隠れ鍵っ子の泣きアニメの懺悔日記

隠れ鍵っ子の泣きアニメの懺悔日記

人には他人には言えない趣味があってもいいじゃないですか。社会的な地位、ご近所様に対する世間体。本当はそんなくだらないことにとらわれたくないけど、やっぱり気になるから人には言えない。だからブログで懺悔します。実はKeyで涙腺崩壊するのが趣味なんです。

 アニメやゲームで号泣したことありますか? 大人になって人目もはばからす号泣したことがありますか?


 幼き日にフランダースの犬の最終話で涙し、あらいぐまラスカルでラスカルとの別れで涙し。そんな美しい思い出も、大人になり、年を取って感受性が錆びついて素直に泣けなくなってませんか?


 なぜ、泣けなくなったのでしょう。それはあなたの感受性がなくなったわけでなく、素晴らしい作品に出会えていないからです。


 そこで、私はあるブランドを紹介します。「Key」というブランドです。


 涼宮ハルヒ、けいおん!、らき☆すた あまりアニメに興味がない人でも聞いたことのある作品ではないでしょうか? これらを作っているアニメ制作会社が京都アニメーションです。 今、アニメ界で最高峰に位置する京都アニメーションで一番感動した、あるいは泣けたと世間でいわれてるのは実はこれらの作品でなく、クラナド、AIR、kanonと言ったKeyの作品です。若い方々でも十分泣けますが、人生経験を積んだ大人のあなたこそが泣ける作品です。


 このブログは世間の冷たい偏見の目を恐れずKeyの作品のよさを紹介するブログです。Keyを知らないあなたは幸せです。だって、Keyの作品の感動を味わう機会にいっぱい恵まれてるのですから。


このブログではKeyの作品でどれだけ泣けたかを紹介します。そして、Key以外にも泣ける感動するアニメを紹介します。またどれだけ泣けたかはフランダースの犬最終話を見て流した涙の量を1パトラッシュ単位として評価しています。そして泣けた感動したの総合評価は☆5つを最高に評価しています。☆4つ以上はお勧めです。


尚、このブログはリンクフリーです。


そして、お気に召していただければポチッと応援お願いいたします。励みになります。


$隠れ鍵っ子の泣きアニメの懺悔日記-汎用人気バナー

飛騨高山を舞台にしたアニメに氷菓があります。

 

はじめてみたときさっぱりわからず頭を抱えて記憶があります。

 

そして、今、見返すと、さらにわからなくなってきました。

 

1.制作会社はPAWORKSですよね。百歩譲ってもシャフトですよね。

 

  続編がPAWORKSの「色づく世界の明日から」です。といっても気づかない感じです。しかも演出はシャフト。

  これがまさか京都アニメーションとか。異色すぎるでしょう。

  京アニの作品って音楽で言うとメジャーコードで弾きまくるイメージなのです。らきすたのもってけセーラー服とかね。逆にPAWAORKSはマイナーコードなんです。TrueTearのリフレクティアとかね。

 それがこんな憂鬱な作風になるとは。ほかの京都アニメーションの作品とちょっと違いますね。

 

2.音楽はKey関係者ですよね

 

 京都アニメーションの特徴は絵がきれいだけど音楽がこのごろいまいち。PAWORKSやシャフトあたりだとやなぎなぎとか使うんですが。初期のころはKey作品なので音楽は絶品でしたが、その後はいまひとつ。

 しかし、このテーマ曲の優しさの理由はぶっ飛んでますね。これは弾きたい曲です。案の定MIDIがないのですが。

 

3.千反田えるは天使じゃなくて悪魔ですよね

 

 3大大天使とはウリエル、ガブリエル、チタンダエルといわれますが、この子は京都アニメーションの中では異色の存在ですね。天使ではなく小悪魔に近いです。しかも天然。距離感の近さが絶妙なんですね。ややもすると鼻につきねない、絶妙の距離感をかもし出しますね。

そして、子供のようなしぐさ。あざといと思われても仕方がない感じです

 そのため、モチベーションの低い主人公が惹かれてしまうのですが。

 

2012年とちょっと前の作品ですが今も色あせない異色の名作だと思います。

 

 

shirobakoの感想・レビューです。

 

この作品はアニメ界を目指してがんばる若き5人の女性の物語です。PAWorksの働く女の子シリーズの第2弾です。

 

上山高校アニメーション同好会で将来をドーナッツに誓った女の子5人の物語。主人公以外にもほかの4人のがんばりもかっこいい作品です。

 

今回は声優志望の坂木しずかです。大詰めの第23話「続・ちゃぶ台返し」で思わず涙をこぼしてしまった女の子です。

 

☆3つの作品でパトラッシュ1匹はこの回によるものが大きいです。

 

では、これ以上はネタバレ編で。

 

まだ見られていない方はこちらで視聴できます。

 

「明日に向かって、えくそだすっ!」

 

 

 

----------------------------

ネタバレ編

 

 

大器晩成。思わずそういいたくなるような女の子です。

 

上山高校アニメーション同好会の3年生3人組だった子ですが、徹底的に芽が出ない子です。後輩の2年生だった藤堂美沙や1年生だった今井みどりにも抜かれてしまう。

 

上京した5人が集う居酒屋でバイトしながら、みんなの活躍を応援して、自分もがんばる。でも、役をもらえない。モブ役どころかガヤ役でしかもらえない。

 

22話では高校生声優が「忙しくて旅行にいけない」というセリフに暗い部屋で安いビールかサワーをのんで「じゃあ、変わってあげようか」と思わず口に出してしまいます。

 

そんな自分を情けなく思いながら、みんなの活躍を応援するいい子です。この物語では徹底的につらい思いをさせます。

 

主人公の宮守あおいも気にかけていますが、自分の仕事で忙しくなかなか。。。。

 

ですが、23話でおおばけします。

 

三女のヒロインであるキャサリンの妹役として抜擢されます。

 

そんな彼女がアフレコの挨拶するところで口をあけてびっくりするあおい。まさかまさかの展開です。

 

三女最大のクライマックスの牧場をのシーン演じきるしずか。

 

「今、私、少しだけユメに近づけました!」

 

自分の姿と重ねあわせてセリフをいうしずか

 

その姿を見て涙が抑えきれず台本で号泣しているところを隠すあおい。

 

それをみてにっこり笑うしずか。

 

もうなんどみてもパトラッシュが襲ってくるいい回でした。

 

 

劇場版 SHIROBAKO 巾着 坂木しずか

 

 

 

 

 

 

 

今年のアニメ一番は何かといったら荒野のコトブキ隊だと思います。

 

で、その元となったのが第三飛行少女隊、通称三女です。

 

三女はあくまで劇中作品。その三女を作ったのが武蔵野アニメーションが舞台となるshirobakoです。PAWAORKSのお仕事シリーズのひとつです。このお仕事シリーズにはずれなしですが、shirobakoはその中でも秀逸です。

 

某国営放送の朝ドラでアニメーション製作の物語をやっていました。この作品も名作ですがsirobakoのほうが頭ひとつふたつ上ですね。

 

まず、劇中作の出来が段違いです。shirobakoの劇中作は本当に練られています。主人公の描写を朝ドラでもやってますが、全然深さが違います。朝ドラのほうはそうだよねって感じですが、shirobakoは目からうろこです。

 

そして、脇役が違いますね。朝ドラのほうはみんないい人。でもsirobakoのほうはだめな人がいっぱい。だけど最後に活躍します。だから面白くなります。

 

そして、主人公の差。

朝ドラは主人公に才能があります。sirobakoは主人公に才能がありません。つまり、だれでもがんばればなれるんです。そのため、感情移入度が変わってきます。

 

AT-Xで再放送があり見ましたが、こうやって改めてみると秀逸というのがわかります。

 

パトラッシュ1匹と☆3つの作品です。

 

 

CLANNAD-AFTERSTORY 第15話「新しい家族」の感想・レビューです。

 

この回あたりから、涙なしでは話せないです。

 

子供ができることにうれしさ半分、戸惑い半分といった感じで、夫として自覚していきます。ここら辺がただの恋愛アニメと違って「クラナドは人生」とかいわれてしまう所以でしょう。

 

そして、自宅出産を望む渚。渚の体調を考え反対する医者。物語が大きく展開しはじめます。

 

しかし、今見てもとんでもない名作ですね。

 

以下、ネタバレです。

 

 

 

--------------------------

ネタバレ編。

 

 

 

この回で、朋也が自分の父親を意識し始めます。

今までは厄介者でしかなかった父親と自分がダブり始めて、父親はどんな心境だったのかを考え始めます。

 

そして、つわりがひどくなり寝込むようになりなり、かいがくしく面倒を見る朋也。

 

そして月日が過ぎた夏、渚は自宅出産を望みます。医者は賛成しないなか、朋也は賛成します。あほあほ親子も賛成してくれて自宅出産へと向かいます

 

ゆっくりと幸せの坂を下り始めます。

 

秋の初め、彼岸花が咲くころ、助産婦さんが紹介され、自宅出産へと一気に進んでいきます。

 

「私の体にもしものことがあっても赤ちゃんは無事産んであげたいと思います」

 

渚が不吉なことを言う。

 

そして、みなで歌う「だんご大家族」

 

だか、季節とともに状況は悪化する。渚が倒れ、医者からは出産には危険を伴うと警告される。

冬に向かい毎年体調が悪くなる渚。

 

普通ならここで自宅出産はあきらめるのだが。

 

「私、赤ちゃんに会いたいです」

 

渚がフラグを立てる。

 

そして、アッキーが渚が高熱を出しもうだめだというときに、大地の守りの話をする。超重要なフラグです。

 

二人で川のほとりで、子供の名前を考える。

 

汐。

 

「来年は汐と3人で海に行こう。約束だ」

 

果たしてこの約束は守られるのでしょうか?

 

 

 

ピアノの森 ~CLANNAD/Tomoyo After Piano Arrange Album~

 

 

 

 

 

 

 

AT-Xで放映が始まった「放浪息子」見はじめました。

 

トランスジェンダーの話であり、結構思いテーマを水彩画のきれいなタッチで描く作品です。

シリーズ構成が「あの花」の岡田磨里というはずしようのない形になっており、これは期待の作品です。

アニメーションの作風も「月がきれい」のfeelのような作風で、好感が持てます。

で、アニメ制作会社はAIC。

 

え?AIC? 昔の制作会社のイメージが。。。

 

なんと、放浪息子は2011年の作品でした。今まで、全く知りませんでした。あのころの作品は名作ぞろいで埋もれてしまっていたのかもしれません。

 

しかし、かえって今風のテーマであり、期待が持てます。

 

次回放送が楽しみです