東 哲一郎の声から始まる健康生活

東 哲一郎の声から始まる健康生活

スポーツボイス開発者、GOLDWAXのボーカリスト東 哲一郎の
最新ライブ情報、イベント情報や、発声法に関する最新情報をアップ
http://www.goldwax.jp

我祖父の友人作家:佐藤春夫の生誕130年を記念して行われた「わんぱく時代の地から」で新宮市に演奏に行ってきた。

完成したばかりの素晴らしい丹鶴ホールで、佐藤春夫の親友の孫として演奏してきた。

100年経っても当時の友情が語り継がれるなんて凄い事だ。


翌日は、我が東家の親戚:東芳史が経営する串本の「ヒルトップ和田金」で佐藤春夫Live。


やはり南紀の遺産は地元の皆さんにと言う事で、演奏に参加してもらった。

歌、フルート、ギター、曲の前には佐藤春夫の詩を朗読してもらった。



プロ一辺倒の演奏では無く、佐藤春夫の詩を表現するのにはとても良い方法だと思いました。


↑手作り感溢れる地元のチラシと

↓オフィシャルな市役所のチラシ


2022年から始めたスポーツボイスを公演で実施する「スポーツボイスLive」を開催しました。


スポーツボイスの持つ音楽面のチカラ

「回数が必要な筋肉トレーニングも音楽に合わせて沢山出来る。」


↑を生演奏で再現した、いわば究極版。


聴くだけだった音楽から、参加するスポーツボイスの楽しさをLiveで感じてもらう事が出来るように続けて行きます。


Vol.1:2022年8月20日(土)

「銀座ケネディハウス」

銀座コリドー街の老舗ライブハウス「ケネディハウス」音響の株)ヒビノが親会社になったことで、サイズ感を超越する音響&照明が凄い。


Vo:東 哲一郎(開発者)

Cho:Mika、栗原理恵

Sax:渡辺てつ

Piano:小畑智史

Bass:仲石 裕介

Drums:井上 尚彦


Vol.2:2022年8月28日(日)

「梅田ニューサントリー5」

前回の大阪万博以来52年も続く梅田の老舗ニューサントリーファイヴ。船内をイメージしたレトロな店内が居心地が良い。大勢のお客様も参加して頂きました。


Vo:東 哲一郎(開発者)

Cho:東 麻美

Piano:石田 美智代

Bass:小林 正見

Drums:井上 尚彦





今年最後に六本木キーストーン倶楽部で唄わせてもらいました。

中澤菜穂さんプロデュース

「東京オリエンタルJazz Live」


見たことも聴いた事も無い楽器と音楽。

ベリーダンスとJazz。


今回はオリジナルのラテン曲「勿忘草」と、

佐藤春夫作詞の「秋刀魚の歌」を演奏。



に加えてなんと「浦安の舞」!

病気と闘う菜穂さんの治療の一環でもあるので、

気が抜けない。


一文字を何小節も伸ばす

「うーーーーーーみいーーーーーーーーー」

↑やっと「海」って言えた笑

って感じ。


でも、踊りながら「笑って」いてくれたので良かった。


オリエンタルな六本木の夜。






誤嚥性肺炎を防ぐ!
おうちでできる「のど筋トレ」
Produced by スポーツボイス

が1月26日発売となりました。
著者:東 哲一郎

医学監修:西山耕一郎(耳鼻咽喉科医・嚥下相談医)
医学監修:髙橋健一(呼吸内科医)

発行:株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス



JBシリーズに続き大好きなクルマシリーズTシャツ!


なんと車のような大量に複製する工業製品のデザインは意匠になるので、2次元にイラスト化しても、デザイン権利の侵害にはならないらしい‼️


もうクルマを描きまくろうかと。。。クルマって言っても俺の場合は「ハコスカ」ばっかりになってしまうので、最初は出来るだけ違うクルマを。


と言う訳で「ケンメリ」です笑。昔はあんなにカッコ悪いと思ってたのに、今現物を見るとカッコいいんだよな〜笑なんだろうこの感じ。ノスタルジーでは無いんだけど。



続いては「フェアレディZ」です。

アメリカ人に好きな人が多いみたい。でもあえて日本仕様のGノーズ・ワークスタイプ。


で、普通の車だとイラストばえしないから、あえて昔見たホリデーオートを思い出しながら、竹槍の暴走族バージョンのマークII?を描いてみた。


実際の車としては最悪なんだけど、こうしてイラストにしてみるとすごく映える!!

んーコレも日本独自のガラパゴス文化の最たる物だけど、見せ方によってはとても良いようになるような気がして来た。

日本人のストリートカルチャー的な笑?

Design by EastKids | UTme!Design your own T-shirts from your smartphone.リンクutme.uniqlo.com