葛西晴胤 (かさい はるたね) | げむおた街道をゆく

げむおた街道をゆく

コーエーの歴史ゲームが大好きです。なんちゃってガンダムヲタでもあります。どうぞよろしく。


テーマ:
葛西 晴胤(かさい はるたね)は、戦国時代の大名。葛西晴重の子[1][3][4]。葛西親信・晴信の父[1]。葛西氏第15代当主[1]。



ー 略歴 -
慣例により、第12代将軍・足利義晴より偏諱の授与を受けて晴胤と名乗る(別名の高信(たかのぶ)はこの時までに名乗っていた諱と考えられる[2])。
伊達氏内部で天文の乱という内紛が起こると、晴胤は伊達晴宗に協力して、晴宗の実弟で葛西氏に養子として入っていた葛西晴清(はるきよ、葛西牛猿丸[4])を倒して伊達氏との同盟関係を強めた。また、葛西氏の居城を石巻城から寺池城に移し、葛西氏の戦国大名としての基礎を築き上げた。ただし、この時期の葛西氏の記録は家を2分する騒動を起こしていて非常に混乱しており、生没年を繰り下げるべきだとする説もある。


以上、Wikiより。



葛西晴胤

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス