ジュニアダブルスと大人ダブルス | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


ジュニアダブルスの戦い方について質問をいただきました。


私はスクールでドンドン強打してくるジュニアと
プレーすることがありますが、正直、シングルスは
ストロークの打ち合いになるとこちらも大変です。


でも、ダブルスはひたすらストロークを打ってくる感じなので
怖さがないです。



とりあえず前に出てボレーで対応すればポイントが取れます。


また、コースも単調なのでポーチに出やすいです。


だから、
普段から前衛が上手いダブルスと練習する必要がありますね。



ダブルスはやはり前衛次第でガラッと変わります。


なので、

・普段から相手前衛の動きを見て、どこに打つのかを考える
・自分たちが前衛のときは相手に怖さを与える動きをする



この2点がかなり重要です。


「ダブルスは前衛をベースにして考える」


このことを頭に入れて練習すればダブルスのすべてが変わりますよ。


そして、
大人の方がジュニアダブルスと対戦するときは
それこそ前衛で勝負しましょう。



打ち合いに持って行くと、彼らのペースで試合が進み、
いくらでもボールを追いかけてくるフットワークで
終盤突き放される可能性があります。


ちなみに
私は高校生の頃に市民大会に出場していましたが、
ダブルスはことごとく大人のペアに負けていました。


それは他のメンバーも同じでしたし、
口を揃えて言っていた感想が、「大人の人はボレーが上手い」です。


だけど、
自分自身が大人になって分かったこととして、
「ストローク戦は体力の消耗が激しい」ということに気付きました(笑)


ですから、この記事を読んでいるジュニアプレーヤーは
大人のペアと対戦するときはボレー戦ではなく、ボレーヤーを避けるための
ロビングなどを織り交ぜて、ストローク戦に持ち込んだ方が勝機があると思いますよ^^


 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス