ご無沙汰しておりますよー!

 

アコム“みる”コンサート物語で手話通訳を担当している

武井 誠(たけい まこと)です。

 

 

今回は77日(土)に兵庫県明石市「アワーズホール」、

8日(日)に大阪府堺市「国際障害者交流センター」にお邪魔しました。

 

 

残念ながら7日の明石公演は西日本の豪雨で中止になってしまいましたが、ちょっとしたサプライズも。

詳細はこの前の松田さんの記事をご覧くださいませ。↓↓↓

 

 

 

 

8日は堺市にある国際障害者交流センター「ビッグ・アイ」で行われました。手話通訳を担当している身としてはバリアフリー設備に目がいってしまうのですが、

 

 

 

 

 

 

 

足でも操作出来るエレベーターや

 

 

 

 

 

 

 

触って分かる点字表示されているドアや

 

 

 

 

 

 

遠隔手話通訳システムまでなど、他の施設ではなかなか見られない設備が導入されていました。

 

 

そして何よりも今回、長いみるコンサート物語の歴史の中で初めて、このビッグアイさん株式会社リアライズさんのご協力の元で字幕システムが導入されました!

情報保障も様々な角度から行うことによってより多くの方に楽しんで頂く事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

みるコンサート物語は影絵が主体のコンサートなので、投影位置によっては繊細な影絵の光が飛んでしまったりしてしまうのですが、かしの樹さんとリアライズさんとの綿密な打ち合わせによって、影絵も字幕も楽しめるようにセッティングされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏側をちょっと覗いてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビッグアイさんならでは専用のオペレーションルームが!

ここで投影される字幕が入力されるかと思いきや、なんと音声は海の底の光ファイバーケーブルを通り、沖縄のデータセンターに運ばれて、字幕となって帰ってきて投影されるシステムとのこと。

 

 

大阪で生まれた音が沖縄で文字になって海を渡り皆さんに届く…

とっても未来のような、それでいてなんかロマンチックな気もします。

 

 

 

 

さらに未来にはこんなメガネで、

 

 

 

 

好きな場所で字幕も楽しめるように研究中だったり。

 

 

未来のテクノロジーと影絵、もしかしたらとってもステキな出会いかもしれませんね。

 

 

もちろん!手話通訳も負けてませんよ!よりよい通訳をお届け出来るように日々進歩しております。

 

是非是非手話も楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

願いを込めて*

テーマ:

皆さん、こんにちは!
アコムみるコンサート物語で司会と語りを担当している「松田環」

です。

 

 

以前は「影絵劇団かしの樹」のメンバーとして全国の小学校を旅していたので、お会いしたことがある人もいるかも知れませんね?
 
さて、本日は兵庫県の明石市で、みるコンサート物語の予定でした
 
が!・・・
 
皆さんもニュースなどでご存じの通り、西日本は大雨で大変なことになっているのです。
 
昨日、出演者やスタッフは東京から明石市に向かいました。
電車組、車での移動組と手段は様々ですが、電車は遅延するし、高速道路は通行止めと大変な思いをして明石に向かいました。
ホテルに到着するのが一番遅かったのは、かしの樹のメンバーで、なんと朝方の四時半に着いたそうです。
 
そんな大変な思いをしてやって来たのですが、今朝がた明石市に避難勧告が出てしまいました。
そんなには降っていないのですが、天候はいつ変わるか分かりません。
公演は中止となりました。
みるコンサート物語史上初の事態です。
苦渋の選択だったと思います。
それでもわたしは思いました。
 
そんなに降ってないのになぁ・・・
 
そうなんです。
劇場の近くに住んでいらっしゃると思われるお客様が20名ほど、雨の中、ご来場下さったのです。
 
この方たちを黙って帰す訳にはいきません!
急きょ、ミニコンサートを上演することになりました!
 
影絵での出番がない「かしの樹」のメンバーは、客席でお客様をお迎えします。
わたしは公演中止のお詫びとミニコンサート開演の挨拶をします。
手話通訳の「武井誠」さんが、アドリブにも柔軟に対応してくれます。
そして「プルミエ」の皆さんによる、いつも以上に心のこもった演奏が始まりました。

 

 
マイクを通さない生音の演奏。
いつもはスクリーンで隠れているホリゾントには、かしの樹の演出家がこだわり抜いて飾った、笹の葉と短冊のセットのシルエットが美しく映し出されます。
 
 
ほんの20分ほどのコンサートでしたが、なんだかアットホームな空気に包まれました。
 
終演後、ロビーで皆さんをお見送りしていると、10名ほどの方がベンチに座っていました。
開演時間に間に合わなかったけれど、雨の中、ご来場頂いた方々です。
 
はい。
ミニコンサート第2弾目の開演です。
 
またまたアットホームな空気に包まれました。
 
そしてしみじみ思いました。
きっといつか、影絵を観て頂きたい!と。
 
そんな思いでお別れのご挨拶をし、本日の公演は終わりました。
 
明日は大阪は堺市での公演です。
 
晴れますように!
 
 
 
 

こんにちは!

生演奏班のせきねです。

 

 

74日(水)

 

山形県飽海群(あくみぐん)、遊佐町生涯学習センターにて、音楽影絵劇「100万回生きたねこ」を上演してきました。

 

 

この日は遊佐町の小学校の鑑賞会で、

遊佐(ゆざ)小学校、藤崎小学校、蕨岡(わらびおか)小学校、高瀬小学校、吹浦(ふくら)小学校の、5校のみなさんにお会いすることができました♪

 

1回目は各学校の1年生~3年生のみなさんに、2回目は4年生~6年生のみなさんにご鑑賞いただきました。

 

 

司会のお姉さんがそれぞれの学校名を呼びかけると、元気よく手を挙げて、ここにいるよ!と教えてくれました☀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんがどこにいるか確認ができたところで、

第一部「小さな楽しいコンサート」の始まりです

 

演奏してくれたのはドルチェ・ヴィータの3人♪

 

 

 

 

 

 

 

ピアノの浦畠晶子さん、バイオリンの石井啓太さん、チェロの萬代裕子さんが素敵な演奏をお届けします☀️

 

 

 

 

 

 

 

 

メドレーでは、遊佐町の小学校のみなさんによる歌声が会場に響き渡ってとても素敵でした♪

ありがとうございました!

 

 

*リハーサル中**

音の響きなどの確認のため客席まで行って、弾きながら戻ってくる石井さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

階段の途中で曲が終わりました笑

 

 

~チャン♪

**

 

 

 

コンサートもあっという間に終わり、いよいよ影絵劇の上演

 

その前に、、

 

影絵人形の仕組みを解説をします♪

その次は手影絵で一緒に遊びましょう!

 

簡単なイヌの形からちょっと難しいウサギの形まで、みなさん頑張って作ってましたね!

ちなみにわたしは変な形のウサギしかできません笑

 

 

影絵のことが少し分かったところで、音楽影絵劇「100万回生きたねこ」の上演です。

 

物語がおわり、人形をもってスクリーンの前に出ると、とてもにこやかな顔が一面に広がっていたので、楽しんでいただけたのだなと嬉しくなりました😊

 

2回目の公演が終わったあと、バスのお迎えを待っている子たちがいました。

来るまで少し時間がかかるみたいなので、特別にスクリーンの裏側へご招待♪

 

さっそく覚えたての手影絵をやっていましたね!

みなさん、上手!👏🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、、

かしの樹の影絵劇のほとんどの楽曲は、ピアニストの富沢恵さんという方が作曲しています。どれもとても素敵な曲なんです!

 

なんと、「100万回生きたねこ」のエンディングで流れるメロディを、帰り際に児童さんたちが口ずさんでいたんです

 

ちょっと感激しちゃいました

 

影絵劇と一緒にずっと心に残ってくれてたらいいな♪

 

 

遊佐町の小学校のみなさん、本当にありがとうございました!

ぜひまたお会いしましょうね!!

 

皆さんこんにちは!

銀河班の井澤です。

 

6月29日(金)、東京都墨田区にあります外手小学校に行ってきました!

 

朝からカンカン照りの太陽で最高気温は30度を超える真夏日、、、。

まだ6月で梅雨時期なのに、と思っていたら関東の梅雨はもう明けたらしいですね!

6月で梅雨が明けるのはなんと史上初だそうです。

これから暑い日は続きますが、皆さん熱中症には十分気を付けて下さい。

 
 

さて、今回は『あらしのよるに』を行いました。

 

『あらしのよるに』はオオカミのガブとヤギのメイのお話。

 

上の写真では何やら楽しそうにお話をしてますね。本来ヤギはオオカミに

食べられてしまうのに、、、。

上演中に「あー食べられちゃう」などの声がちらほら聞こえてきました。

 

何故2匹は友達になったのでしょう。またそのあと2匹はどうなったのか、

今回観た事を思い出してお友達と話し合ってみて下さい。

本も出ていますので気になる人は読んでみて下さいね。

 

『あらしのよるに』の上演後、休憩をしてから影絵教室を行いました。

 

メイがこんなに大きくなっちゃった!?

 

これは影絵だからできる事なんです。

このように影絵教室では様々な面白い体験を実際に操作してもらいました。

 

たくさんの児童たちから「とても面白かった!」「もう一回観たい!」など

声を掛けてもらいました。とても嬉しくて僕自身、もっともっと練習して

さらに良い公演にしたいと改めて思いました。

 

今回で銀河班の1学期での公演は最後となりました。

長かったような短かったような、本当にあっという間ですね。

 

また外手小学校で公演できる日を楽しみにしています。

それでは、さようなら!

 

こんばんはお月様

銀河班の早坂です!

今日も暑い1日でしたね💦
私も公演が終わって、学校を出る頃にはプールに入りたい!!と思うくらい汗だくになっていました(^^;

今日は三重県にある明和町立修正小学校での公演でした。

保護者の方、そして地域の方もいらっしゃってくださいました✨

演目は「100万回生きたねこ」と「ピーター・パン」を♪

綺麗なお花がよく似合う、ウェンディさん。

終演後にいただいた花束なのですが、かわいい花束だったので、、、

ねこちゃんも、

メンバーも、、

いろんな人がもらって喜んでいましたよ♪
綺麗なお花をありがとうございました!!(^-^)/

さて、今日の影絵劇ですが、、
何回も生き返ったねこちゃんはもう生き返らないの?ピーター・パンのお母さんて、、?
色々??がありますよね、、

公演中にも質問をしてくれた児童さんもいましたが、今日みた影絵劇を学校やお家で自分はこう思ったんだ~ていう感想を言い合ってもらえたらうれしい限りです!
そして、私にも是非、感想を教えてくださいね!(^-^)


修正小学校のみなさん、またきっとお会いしましょうね☆