FX
2017年11月12日

否定クセをやめるために

テーマ:人間関係 how to

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

 

 

◆―――
 

でもさ、
 

だってね、
 

それ、違わない?
 

―――◆

 

 

ついつい、

 

否定的な言葉を使ってしまうことがあります。

 
 
 
 

そうすると、

 

会話が途切れてしまったり、

 

小さな諍いのきっかけになったりしますね。

 

 

 

 

それも嫌なので、

 

言わない方がいいと、言葉をゴックンと飲込む。

 

しかし、表情や態度に否定的なムードが漂ってしまう。

 

 

 

人って否定されるの嫌ですものね。

 

否定は、自分を拒絶されている気分になりやすい。

 

 

 

どうして、否定したくなってしまうのか・・・。

 

その人それぞれの背景があるのですが、

 
例えば、以下の3つのケースが考えられます。
 
①自分の考えがあるとき
 
②相手に期待をしているとき
 
③相手を受け入れるのが怖いとき
 
 
 
①自分の考えがあるとき
 
相手よりも良いアイデアがあったり、
自分のほうが正しいと思い込んでいるとき…等
 
 
 
②相手に期待をしているとき
 
もっと能力があると思える人(相手)が、
その力を発揮していないとき…等
 
 
 
③相手を受け入れるのが怖いとき
 
相手が思っていた以上のアイデアを出してきて、
自分のキャパを超えているとき…等
 
 
 
さて、自分で使っている「否定的な言葉」は
どれに当てはまるでしょう。
 
また、相手が使っている「否定的な言葉」は
どれだと感じますか。
 
 
 
 
それを意識しながらも、
 
会話の中ですることは①②③ともすべて同じです。
 
 
 

 

まずは、

 

「それって違うんでしょ?」と思ったら、

 

その前に、「共感」の姿勢で受け取ります。


 

「あなたは、○○って思うんだねー。」


 

「あなたは、○○っていう意見なのねー。」


 

「あなたは、○○って感じているんだねー。」

 

 

自分と相手の間で、いちど相手の考えを

 

受け取るイメージです。

 

別に、自分と同じ意見である必要はありません

 

 

 


 

それだけで、

 

相手は、自分の世界観を

 

わかろうとしてくれていると感じます。

 

※自分に置き換えてイメージしても、この方がいいでしょう?

 

 

 

そのあとで、

 
「それって違うでしょ?」との代わりに

 

「私は、△△って思うんだけどねー、どうだろうか?」

 

と、渡してみる。

 

 

 

否定形で始めてると、会話が途切れやすいですが、

 

共感が入ると会話が積みあげられていくのです。

 
それが、互いの信頼感にもつながります。

 

 

 

ぜひ意識して使ってみてください。

 
 

*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*

 

東京大田区の

エムアンドアイカウンセリングルーム

 

言葉とイメージで人間関係は ますます好くなる

スカイプカウンセリング も行っております。

20分~40分(3,000円~5,000円)←お得です☆

 

*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

心理カウンセラー☆黒田めぐみ 言葉とイメージで人間関係力↑さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。