組織の数字と人間関係 | 言葉とイメージで人間関係は ますます好くなる
新型コロナウイルスに関する情報について

組織の数字と人間関係

こんにちは、心理カウンセラー☆黒田めぐみです。

 

先日、経営コンサルをしている友人が言っていた台詞

 

 

「経営は数字も大切だけど、

 

結局は人が関わるから人間関係が基本。」

 

 

数字はとても大切な具体的な指標で

 

わかりやすいものです。

 

 

でも、それを扱うのは「人」だし、

 

それをつくって来たのも「人」なので、

 

数字の背景には、

 

それぞれの人間模様思いが込められています。

 

 

そこを考慮できないと、

 

数字を変えていくことはできないのですね。

 

 

 

「コンサルの仕事が順調な組織は、

 

そもそもの人間関係がよい。」

 

 

それって、具体的にどういう感じ?

 

 

「一人ひとりとは話は出来ないけれど、

 

すぐにわかるのは、挨拶や声掛けが素直で明るい。」

 

 

やっぱりそうなんですね。

 

コミュニケーションが活発で、風通しが良いそうです。

 

 

::: ::: ::: ::: :::

 

 

これは、会社や学校、家庭などにも

 

共通していえることです。

 

 

会社なら「経営」

 

学校なら「運営」「成績」

 

家庭なら「生活費」「貯金」・・・など、

 

数字で表すものがたくさんありますが、

 

その背景には必ず「人」の思いが入っています。

 

 

 

それを関わる人たちで、共有したり、

 

改善していくためには、「人間関係」が

 

スムースであることは欠かせないのですね。

 

 

 

気持ちの良い人間関係のために、すぐに出来ることは

 

①アイコンタクト

 

②挨拶(+一言)

 

③笑顔

 

 

さらに、心掛けるなら状況に合わせて必要な

 

④ありがとう

 

⑤ごめんなさい

 

 

これだけで人間関係は十分にスムースになります。

 

 

 

自分の所属している組織はどうでしょう?

 

もし、いまいちならば、

 

まずは自分から積極的にしてみては

 

いかがでしょうか。

 

 

 

明日以降のご予約状況はこちらをご覧ください。

 

ご予約状況

 

 

よろしければこの記事に

いいねやシェアをいただけると嬉しいです(ペコリ)

 

*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*

東京大田区の
エムアンドアイカウンセリングルーム

 

無料体験カウンセリングもご利用ください 

 

当ルームのコロナ対応について

 

 

 

【継続中・以前にご利用のお客様】【はじめてのお客様】

*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*