緊張する場面でいつもの力を出すための取り組み方 | テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:


練習でどれだけうまく打てたとしても、
本番になるとなかなかそれを再現するのは
難しいですよね。


それは誰もが抱く悩みでもあるのですが、
だからと言ってメンタル面だけが要因ではありません。



なので、
自分はメンタルが弱いと思わないでください。



そこで今回は緊張する場面でいつもの力を出すための
取り組み方についてお話していますので、
まずはこちらをご覧ください。


--------------ここから---------------

■名前: M
■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 36~40歳
■最初にスリーを知ったきっかけは?(フリー03): まぐまぐ
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 


【Mさんのご質問】


試合になると、緊張やら失敗したくない気持ちからか、
右手が左手みたいな、思うように動かせない感覚になり振りきれなくなるので、
なんとか1球でも良いので、いつも通り振れる方法が知りたいです。


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


先日、テニスのオフ会によるシングルスプチ大会に
参加してきましたが、正直全然自分のショットが打てませんでした。


一番の原因は普段ダブルスばかりしていて、
シングルスがかなり久し振りだったからです。



それこそ自分の体ではないような感覚になってしまい、
サービスとストロークに全然威力が出ませんでした。



ダブルスだとそこまで打てないという感覚にならないので、
正直ビックリしました。


でも、私が学生だった頃はシングルスの方が
ダブルスより自分のテニスができるタイプでした。


だから、
自分のテニスが発揮できない大きな理由は
「慣れ」だと感じています。


思っている以上に回数をこなさないと
なかなか自分の力を発揮するのは難しいです。


なので、
何をするにしても慣れるまでは結果のことは気にしないで
経験値を増やすことに集中してください。



できれば間隔を空けずに週一回くらいのペースで
試合に出たらかなり慣れてきますよ。


当然、なかなか忙しくて週に一回も試合に出られないかもしれませんが、
せめて試合会場では「試合慣れしているキャラ」でいきましょう。


慣れている雰囲気は相手だけではなく、
自分にも大きな影響を及ぼしてくれます。



上手な人は大抵慣れている雰囲気をかもし出しているので、
演じることによって意図的にメンタルをコントロールしましょう^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

スリー@プロテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス