが、クリストフの気迫が凄すぎ

そこらの中途半端なオーケストラなんかより、よっぽど聴き応えあり
目から鱗のクァルテットでした ビックリマーク

//

曲について

ハイドン
60曲以上もあると、正直どれがどれだか分かりません 笑
今日聴いた60番は晩年のものだけあって密度が濃い
特に第4楽章はベートーヴェンばりのカッコよさ

ヒナステラ
今年生誕100年となるヒナステラ
この曲は弦楽四重奏版のロック ドンッ
両端楽章がめちゃめちゃカッコいい ビックリマーク
オーセンティックなSQファンからしたら、ただの騒音でしょうけど・・ 叫び
南米の血がたぎる様なリズム(刻み)が延々と続きます
個人的には第3楽章(緩徐楽章)なんて省略して、ひたすらそれで続けて欲しいくらい

ベートーヴェン
わたしなんぞが何もいう必要はないんでしょうけど、第3楽章から雪崩れ込んで、一気呵成に攻める第4楽章が圧巻
ヘンシェルSQのど迫力演奏で聴くと、これはもうほぼシンフォニーですね え゛!

しかし、これだけのものが100人で1人当たり6000円って、ちと安過ぎないかい はてなマーク