いつもありがとうございますハート

 

ティナですniko

 

 

龍興寺の蓮台写経会

食事会の終了後

 

法華経が最も盛んに信仰されていた

平安後期作の

『一字蓮台法華経』 

拝観させていただきました

 

 

福島県内に3つしかない国宝の一つで、

書き終えるまで280年を要したといわれています。

経文6万9384字の一字一字を仏と見立て、
淡彩のハスの台座に乗せるように写経されています。

全長9メートルほどの貴重な斐紙に銀罫を引いた

一行17字詰めの体裁をとっています。

ハスの台座は郡青、丹、緑青、銀泥、泥、金泥と

色鮮やかに彩色され、

経文字は優雅な和様の細楷で

丁寧に墨書されている装飾経です

 

前住職のお話はとてもわかりやすく、楽しいです

 

 

800年の時を経て

伝わって来るエネルギー

 

800年前にこれを書いたのはどんな人たちかしら・・・

 

どんな暮らしをしていたのかしら・・・

 

熱いものがこみあげてきて

 

想いがそこに飛んでいきます

 

身体に

特に両腕にエネルギーが伝わります

 

触ってはいけないので

ジッと見ていました

 

心地よい

睡魔のような

どこかに飛んでいく・・・

 

集中

 

浄化のエネルギーを感じる

 

 

800年の時を経ても

美しい文字がここにあって

 

もしも

触れることができたなら

私はその時代に旅をするのだろうか・・・

 

 

こころよりの愛と感謝を込めてロータス蓮の葉

 

 

 

 

いつもありがとうございますうふふ

 

ティナですniko

 

会津も35度を超える暑さが続いています

 

 

そんな中

 

50年も前から

龍興寺で開催されている

蓮台写経会 に今年も参加することが出来ました

 

 

「 空 」 の世界

 

 

とらわれないこころ

 

 

蓮の台座の上に

 

一文字 一文字

 

上手いとか下手とかでなくて

 

一年前を振り返り

 

いまのわたしをかんじるたいせつなじかん

 

 

 

蓮の生菓子

 

 

蓮台写経会会席弁当

 

 

暑い夏

乗り越えましょうね

 

 

 

こころよりの愛と感謝を込めて蓮

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます♥

 

ティナですniko

 

 

あやめの季節も終わり

 

時の流れが早いですね

 

 

 

振り返ってみるのもいい頃です

 

そんな言葉が

ふと浮かんで・・・

 

思い出す あの頃

 

木造校舎

 

大きな時計

 

 

時を経て

 

それぞれの人生

 

あの頃 と 今

 

友人との答え合わせ

 

情景が目の前を通り過ぎていく

 

子供の頃に出会った人の影響が

どんなに大きな影響をもたらすのか・・・

 

そして

 

想像もしていなかった時代がここにある

 

 

 

夢見る夢子ちゃんだった子供の頃に戻って

 

ティナに伝えよう

 

夢見ることを止めないで

 

夢見たことを書き留めて

 

その時のノートが

目の前に現れたらうれしいな♪

 

 

 

いっそ、会いに行って聞いて来ましょうか・・

 

赤い長靴

黄色い傘

水色のレインコートのちっちゃなティナちゃんに

愛のエネルギーを届けて来ましょう

 

 

 

夏至のエネルギーが動き出している

 

雨の日の午後

 

 

 

こころよりの愛と感謝を込めてアジサイ