日本映画のベストのシナリオはー
故水木洋子さんの*怪談1964*だと
ずっとずっとーそう思っています。

いつ買ったか思い出せない本があります。
小泉八雲さんの*天の川幻想*集英社刊
いつ読んでも壮快と云うか読ませますね。

この本のなかに小泉八雲さんの奥さんの
小泉節子さん*思い出の記*と云うのが
あってね。口述されたものを五十ページ

ぐらいにまとめてありますー
奥様のお人柄がしなやかで絶対にいい。
八雲さんとの出会いから家庭の暮らしと

八雲さんとの旅行のこと好き嫌いとか
やさしい言葉で実にていねいです、私な
ど映画の宣伝に追われてTVCMだとか、

きれいな日本語を忘れている者には感動
的です。なかでも例の怖い*怪談ばなし
を奥様が八雲さんに口述してーあげる

シーンは手にとるような迫力さえ感じます。





あれは坂本正剛さんだった。情報の歴史を年表
にしたものは、あれは凄い本です。ただー
坂本さんの本には編集と云う文字が随所に出て

きます。言葉を二つ三つ引き合いにだして、
情報について考えなくてはなりませんでした。
坂本さんは3+3=6だが情報学はダメです、

それは3×3=9だとかけ算しなさい。
こうして世界と日本の歴史を解いていきます。
佐藤優さんは現実社会のなかでは世界史Aを

徹底勉強しなさい。いっぽう広瀬隆さんは
実に細かく長崎史を組み立てられています。
こんな長崎市って始めてです。

まるで映画のドラマの展開のようにー
これらの本を抱えてー
そう出てきたかーさてどうする私は、

ふと映画を考えました。
映画には速読術ってないよね。
ここにシナリオで新藤兼人さんの

シナリオ修業をふりかえります。
なんだかんだと、まよっています。
もすこし死なれません。
昨今本を読むクセがつきました。
佐藤優さんとか松岡正剛さん広瀬隆さんとか、
情報というのかなーよく調べられて驚きです。

この先生がたは凄ごすぎます。タイヘンです。
ここで私は作戦をたてました。まるでー
シナリオを読むようにスイスイ読書ができないか

ーとか。映画の出演者がシナリオに鉛筆で書き
込みするように、私もシャープペンで本に書き込ん
でみました。少し上等の消しゴムをもってー

まるで物語にして理解していきます。
これが楽しい読書になりました。それにー
ドドッといっぺんに歴史ものが好きになりました。

いま私の頭ンなかに、ひとつひとつの
物語が組み立てられていますー
うまく云えんのですが、最近の私です。

映画史もやっています。
そのうち映画館で2時間すわるー
トレーニングを始めます。

映画館のイスに2時間がすわれなくなって
DVDに挑戦したものの、身の丈サイズに
こだわり映画を無断欠席しています。

その変わりいま読書どくしょドクショと、
励んでいます。佐藤優は陸上の駅伝ふうに
長期体制、キネ旬はサァッとまるで短距離

です。そして倉本聰さんの「昭和からの遺言」
これがいい、全く倉本さんと私は同世代です
から、戦後史をこう出してくるかーて感じ凄い。

いま枕もとにおいて寝ています。ところが本棚
の奥に廣瀬隆さんの「文明開化は長崎から上下」
がありました。買ってそのまんまー。

それを数ページめくってビックリ。長崎出島を
語るのに世界史日本史、はては天文学からー
ニュートンからはいっていく実に鮮やかな語り

ぐちです。これはまるで淀川長治流というか、
読ませる長崎の歴史です。この痛快さはー
スピルバーグのあれに似ています。

廣瀬隆さんの本は結構読んでいる私です、
あんたが原発がそんなに安全だというなら
原発を東京に作ればいいーと

おっしゃった方ですから。新たな感激でした。

清原さんが逮捕された、ショックです、
あなたのファンでした。ずっとずっと

むかしの甲子園の華だった頃からです。
巨人在籍の頃、長崎でオープン試合が
ありました。友達が巨人のベンチ上

あたりの入場券をーとってきました。
選手がよくみれる席です。回りは全部
巨人ファンです。選手がみえると

〇〇さんと声をかけるのですが、
選手たちはみんな完璧に無視です。
ところが清原さんは手をふってくれた。

長嶋監督は全然ー顔さえみせてくれない。
清原さんと私の接触はそれだけー。
それで私は大満足でした。

清原さんー絶対に出直し復帰ですよ。
がんばってください。





あさからA新聞をとってみる
鷲田清一の「折々のことば」ここの
ことばで私の一日が始まります。

いろいろな方の文章を抜き書きした
コメント欄です。これはすばらしい。

それにならってーというか私も
挑戦してみました。

その声で
とかげ食うかや
ほととぎす

これ岩波の向田邦子シナリオ集2卷に
「阿修羅のごとく」のシナリオがあって
父の浮気の現場を押さえた

四姉妹の話です。娘たちの雑談のなか父
恒太郎がボソッと吐くセリフです。

これにはマイッタ。
なにか私にはいのちとりー
になるようなセリフです。
最近ニュースが好きになってね、
朝から晩までTVとか新聞のニュースを
みています。あのバス事故は哀しい。

博多に行ったら遠距離のバスがあるから
いちど東京までバスでーと思ったことが
ありますが、これでバスは止めた。

近所のバスもがけっぷちがあって、
これもこわいぞ。いつかこれがぐっと
きたらオシマイだー、

そんな箇所があります。また政治家の
カネとか東北の道路工事に談合がある
とか、安い弁当もやばい。

なにしているんだ。なにか日本の政治力
が弱いね。ひとつバランスがとれていない。
しかしそれはそれでーこんな映画作品が

あるとすれば、まるで大喜劇だね。政治と
カネの問題は、政治家が現金出納帳を出す
ような法律がないと絶対にムリだってー

新聞もTVもー野球とか大相撲の解説者
みたいなこと云って、まるで双方相打ち
みたいな書き方をしているー、困ったネ。