━━を、私の元に届けてくれたのが、アメリカのプロバスケットボールリーグNBA』

 

 

先日10/17より、2018-19シリーズが開幕!

学生時代から好きだった、超人たちによるバスケットボールの祭典がまた始まったかと思うと嬉しいばかり♪

 

ただ、そのNBA自体は何も問題はなく、タイトルで“閉幕”と書いていた理由━━、それは私がNBAを視聴していたWOWOWでの告知でした。

 

 

 

(引用元:『WOWOWオンライン』)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジか……。

 

まぁ8年も放送してくれてたわけだし、これまで相当面白かったんで感謝のほうが大きいんですけどね。

 

でもなぁ、楽しみにしてただけに喪失感もでかいです。

 

これはあれかな。

WOWOWも継続しつつ、楽天TVでNBAを見るしかないのかな。

 

10月末までに楽天TVのNBAチャンネル契約したら、初めて契約した人は年末までは無料のキャンペーンもやってくれているみたいですしね。

https://tv.rakuten.co.jp/nba/?l-id=global_genre__nba#nba-program

 

 

でも入ったら、きっと来年も見続けるんだろうなぁ。

お金、大丈夫かな(_ _).。o○

 

 

P.S

最後に、おすすめの曲をひとつだけぺたり。

 

 

 

 

 

DAOKO「終わらない世界で」

 

新作スマホ向けタイトル『ドラガリアロスト』のテーマ曲で、優しくてしっとりしていてgoodです♪

 

 

━━2018年の秋アニメ。

この10月から続々と新アニメがスタートしていますね。

 

 

ラノベやコミックと、原作から注目を集めていた『ゴブリンスレイヤー』をはじめ、今回も話題作が目白押し♪

 

個人的に楽しみなのが、『ジョジョ』の新テレビシリーズ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』

 

 

様々なメディアに展開している『ソラとウミのアイダ』。

 

 

世代的にはドストライクのはずなのに、なぜか原作を読んでいなかった『からくりサーカス』の待望の映像化。

 

 

人気原作が、つい先日完結を迎えた『東京喰種トーキョーグール:re 最終章』

 

 

━━などなど!

楽しみな作品ばかり♪

 

全部をリアルタイムで見るのは厳しい……とは思いますが、録画と『dアニメストア』を駆使して漏れなく見ていきたいと思います(^ ^)

 

あと、ちょっと話は変わりますが、時を同じくして第一話が始まっている連続TVドラマシリーズ。

こちらも久しぶりに見始めて、改めて面白いなぁ〜と感じているのですが、それと同時にちょっとやきもきしてしまうこともありませんか?

 

 

……。

 

…………。

 

……………。

 

そう、CMの発生頻度の高さです

 

本編とは全然関係ないんですけどね(笑)。

「せっかく話が面白いのに、スムーズに見れない、ぐぬぬぬ……」て、なっちゃっう。昔はあそこまで多くなかった気が……。たまたま、なの、かな。

 

 

 

━━ができてしまっているのが、アニソンと呼ばれるアニメの主題歌と、そうじゃないアニメの主題歌の違い。

 

 

↑めっちゃかっこいい『魔法少女まどか☆マギカ』ED「Magia」

 

 

放送の時間のメインが深夜になった今でも、普段からアニメ関連の仕事をしていない(と思える)アーティストさんが主題歌を務めることはざら。でも、そういった曲を“アニソン”と呼ぶのは抵抗があったりして。

 

昔は、「そのアニメにしか使えない歌はアニソン」だと考えていました。たとえば、歌詞の中にアニメのタイトルが入っているものとか。でも最近、そういったものは少数派。


じゃあ、結局アニソンとはどれが該当するのか?

 

結局、声優さんやアニメのテーマ曲を中心とした曲を手がけている曲をアニソン。それ以外は、ほぼ全部アニソンじゃないってのが正解に近いのかな、と。

 

 

 

↑『博多豚骨ラーメンズ』のOP「ストレイ」。

やっぱりめっちゃカッコいい曲で、歌い手はアニメの主題歌をよく務めている「岸田教団&THE明星ロケッツ」。

しかし、正確にはこちらもアニソン、ではない?

 

 

アニソンだからどうとか、アニソンじゃないからこうとかはないんです。なんとなく、自分の中で境界線が謎になっている。そして、アニメの主題歌でたくさん良い曲があるけれど、普段アニメを見ない人がそれにふれる機会が少ないのがもったいないなと思っちゃうんですよね。

 

てことで、個人的に好きな曲があったらバンバンとご紹介していこうと思います!

 

今回は、上記の2曲に加えてもう1曲。

 

アニメ『ばらかもん』のOPテーマ、SUPER BEAVERで「らしさ」。

 

 

 

メッセージ性溢れる曲で、カッコ良いソングでやんす♪

 

(……以前に紹介したことがある、気も、します、が━━)

 

 

 

━━昨日から、私のもとにこんな内容が書かれたメールが届いておりまして。

 

 

 

普段、仕事で使っているGmail。そこに画像のような「メールの受信エラーがありますよっ」てのが、何度か繰り返して届いているんです。送信者のアドレスなしで。

 

エラーが起きていることを教えてくれるのは非常にありがたい!けど、誰からのメールかがわかんないと対処のしようがないなと、昨日から不安に感じている次第なんですよねぇ。メールを送ってくれる可能性がある人に、聞いてまわるわけにもいかないし、ね。

 

・人のアドレスを勝手に教えるわけにはいかない。→わかります。でも、どうしよう……。

・私が使っているサーバーに問題がある→そういえば、(仕事先)「昨日送ったメールについて……」(私)「え?届いてないですが」て、やりとりも最近あったし、私側に問題があれば大変申し訳ないかぎりで怖い。

・そもそも、このメールがスパム?

 

なんて色々と考えたあげく、結局何もできずにいるダメダメな週末を送っていたという報告だけですみません。

 

これが本当に仕事に内容だったら問題だし、メールについてもっと勉強したほうがいいかな。と、また今夜も悩みつつ、最近家の近所に出没した野生のタヌキを激写した写真をみて癒されたいと思います。

 

 

 

 

兵庫県は神戸市に住んでいるものの、やっぱりうち(のような末端)は田舎なんだなと再確認しました。

 

 

━━アニメ『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』を。

 

 

 

 

「キノ」という名の旅人が、知能を持ったモトラド(※二輪車。空を飛ばないものだけを指す)の「エルメス」と共に色々な国を訪れていく本作。「人を殺すことができる国」や「嘘つき達の国」など、各話のタイトルにもなっている各国とキノたちのもようが基本的に一話完結形式で進行していて、テンポの良い話の展開とそれでいてしっかり深みを持ったストーリー性が面白いアニメですね。2017年の10月放送開始からだいぶ遅れてしまいましたが、『dアニメストア』のお陰で見ることができております。

 

 

 

 

本作は過去(2003年)にもアニメ化されていた作品で、その際の放送話やその後の劇場版、さらに著:時雨沢恵一氏によって手がけられている原作文庫も気になるところ。

 

作品は変わりますが、文庫でいうと現在三期目が放送されている『オーバーロード』も注目度の高い作品として挙げられます。

 

 

 

 

こちらはスマホゲーム化も決まり、配信日は2018年を予定されているとのこと。

公式サイトも公開されているので、今後の動向に今後も注目していく所存です……『駅メモ!』の仕様把握に努めながら。

 

 

©2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/キノの旅の会

©丸山くがね / KADOKAWA刊 / オーバーロード製作委員会

━━と、思わずにいられないのがスマホ向けゲーム『駅メモ! - ステーションメモリーズ!-』の遊びかた。

 

 

 

 

同作は、個人的に前々から気になっていた駅収集位置ゲーム。何気ない移動のお供にと思い最近はじめてみたのですが、現状は駅を通り過ぎる際にゲーム起動→その駅に「アクセス」してポイントを集める……だけに留まっておりまして。

 

キャラにHPとかAPとかあるし、アイテム欄にもなんだか興味をそそるネームのものが並んでいるしで、もっと奥が深いゲーム性を持っているはずなのに生かしきれていないようで、悶々としているんです。

 

 

 

 

ぼんやりゲーム内のキャラを見ているだけでも楽しいし、電車に乗っていると「あ、『駅メモ!』つけなきゃ」って条件反射で思うようになっているし、どっぷりハマりつつあるだけにしっかりと仕様を理解しなくちゃなと思っている。でもなんとなく自力で解明したいからネットで調べることはせず、結果やっぱり分からずにまた悶々としている次第です。笑

 

とりあえず、のちのちきっと必要になると予想してアイテムは節約する方向で進めていこうと思います。

 

 

 

 

P.S.

まだまだペーペーではありますが、『誰ガ為のアルケミスト』もやっています。同作に登場する「ニーナ」。彼女がもっぱら最近の待ち受け画面。

 

 

 

 

 

あぁかわいいなぁ〜……、って、あれ?

