断易講座基礎編を行います。(2月11日の内容と同じです。)

来年以降10年は、国の内外で大きな変化が続くことが予想されていますので、
それに対処するための日々の選択や、予想をたてるのに活用できる方法です。

断易講座基礎編
 日時:2020年3月20日(金:祝)13:00~17:00
 場所:大阪市立青少年センター(KOKO PLAZA) 会議室801
 住所:大阪市東淀川区東中島1-13-13 JR新大阪駅から徒歩4分 
参加費用:8,000円
内容:断易の基礎知識、自分で納甲ができるところまで。
持ち物:筆記用具、コイン3枚(10円玉)、あるいは八面サイコロ   

配布資料:8ページほどあります。

この基礎編の後、判断編を4月ごろに行います。前回2月11日の講座の参加者と併せて、それなりの人数になった段階で、日時を確定します。

https://kokucheese.com/event/index/592819/
 

3月の大阪での神秘学講座の申込ページを作りましたのでよろしくお願いいたします。
3月は「14個のポイントを持つ星」の持つ意味とその視覚化行法を中心に解説と視覚化行法を行います。
14ステーションについて、そのシンボルについても説明します。
申し込みはこちらにお願いします。
https://kokucheese.com/event/index/592784/


 日時:3月15日(日)10:00~11:30 主要テーマ:14ポイントの星
   エクササイズは二種類を行います。
   場所:KOKO PLAZA(新大阪)講義室406
     KOKO PLAZAの住所:大阪市東淀川区東中島1-13-13 JR新大阪駅から徒歩4分 

  当日、時間厳守で会場まで来てください。
 

23日の講座の前にハイラーキーが強調する五つのポイントのうちのマントラムの一つを紹介しました。
これは、これからの十年を乗り切るために重要なものです。
このマントラムは実際に使っていくべきものです。
世界の秩序が変わっていく移行期に現在、入りましたので、来年以降は変動が世界で、そして様々な地域でおこります。破壊的にも見えるかもしれませんが、これは次の世界秩序に移行するためのプロセスです。

ハイラーキーが強調する五つのポイントのうちの他の四つは中央チャネル(アンターカラナ)の形成の視覚化講座のなかですでに説明しています。四つのポイントの一つに「ソウル・マントラム(魂のマントラム)」があります。アリスベイリー関係の実践する人には、必須のこととして、伝えられているマントラムです。
魂のマントラムは講座で渡したテキストのように正確に唱えること、そして、対応する色彩と連携させることが重要なポイントです。
(あえて、「魂のマントラム」を変えて伝えようとする勢力がありますが、そういったグループはよく識別することが必要です。マントラの内容が変えられてしまうと、大祈願と「魂のマントラム」の構造に差異が出てしまいます。そういった人々は識別力が弱い人を狙ってきます。良く識別力をつけることです。)
大祈願とアンターカラナの関係はまた「魂のマントラム」とアンターカラナの関係でもあります。
 

『星学の研究は道の邪魔になるという主張は、正しくないです。まさに星学は未来の科学と考えられてきました。確かに、現代の自称の「アデプト」たちが教える星学はあまり高級なものではないのです。ここ、インドにさえも腕の良い星学者は少数しか残っていません。
天体化学は近い将来に開いてくる科学分野です。(中略)
しかし秘教星学というものが現在の星学者のあいだにはほとんど知られていません。その分野の秘密を開ける鍵が大師がたの御手にありますが、親しい弟子の使命がそれを必要としているときのみ、大使方はその貴重な鍵をお授けになります。』
エレナ・レーリッヒの手紙25より。

以前の講座で『視覚化行法 特別講座 天地人三才の架け橋行法』や「七光線占星学入門編」などを行いましたが、こういった講座には、それとなく、秘教占星学の重要なカギを明かしています。参加した人ならばコーザル体の話など、他では聞いたことがない点が、たくさんあったことを思い出すと思います。
講座の中に出てきた、いろいろなことは緊密に結び付いているのです。黄金の林檎の話もありましたね。

マスターMのこの言葉が重要であることは強調すべきことです。
「宇宙の全能の眼に君の霊を向けて、静寂により、君の耳を鋭くすることを学べ。」
『モリヤの庭の木の葉Ⅰ』 33ページ

「日常生活を飾るものとして、善の光という奇蹟は人類の心を高める。
君の光をかかげよ。
我が寺院の美しさを照らし出せ。
美の幸福を教えよ。
智慧の幸福を教えよ。
愛の幸福を教えよ。
神との合一を教えよ。
わたしは君にマーキュリーの力と速さを与えよう。」
『モリヤの庭の木の葉Ⅰ』 29ページ

真・全・美という規範で、社会的な物事、日常の事柄を見直すことが、勧められています。
社会的なルールにはグレーゾーンがありますが、次の時代では真善美の基準で、
公共的なこともかんがえる必要があります。
 

「宇宙の全能の眼に君の霊を向けて、静寂により、君の耳を鋭くすることを学べ。」
『モリヤの庭の木の葉Ⅰ』 33ページ

『モリヤの庭の木の葉Ⅰ』はマスターMの言葉を、エレナ・レーリッヒがまとめたものです。
シンプルな言葉の中に核心をつかんだメッセージが含まれています。

自分の個人的な目から見える世界観からでなく、天から見てどうなのかを自問すること
個人的で、些事の雑音でいっぱいになっているココロをしずめ、今、この場の自分の内面を聞く。
そんな時間は貴重な時間です。
 

まず次の公式を受け入れるべきです。「すべては生活に応用するためにあり、抽象的なものはなにもない、すべてのことは人間の手と人間の足で完成される。あらゆるエネルギーが緊張した時にだけ、変質(完全化)はありうる。」
エレナ・レーリッヒの手紙2より。

アグニヨガの世界では指示されないと動けないような態度は受けいれられません。自主的に活動することが求められています。与えられたヒント、方向性から自分で、主体的に取り組まなければなりません。


今週末の東京開催分の講座を連絡します。

1.<占星学講座:36のデカンの特性の講座>
 日時:2月22日(土)14:00~16:00
 場所:東京都港区芝大門2-4-5 芝ダイヤハイツ910号
  申し込み方法 以下のコクチーズで申し込みしてください。
    https://kokucheese.com/event/index/591133/

2.ダスカロスの教えを学ぶ神秘学講座(東京開催)
 日時:2月23日(日)10:00~12:00
 場所:東京都千代田区神田神保町3-3-6九段アビタシオン208号
  申し込み方法 以下のコクチーズで申し込みしてください。
   https://kokucheese.com/event/index/591136/


関連ブログ
  https://amatsukanagi.hatenadiary.com/archive