スコアが良くなるコースマネジメント法! | ジュニアゴルフ アジアジュニアゴルフ協会 吉岡徹治オフィシャルブログ Powered by Ameba
2018年04月17日

スコアが良くなるコースマネジメント法!

テーマ:ブログ
アメーバ「JGAのコースマネジメントを参考にする」
 
 みなさんこんにちは!4月はずっと遠征や合宿に出ていてブログの更新とか
 出来ていませんでした。時間があれば動画編集に時間を取られていて、ブ
 ログまで手が回らない・・・

 今週は、少し時間を取りながら、助成金の報告書類や打ち合わせの資料な
 ど作る予定です。実はAJGAにはスタッフはいなくて現場の指導から事務局
 まで全て私一人でやっているので忙しいのです。

 さて、今回はコースマネジメントのお話です。スイング作りやデータ解析
 、練習器具など、レッスンやハウトゥ(How to)はこのところ充実して来
 ました。

 でも、実際にコースをラウンドすると一回池に入れてダボを打っただけで
 そのあとコースの戦略も何も吹っ飛んで!めちゃくちゃになってしまうジ
 ュニアがたくさんいます。

 タイに行った時に試合でも、池の多いコースで一度池に入れたりして崩れ
 たらそのハーフは立て直しが効かずに50回以上を打ってしまうケースが見
 られました。

 その原因はコースマネジメント力があるか?ないか?で大きく違ってくる
 と思われます。

 では、どうやってコースを攻略する力をつけるのか?

 その課題を解決するヒントが、コースヤーデージブックにあると思いま
 す。



アメーバ「ナショナルチームも作っている詳細メモ」

 どこのコースにも今では詳細なコースレイアウトが書かれたメモが売って
 います。特にトーナメントが開催されたコースでは、かなり詳しいものが
 あります。

 それをどう使うのか?は個人の裁量に任されて来た部分ですが、JGAジャ
 ーナルなどを参考にしてみると、チームで徹底してメモを記入させて、こ
 のヤーデージブックを有効活用しているのがわかります。



特に「アウトオブポジション」と「インポジション」などコースを攻める上
 で狙うべき場所を明確にして、打ってはいけない場所「アウトオブポジシ
 ョン」は赤のボールペンで危険なイメージを脳に焼き付けることが重要な
 ようです。(黒と赤のボールペンを使い分けるようです。)

 もし、アウトオブポジションに行ってしまったら、安全な「インポジショ
 ン」に戻すように指示されていて、それだけでも一度崩れたら止まらな
 い?なんてことも少なくなると思われます。

また、グリーン上に「ゼロライン」と呼ばれる「T」字のマークを記入して
 その横に「T2.8」のように傾斜も記入してストレートラインをアイアンで
 狙い打ちするような戦略を立てています。
 
 そしてストレートラインについたらそのホールは強めに決めうちする!よ
 うな攻撃的なゴルフをするのですね。


 


アメーバ「戦略を立てられない人はゲームも作れない?」

 ゴルフの話ではありませんが、携帯のゲームを作る人たち(ゲームクリエ
 イター)になれる人はわずかだそうです。

 プログラミングを学んで、キャラクターを作ってそれをイラスト化して、
 よしゲームを作るぞ!となると、ステージごとの綿密な展開や、ゲーム全
 体のストーリーを描けずに思いつきで作っていくと途中でつじつまが合わ
 なくなったり、ステージが上がってもつまんなくなったり、そうやって
 ゲームにならない人がたくさんいるそうです。

 ゴルフもその場の思いつきだけでプレーしていると18ホールを周り終え
 た時に、いい結果に結びつかないということになります。

 動画にしてメモのつけ方を開設してもらいました。解説してくれたNくん
 は、今年のトータルスコアが71.3!この10ラウンドの平均が70.3です。

教え子のRyoyaも「めちゃくちゃ勉強になった!」と喜んでいて次の日に
 1アンダーでラウドしました。

 再生回数が少ないようなので以下にアップしておきます。スコアアップし
 たい人は、ぜひ見てください。スコアアップ間違いなしです。






 

 
 

吉岡徹治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース