クラリネット吹き 谷上真実 の好奇心が湧く教室♪~音楽の力~

クラリネット吹き 谷上真実 の好奇心が湧く教室♪~音楽の力~

クラリネッティスト/たにうえまみ のブログ。関西を中心にクラリネットの演奏、講師をしています。人生を愉しむためには、心と身体の健康が一番!加えて音楽の力も信じています。コンサートやレッスン室で皆様にお会いする「その時」を大切にしています。

自分の置かれる環境により、人には様々な役割、役目が回ってきます。

あなたには、いくつの顔があるでしょうか?

 

今日は、先生や親、音楽講師、先輩など、

人に何かを教えたり、先導する立場になる時の自分について。

 

 

こんにちはニコニコ

音楽家の心身をガイドする!クラリネット奏者、たにうえまみです。

 

 

AT教師養成校での「ティーチング」の授業での学びを紹介します。

現在、私は、

「AT教師として教える時の自分の使い方」を訓練しているのですが、

正直、普通はそんなことは学ぶ機会はないと思います。

 

音大では、教職課程で教育実習を履修しました。

またヤマハのクラリネット講師になるために、企業の指導者研修も受けました。

しかし、そのどちらも、教える内容や方法が主でした。

(勿論、素行や言葉遣いなど社会人としての常識も習いましたが)

 

個人で楽器を教えている先生は、自分が教わってきたように、

自己流に改善して、教えていると思います。

私も駆け出し先生の頃は、自分が習ったとおり教えていました。

それしか知らないので、当たり前です。

何十年もかけて、音楽を勉強し、その楽器を習得しているのですから、

人に教えられることは、沢山持っています。

 

私が考えるのは、その沢山の知識や技術を、いかに生徒さんが望むように、

アレンジしつつ、共に向上していけるように提供できるか、ということ。

 

指導者として、プロフェッショナルであるために、

ATは素晴らしい基盤となります。

 

 

 

ーー「AT教師として教える時の自分の使い方」

 

 

内容や方法、技術を教えること。

それも大切です。

多くの人が求めることだと思います。

 

しかし、どんな自分で伝えるか

が最も大切だと思いませんか?

 

それを教わる時に、

教える側が、どうあるか、

どう振る舞うかで、伝わり方が異なるという経験は、

ありませんか?

 

きっと皆さん、経験があると思うのですが、

私たちは、何かを教わる時、教えてくれる人を、

見て、真似て、学習します。

 

親子の動作、しゃべり方、

師弟、門下の音、表現、

が似てしまうのは、必然です。

 

 

ということは、教える側の影響力は半端ないということ。

沢山持っている、楽器を演奏するという技術を、

どんな自分で伝えるか、

アレクサンダーの発見を、生徒さんに役立つよう、

どんな自分で伝えるか、

人間性や、自分の動きを意識する

ということを「ティーチング」では学びます。

そのレッスンでの1場面。

 

 

 

 

ーー強拍を出す時、自分を下げていた!

 

「生徒さんが吹いてる横で、指揮をして、拍子を伝える」

という場面。

 

私は3拍子を、振っていました。

 

1・2・3/強・弱・弱/強・弱・弱

 

これは、既に学習した動きだったため、

ウイナーワルツではなかったので、

かなり無意識に、振っていたようです。

 

ATを使っていたのですが、

先生に意識が切れてる箇所を指摘され、気付くことができました。

 

・リーディングエッジの指先

・強拍の落ちる動きと身体の連動

 

なんと、なんと。

習慣化された動きは自分では気付きにくいものですが、

これらは、やりたくない動きでした。

 

・打点は手首で取っていたため、指先に神経が通っていない指揮は、

テンポを出しているはずなのに、明確さに欠け、

・1・2・3の3で頭が前に上にいってるのに、

1拍目を落とすたびに、頭を押し下げる動きを誘発していたのでした。

 

当然、生徒さんには伝わります。

苦しそうでした。

2回目、指先まで協調作用を意識し、頭が動いて、私全部がついてきて、

指揮をした時は、

「すごく吹きやすかった」

と生徒さんも、美しい演奏をされていました。

 

強拍を落とすのは、もうすっかり染みついた感覚です。

農耕民族の我々日本人が、西洋音楽をする時に感じる、

本場との違い、違和感の原因でもあると思います。

 

昔、クラリネットの師匠に、頭でリズムを取っていたら、

「船漕ぐな!」

と注意されましたが、幼少時代からこうやって音楽してきたので、

それをやめることが、なかなか、難しかったのを思い出しました。

 

最近は減ってると思ってたのですが、

無意識(潜在意識)で行動すると、出てくるということが分かりました。

これは、遺伝子的に難しいのと、禁止することでは、やめれないこと、

意識的にアレクサンダープランを使えば、結果、船を漕ぐ必要がなくなり、

望む演奏ができるということを、再認識できた経験でした。

 

アレクサンダーを学んでいる今なら分かるのですが、

「船漕ぐな!」

では、やめれないし、演奏は良くならないのです。

 

先生の皆さん、教える立場の皆さん、

如何ですか?

 

生徒さんより前に、自分自身が、機能的に、

身体の構造に合った使い方で、拍子やリズムをとっていたら、

そんなお手本を見せていたら、

生徒さんは、押し下げて演奏することを学ばないと思うのです。

 

生徒さんがそのように演奏するには、理由があって、

勿論、その人個人のバックグラウンド(環境、経験)によるものも大きいですが、

先生である自分自身の心身の使い方も、影響を与えているということ、

肝に銘じながら、指導したいですね。

 

 

 

 

 

下矢印指導者の皆様も、是非音符

 

どんな小さな子どもたちだって、

社会に出れば、自分の役割を意識し、振る舞います。

 

先生自身が変われば、生徒さんも変わります!!

 

 

 

 

まみ&たえのワークショップ第2弾!!
”ココロとカラダで音楽レベルアップ講座”(基礎編)

日時: 9/23(秋分の日)
   ①午前:10:00~12:00 
「自分のやりたいことが実現する言葉・行動の選択」

   ②午後:13:15~15:15
「カラダにもともと備わる仕組みに沿って演奏するために」

場所:スタジオミリカ(大阪メトロ「南森町」徒歩6分)

受付:各講座スタート時間の15分前より
対象:音楽を演奏される方どなたでも

申し込み:メール、木管合宿HPの申し込みフォームより


問い合わせ:woodwind.alexander@gmail.com

 

※第3弾ワークショップ(応用編)は、12/28に開催します。

「本番」をテーマに、個人レッスンが受け放題!

第2弾の基礎を学んでの応用になるので、

是非、両方、ご参加ください。(リピーター割引有り)

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

音楽家の心身をガイドする音符クラリネット奏者/シンキングボディコーチ  

 

【Time Art】 谷上 真実(まみT)

 

☆身体の動きや思考に特化したレッスンで

もっと楽しく&上手に♪

 

Mail : tm.cl.concert@gmail.com

HP : https://peraichi.com/landing_pages/view/timeart


旗フェイスブックページ:木管奏者のココロとカラダLabo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

こんにちは!夏真っ盛りですねハイビスカス

音楽家の心身をガイドする!クラリネット奏者、たにうえまみです音符

 

アメブロからのお知らせで、気付きましたが、

4年前の昨日、このブログを始めたらしいです。

コンサートのご案内やクラリネットレッスン、

アレクサンダーテクニークの学び、

日常、子育てなど。

様々なトピックで綴っていますが、その時々の、自分が感じたこと

なので、現在は考えが変わったこと、

学びが深まったこともあります。

 

昔の記事を読まれた方は、

「あー、その時は、そんな風に思ってたのね」

と、寛容に受け止めて頂ければ嬉しいです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

さてこの1年ほど、アレクサンダーの学びを、必要な方に届けようと、

共に走り続けているトレーニー仲間の泉山民衣さん

3月に開催した国内初の

「木管楽器奏者のためのアレクサンダーテクニーク合宿」

以降も、2人で色々ワークショップを開催しています。

 

今日は、そんな私たちを、いつも励まし、応援してくれる

私たちのアレクサンダーテクニークの先生の1人、

渡邊愛子先生から、講座開催にあたり、

推薦のお言葉キラキラを頂きましたので、

一部、ご紹介します!!

 

 

 ▼▼▼▼▼▼

 

 

谷上真実さんはクラリネット奏者。

ご家庭では二人のお子さんを持つママでもあります。

ベテランの音楽家でありながら、非常に地に足のついたバランス感覚を持っている人です。

理想と現実とのはざまで迷っている方、

またご自分を取り巻く様々な問題を前に"自分のやりたいこと"を見失いがちな方にも、

実現可能で豊かなアドバイスを与えてくれることと思います。

 

 

泉山民衣さんはサクソフォン奏者。

演奏活動を精力的にこなしながら、レッスンにも様々なアイデアを投入して

オリジナリティあふれる活動をされています。

大変勉強熱心で、おしとやかに見えながらも高い実行力と行動力を持っている人です。

達成したい何かがある方、また解決したい問題をお持ちの方にも、

それらを細やかに紐解き分析し、具体的な実験方法を

たくさんの角度から提示してくれることと思います。

 

この情熱あふれる二人が共に力を合わせて開催するレッスンには、

必ず豊かな化学反応が起きるでしょう。

 

そしてその化学反応は、参加する人々によって色彩を変えることでしょう。

 

ただ見る、ただ聞くだけでなく、「体験すること」が重要視される時代。

 

ぜひ、あなたもこの新しい化学反応の輪に加わってみませんか?

 

 

サクソフォン奏者

アレクサンダー・テクニーク教師

渡邊愛子

 

 

▲▲▲▲▲▲

 

 

嬉しすぎるご紹介に目がハートラブ

自分たちがやってる事って、

自分では見えにくいので、

客観的意見を下さる方って大切です。

 

愛子さんは、本当に勉強熱心で、この世界を広く見渡されています。

レッスンもそれがよく表れていて、

一瞬にして、生徒さんが何を考え言わんとするのかを観察し、

的確な声掛け、つまりは、生徒さん自らが学び気付けるように

導いてくれます。

 

私も、愛子さんのように、

皆さんをガイド出来るよう、

そのためにアレクサンダーテクニークを使って、

講座を行いたいと思います。

 

講座では、ココロとカラダ、両面からのアプローチで、

「音楽を演奏すること」

で、その方が悩んでたり、躓いている所を、

アレクサンダーさんの発見を通して、

お助けしたいと思います。

 

化学反応の輪に加わってください!

ご参加お待ちしております!

 

 

 

 

 
 

まみ&たえのワークショップ第2弾!!
”ココロとカラダで音楽レベルアップ講座”(基礎編)

日時: 9/23(秋分の日)
   ①午前:10:00~12:00 
「自分のやりたいことが実現する言葉・行動の選択」

   ②午後:13:15~15:15
「カラダにもともと備わる仕組みに沿って演奏するために」

場所:スタジオミリカ(大阪メトロ「南森町」徒歩6分)

受付:各講座スタート時間の15分前より
対象:音楽を演奏される方どなたでも

申し込み:メール、木管合宿HPの申し込みフォームより


問い合わせ:woodwind.alexander@gmail.com

 

※第3弾ワークショップ(応用編)は、12/28に開催します。

「本番」をテーマに、個人レッスンが受け放題!

第2弾の基礎を学んでの応用になるので、

是非、両方、ご参加ください。(リピーター割引有り)

 

 

 

 

  


 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<おわりのつぶやき>

 

8月は、平和について、より考える月だと思うのです。

アレクサンダーテクニークを学んでいると、

自分のアイデンティティー、思考癖や過去、未来、いま、人生に目を向けます。

人の繊細さや心身統一体であること、コミュニケーションを掘り下げていくと、

世界平和への想いへと繋がります。

自分に与えられたこの世での平和な時間に、また、次世代へ繋いでいくための今日に、

感謝したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

音楽家の心身をガイドする音符クラリネット奏者/シンキングボディコーチ  

 

【Time Art】 谷上 真実(まみT)

 

☆身体の動きや思考に特化したレッスンで

もっと楽しく&上手に♪

 

Mail : tm.cl.concert@gmail.com

HP : https://peraichi.com/landing_pages/view/timeart


旗フェイスブックページ:木管奏者のココロとカラダLabo

夏休みに入り1週間が過ぎましたやしの木

全国のママさん、お疲れ様です!

こどもたちとの予定、3食用意、散らかる部屋の片づけ、増える洗濯物・・・。

夏休みは、自分のペースが狂うことに対する備えが必要ですひらめき電球

 

こんにちは!

音楽家の心身をガイドする!クラリネット奏者、たにうえまみです音符

 

 

今日は、そんなスーパーウーマンになる必要があるママ音楽家に、

私が実践しているスケジュール管理のコツをお伝えします。

自分に合いそう!と思ったら是非、実験してみてくださいウインク

 

 

 

①その日のハイライトを決める

 

今日、一番やりたいこと、やらねばならないこと、を朝(あるいは前夜)、決めます。

1日1個じゃ、収まらないのも知っています。

でも、最重要行動を1つ決めてください。

あれもこれも予定を入れてしまうと、こなすのが大変になります。

複数、予定を入れるのは構いませんが、1日1個、これは必ず!というものを決めます。

私は、期日が迫っているものを選ぶことが多いです。

〆切、練習、ブログ書き、事務作業、シーツを洗う、買い物、プール、映画、草取り、美容院、、、etc.

仕事だけじゃなく、1日の行動全部ひっくるめて、厳選1つです。

ときめく、ときめかないは関係なく、

今日、必要な行動1つです。

 

 

②決めたハイライトをこなすことに集中する!

 

朝のゆとりがある時、隙間時間など、まず、それから取り掛かります。

浮気したいこと、遂行の邪魔は、山盛り襲ってきますが、

とにかく、1日が終わるまでのなるべく早くに、それに取り掛かりましょう!

 

 

③満足が得られる!

 

ハイライトさえ終わってしまえば、あとは自由です!

欲張ってはいけません。

あなたが独身で自由の身なら、今日のハイライトを2つ用意してもいいですが、

育児中のママは、ルーティンでやることが多いので、1つです!

その日のハイライトさえ完了すれば、追加で、何をしようとも、

何もできなくても、やりたいことが1つ終わったことを祝福することで、

満足できます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

人は、何が辛いって、

自分の思い通りに、納得できないと辛いのです。

「今日はこれとそれとあれをしよう!」

とやりたいこと、やらねばならないことはいくらでもあるのに、

こどもにつきあってたら、何もできなかった・・・。(落ち込み)

そんな自分を責めたくない人は、

その日のハイライトを1つに絞ってください!

1つ決めたことそれを自分で選択したということが大切ですが、達成できた喜びがあれば、

そのあとは(そのために)、心に余裕を持ちながら、子どもの相手や、家事も出来ます。

 

赤ちゃん~入園までの育児の何が大変か・・・。

乳児は、何も出来ないので、全て誰かのお世話がいるわけです。

思い出してください。

 

 

 

 

 

自分の自由時間は皆無。

洗濯も掃除もご飯作りも、やりかけで止まる。

トイレもお風呂もゆっくり入れない。

ご飯にありつけるのは、冷えておいしくなくなった頃。自分が作ったのに・・・。

 

それらが起こるのが、赤ちゃん次第なので、自分で決めれないということにストレスがかかります。

もし、赤ちゃんが、何時に起きて、食べて、トイレして、昼寝して、泣いて・・・が完全に決まっていたら

(そんなことは絶対あり得ないけど)

予定も組みやすいので、ストレスが減ります。

 

人って、自分の思う通り、予定した通りに事が運ぶと、嬉しいんですよね。

でも、世界は、他者との関わり、自然との関わりで成り立っています。

人は1人では生きられないから。

だから、変化に対応する力も必要です。

 

大変な思いで産んで、

育てるのが大変なのは百も承知。

大変なことより勝る可愛い笑顔や寝顔に癒されて救われる。

 

そんな育児ですが、

成長して、大きくなってくると、
今度は、どこか自分の思い通りにいかないと、怒ったりしませんか?

 

私は、してしまいます。

出来てない人間なのであせる

でも、そんな時、

「子どもも1人の人間であり、自分とは別人格」

を思い出し、自分の希望やコントロールが及ばないところは諦めて、

自分でコントロールできる自分自身に立ち戻ります。

自分のやりたいこと、望みを叶える為に、行動しようと思います。

 

そんな時、その日のハイライトを決めておくと、

1つ望みが叶った、やりたいことが出来た!という1日の満足感と共に、

自分に納得が出来るのです。

 

しかも、満足しているので、ご機嫌なのですクラッカー

 

イライラ、キーっとなる前に、

現状観察、起こることの予測、

現実との擦り合わせ、柔軟な対応が求められます。

 

育児って、生きるって、学ぶことですね~ニコニコ

 

 

自分がやりたいこと(今日のハイライト)は何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽家の心身をガイドする音符クラリネット奏者/シンキングボディコーチ  

 

【Time Art】 谷上 真実(まみT)

 

☆身体の動きや思考に特化したレッスンで

もっと楽しく&上手に♪

 

Mail : tm.cl.concert@gmail.com

HP : https://peraichi.com/landing_pages/view/timeart

旗フェイスブックページ:木管奏者のココロとカラダLabo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

音楽家の心身をガイドする!クラリネット奏者、たにうえまみです音符

 

2019.7.15(祝) 開催の

『まみたえのココロとカラダ ワークショップ』

  ~カッコよく、上手く、納得の演奏を手に入れる!~

 

は、熱心な参加者の皆さんと共に、学び多き1日でした。

 

 

 
 

・身体の仕組み、演奏する前の身体の準備体操

・頭ー脊椎の関係性

・観察、選択、思考について

 

ゲームや体操を交えながら、アレクサンダーテクニークの原則をお話しし、

楽しく学べたと感想を頂いています。

 
 
 


引き続き、9/23(秋分の日)、12/28(土)にも開催します。

参加者の皆さんの興味のある所から、発展させていく予定です。

やりたいこと、知りたいこと、疑問、質問を携えて、ご参加ください!!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、今日は、「自分への声掛け」、つまり「思考の癖」について考えたいと思います。

 

登園前の娘との会話です。

 

「ママ~、このカメ描いて~」

「自分で描いたらいいや~ん」

「えー、だってー、絶対失敗する~(からママが描いて)」

 


 

 
 
最近、見たもの(絵、平仮名)を真似して書くがブームの5歳♀
 
私が、気になったのは、彼女が使った「絶対」という言葉。
大人ほど、その言葉の定義はないと思います。
お兄ちゃんが使っていたり、周りの影響で言葉を覚えただけ。
それでも、娘の発言からは、
「失敗したくないから、出来そうなママに頼む」
という意図が感じられたので、
 
「○○ちゃん、失敗って、ないよ!」
「何でもいい、練習だから、何回でも描けばいい」
 
と伝えました。
娘は、その一言で、鉛筆を握り、カメを描きましたクラッカー
 
 
ん?カメ?
 
「イヌが描けた~!!」
 
カメから耳と尻尾をつけたら、犬になりました恋の矢
 
こどもの創造力は素晴らしいひらめき電球
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
さて、大人になった私たちも、こんな思考の癖を持っていないでしょうか?
 
☑ 失敗するから、ソロは吹きたくない!
☑ 間違えるかもしれないから、発言したくない。
☑ 練習できてないから、レッスンに行きたくない。
 
 
自分は、何を恐れているんだろうか?
恐れている事よりも、やりたい事を考えてみたらどうだろう?
 
「練習」や「実験」の定義を見直してみませんか?
 
そもそも、「実験」とは、「Aすると、Bになることが分かる」だけです。
「練習」も同じで、「こう考えてこう吹いたら(A)、こんな音が出た(Bになった)」がデータとして分かります。
 
「A線を描けば、カメ(B)になり、別の線を足せばイヌ(C)になった」という経験が得られるだけ。
 
あとは、集まったデータを分析して、新しいプランを立てたり、次の実験に活かす!!
 
だから、練習に失敗はないんですねニコニコ
 
失敗を恐れて、つまりは、完璧を求めて前に進めないよりは、やりたいことを考えたり、ハードルを下げて取り組むのがお勧めですウインク
 
今日から、「練習」の定義を書き替えてみては如何でしょう?
 
 
 
 
 
 

音楽家の心身をガイドする音符クラリネット奏者/シンキングボディコーチ  

 

【Time Art】 谷上 真実(まみT)

 

☆身体の動きや思考に特化したレッスンで

もっと楽しく&上手に♪

 

Mail : tm.cl.concert@gmail.com

HP : https://peraichi.com/landing_pages/view/timeart

旗フェイスブックページ:木管奏者のココロとカラダLabo

 

---とある会議で、

A案とB案について、それぞれが意見を出し合います。

どっちの案がいいか、自分の中には答えはありませんでした。

喋り出した私。

喋り終えた私。

自分の動きのパターンに、ちょっと恥ずかしくなった出来事笑い泣き

 

 

こんにちはニコニコ

音楽家の心身をガイドするクラリネット奏者、たにうえまみです音譜

 

 

<質問>

あなたは、考えてることが顔に出るタイプですか?

出ないタイプですか?

 

<答え>

私は、、、めっちゃ出ます!!

 

 上矢印と「!!」ビックリマークつけると、いい事みたいじゃないですか?

 

私は、、、めっちゃ出ますアセアセ

 

 上矢印と「アセアセ」汗の絵文字つけると、困ってるみたいですよね?

 

 

 

さてさて、今日は、

困ってるけど、どうしようもないので、

そんな自分を受け入れて、レッスンに活かそうと思ったお話し。  

 

 

メールやブログなどの文字で伝える場合は、絵文字を追加することで、感情を表すことが出来ます。

もし、目の前に相手がいれば、

相手の顔の表情や声のトーンで、話のだいたいの流れや、感情を推測することが出来ます。

 

「人の動き」を見る訓練を積んだアレクサンダーテクニーク教師は、

その人の「話し方」や話している時の動きを見ることで、推測・判断・提案の為の材料の一つに使います。

 

 

先日、アレクサンダーテクニーク教師の渡邊愛子さん音符愛子さんのレッスンブログはコチラ!

 

と、一緒にATを学んでいる仲間の泉山民衣さん音符たえさんのお教室のHP!

と3人でランチ会議をしました。

 

 

 

 

 

私が手前で、対面に2人。

この配置は、正直、恐いです(笑)

だって、2人とも観察眼鋭いから~ 目

 

で、冒頭のA案とB案、どっちがどうという話を終えた時、

愛子さんから、

「で、今、話してみてどうだった?」

との一言。

 

正直、ドキッびっくりとしました。

さすが、AT教師の愛子さん。提案する言葉も、勉強になります。

自分でも、A案のこと喋ってる時は、どんどん楽しくなってきて、笑顔なのに、

B案のこと喋ってるうちに、だんだん声のトーンが落ちて、伏し目がちに汗

 

それが、なんか恥ずかしくって、口ごもってしまったけど、

いやいや、私、なんて、わかりやすい性格!!

「正直すぎるやろー!」と一人突っ込みし、自分が可笑しくて仕方なかったです。

 

たえさんも言います。

「A案の時は、すごーいシュルシュルって伸びてってた~!

B案の時は、、、(笑)」

 

はい。答えが出ました。(笑)

 

面白かったのは、話し始めるまで、私にはA案の方がいいとか、B案はイヤだとか、

全く考えていなかったことです。

話しているうちに、自分の気持ちや考えが、整理されたのでしょう。

結果、身体の動きに出たのです。

 

いやはや、人間って、心身統一体です。

思考・心・気持ちと身体の動きは、連動し、不可分ですね。

 

楽しいとか、嬉しいとか、プラスの反応の時は、頭が上にいき、脊椎を長く使って話すのですが、

 

やりたくないとか、悲しいとか、マイナスのことを思って話すと、頭が脊椎の方へ、押し下げが起こります。

 

これは、何も私だけの話ではなく、多くの人に見られる傾向です。

思考と動きのパターンは、連動します脳みそ

 

愛子さんとたえさんには、私のそれが見えたらしく。

本人が直接口に出さなくても、答えは丸見え&バレバレ。

 

恐るべし!アレクサンダー教師!

 

是非、自分や人の動きの観察、してみてください。

面白いですよ!

 

悩んで、答えが見つけれないと思ってることも、

私みたいに、そのことを喋ってみたら、答えに気付くかもしれません。

 

分からない時は、一緒に探究しましょうあしあと

それを導く、ガイドするのが、私の得意とするところです。

レッスンやワークショップ、受付中です音譜ウインク

 

 

 

 

 

 

~カッコよく、上手く、納得の演奏を手に入れる!~

『まみたえのココロとカラダ ワークショップ』

 

 もっとカッコよく吹きたいのに・・・

 練習の時は、上手くいってたのに・・・

 演奏後、周りからの評価はいいけど、自分では納得できてない・・・

 

そんな今の自分の演奏から、自信を持って演奏できるようになるために、

ココロ(思考)とカラダ(構造や動きの仕組み)の両面から切り込んでいく講座です。

 

日時:2019年7月15日(海の日)

 ①午前:10:00~12:00   講師:泉山 民
  
 「演奏するための自分の身体の使い方を変える」

 ②午後:13:30~15:30   講師:谷上 真
   
 「あなたの演奏を邪魔するモノは?」


場所:スタジオミリカ(大阪メトロ「南森町」徒歩6分)

受付:各講座スタート時間の15分前より

申し込み/詳細はコチラ!

 

 

ニコニコ今後の予定

第2回 ランニング 9/23(秋分の日)

第3回 ランニング 12/28(土)

 

定期的に大阪市内のスタジオで開催しますので、ご予定ください♪

 

旗フェイスブックページのフォローはコチラ右矢印木管奏者のココロとカラダLabo

 

 

 

 

 

音楽家の心身をガイドする音符クラリネット奏者/シンキングボディコーチ  

 

【Time Art】 谷上 真実(まみT

 

☆身体の動きや思考に特化したレッスンで
もっと楽しく&上手に♪