 

 

『駅メモ!』の「ニャッシュ」といい、『ドールズオーダー』の「ベディヴィエール」といい、『アズールレーン』の「吹雪」といい、いつからこんなにケモミミっこが好きになったんだっけ……。

 

 

 

© 2014 駅メモプロジェクト

© Fuji&gumi Games

━━日本でのカジノ施設の開設。

 

 

 

 

本日(20日)国会で統合型リゾート(IR)実施法案が可決され、早ければ2023年くらいに実稼働を迎えられるとか。

 

具体的な内容を調べているわけでなく、詳細はわからないのですが、いくつかの該当記事を読んだ感じだとまだ問題は残っていそうな雰囲気。でもかなり前から「日本にカジノ」という議題が挙がっていた中で、今回の決定は大きな進展と言えるのでしょう。(……そもそも論として、色々と大変なこの時期にはもっと優先して話すべきことが━━てのはありますが)

 

 

で、以前に「カジノが開設しても日本人は入っちゃダメ。海外からの旅行者専用」みたいな記事も読んだ気がするのですが、どうやらそんなことはなさそうです。月に何回までってぐあいに回数制限は設けられそうですが、日本人もフツーに楽しめるようになるみたい。

 

で、で、その場合、どうしても議題に上がるのが依存症問題。

 

 

 

「のめり込みは怖い」ってことをパチンコを例に説明されている記事を見つけたのですが、そこには「パチンコだとせいぜい負けて一日10万円」みたいなことも書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタクシ、「10万オーバーの負け」複数回記録したことがありますが?

 

 

へへっ✌︎('ω'✌︎ )……って笑えないよねぇぇぇ。



で、で、で、まぁ個人的な私怨は置いといたとして、今回のように新しいことを始めようとする際、そこにデメリットも感じちゃうのは当たり前。悪い意見も少なくないですが、いろんな人が色々と考て意見するのはむしろ良いことだと思います。

 

 

ただ、その過程で「ギャンブルは悪だ」という先入観だけで推し量るのではなく、経済のため、国のため、国民のため本当に必要なことを取り入れられるようになるのかどうかについてを、もちろん私も考えつつ、引き続き今後の展開に注目していきます。

 

 

のめり込みダメ、ゼッタイ。…パチンコ楽しいけど

━━のが、クリアファイルの収集。

 

 

 

 

 

「いくらあっても困らねぇや」と安直に考え、機会があれば買っていたら結構な量になっています。

 

 

 

 

……新品のままで、ね。

 


 

いやぁ買うの自体はわるくないと思っているんです。たとえどこどこのイベントの限定商品とかでもお手頃な価格に設定されているのが多いですし、場所をとるものでもありませんしね。

 

ふとした瞬間にぼんやり眺めているだけでも楽しいような、そうでもないような気もする(笑)ので、これからも続けていくかと思います━━が、せっかくなのでもうちょっと用途も見つけていくつもりです。

 

 

 

 

あ、そういや、予約していている『CODE VEIN』の特典でもクリアファイル付いてくるな……。

 

━━楽しみ。笑

 

 

━━のは、バンダイナムコエンターテインメントの新作タイトル『CODE VEIN』の発売延期発表。

 

 

 

【変更前発売日】

2018年9月27日(STEAM(R)版は28日)発売

【CODE VEIN 変更後発売日】

2019年発売予定

 

 

個人的にはもう予約済みで楽しみにしていたのですが、こればっかりは仕方がない。より高いクオリティを求めての延期とのことなので、むしろ楽しみが増えたと考えてもいいでしょう!

 

だからソフトの入手は我慢する……ので、とりあえず予約した「ファミ通DXパック」の特典・ぬいぐるみだけ予定通り発送してもらえないでしょうか?

 

 

※画像と本文は、全く関係ありません。

 

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

コロコロと変わる

テーマ:

━━のは、ケータイの壁紙。

 

 

↑は『アズールレーン』の特型駆逐艦・吹雪で、今年の最初に機種変更して以降、しばらくトップ画面として活躍してくれていました。

 

で、なんとなく違うゲームの画面に変えてみたり、原点回帰でデフォルトの壁紙にしてみたりと定まり切らなかったのちに落ち着いたのがこちらの画面。

 

 

 

先月リリースされたばかりの新作スマホ向けタイトル『機動戦隊アイアンサーガ』に登場する機体です。

 

 

 

 

私自身、まだまだやり込みが足りていないのですが、プレイヤーが操作する機体とパイロットの組み合わせ、育成、装備の充実化などなど、遊ぶほどに楽しさが実感できそうな雰囲気をかなり感じているゲームです。

 

女性メインのパイロットたちに魅力があるのはもちろんですが、彼女たちが乗る機体がまたカッコイイ。

 

 

まだプレイしていないよって人は、ぜひ下記の公式ページから概要をチェックしてみて下さいね。

 

http://ironsaga.jp

 

 

(C) 2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd/2017 Yostar Inc./All Rights Reserved.

(C)2018 Gameduchy Inc.All Rights Reserved.