土井利勝

テーマ:

土井利勝(どい・としかつ)


生没年・1573~1644

官位・大炊助


 徳川家康の家臣・土井利昌の子。一説には水野信元の子とも、家康自身の子供とも言われている。母は葉佐田則勝の娘。
 天正元年(1573)遠江国浜松に生まれる。
 幼少の頃から家康の側に仕えており、天正7年秀忠誕生にともなって、その側近となった。天正19年に知行1000石を与えられる。
 慶長5年(1600)関ヶ原の戦いの前後には徳川秀忠に従って使番を勤める。会津に向かった後下野小山に至り、信濃国上田城攻めに参加、諸軍に秀忠の命令を伝える。
 関ヶ原の合戦の後500石を加増され、同7年12月には下総国小見川で1万石を領する。
 慶長10年秀忠の参内に供奉して従五位下大炊助に叙任され、同17年下総国佐倉に城を築き4万5000石を領する。
 大坂の陣には冬夏両方に参加し、秀忠の陣にてさまざまな軍議に関わる。戦後、捕らえられた長宗我部盛親 井伊直孝安藤重信 らと共に対面し、盛親の申し分を聞いている。
 元和2年(1616)に家康が世を去ると秀忠の側近の中で最も力を持つようになる。同9年、再び秀忠の参内に付き添った功により大炊頭に任じられ、寛永3年(1626)には従四位下侍従に叙任。明正天皇が同7年に即位すると秀忠の使者として上洛する。
 3代将軍・家光の代になっても重用され、下総国古河(こが)で16万石余りを与えられた。
 正保元年(1644)7月10日江戸屋敷で亡くなり、芝増上寺に葬られた。享年72歳。


吉良親実

テーマ:

吉良親実(きら・ちかざね)


生没年・1541~1576

通称・新十郎、左京進


 父は長宗我部元親の弟・左京進親貞で、母は元親の娘。父の跡を継いで吾川郡弘岡の吉良峰城主となるが、のちに高岡郡蓮池城に移った。
 天正14年(1586)秀吉の命令で大仏殿建立用の木材を提供するように言われた元親は材木の伐採搬出の監督に久武内蔵助親直を任命して作業に当たらせていた。このとき親実も現地に出張していたのだが、川岸で出会った親直が礼をしなかったため、怒って弓で親直のかぶっている笠を射落としたことから二人の仲は悪くなった。
 天正16年信親の死により、継嗣問題が長宗我部家に起こると、四男・盛親を跡継ぎにしようとした元親に比江山親興と共に反対し、諫言した。
 だが、親直は元親の意見に賛成して、親実と対立したのである。結局、後継者は盛親と決定したため、元親は親実に切腹を命じた。
 使者として親実の館を訪ねた桑名弥次兵衛によってこの命が伝えられると、親実は小高坂で自刃した。26歳の若さであった。
 死後、親実にまつわる怨霊話が相次いだため、のちに吾川郡木塚に建立された木塚明神に祀られた。

 


長宗我部氏の成立



[長宗我部氏の興り]
 長宗我部(チョウソカベ)氏
は戦国時代(室町時代末期~安土桃山時代)にかけて活躍した、四国地方、土佐国(高知県)の大名家で、最も有名な21代目元親(モトチカ)は四国の統一(異説もある)を成し遂げ、また、分国法「長宗我部元親百ヶ条」等を制定した事でも知られている。
 そんな歴史を持つ長宗我部氏は古代帰化人の末裔で、元は秦氏を名乗っていた。先祖は秦の始皇帝であると伝えられている。始皇帝12世の孫功満王が仲哀朝、融通王が応仁朝にそれぞれ帰化し、仁徳朝のころ普洞王が波多姓を賜った。それら、のちの子孫たちが秦氏を称したとされる。推古朝の時代には秦河勝が山城国葛野を領し、後に信濃国を与えられた。

[土佐入国と滅亡]
 時代が進んで、平安末期から鎌倉時代初期にかけて秦氏は信濃から土佐へ移ったものと考えられる。土佐国に入国した秦能俊は長岡郡宗部郷に居住し、地名を取って始めは宗我部氏を名乗ったが、香美郡にも同じ名の宗我部氏がいたので、お互い郡の名をとって長宗我部氏・香宗我部氏と区別するようになったという。宗部郷は土佐国内でも豊かな穀倉地帯であり、古くは国府もここに置かれていた。長宗我部氏はその経済力を背景に発展し、やがて長岡郡岡豊に移った。南北朝時代になると細川氏に属して足利方に味方した。その時の功により長宗我部氏11代信能は大埇の地頭職に、その子兼能は吸江庵寺奉行に任じられた。しかし、永正4年(1507年)細川政元が暗殺されて細川氏が衰退し始めると、土佐国中の豪族たちが独自に行動を起こし始めた。かねてより長宗我部領である土佐中央部に野心を抱いていた本山氏当主・梅慶は吉良氏、大平氏、山田氏と連合して岡豊城を攻撃した長宗我部氏当主・兼序は長男千雄丸を逃がすと、妻子ともども自害して
長宗我部氏はここで一旦滅亡することになった。

[長宗我部氏の戦国時代]
 家臣に連れられて岡豊を脱出した千雄丸は、やがて幡多郡にたどり着き、土佐の名家一条氏の下で10数年過ごした後、元服して信濃守国親と名乗った。長宗我部旧領は一条氏の力添えで国親の手に戻り、国親は江村郷の吉田孝頼と結託して富国強兵に努めると、宿敵本山氏との対決に備えた。
 一条氏の仲介で一時は姻戚関係を結んで和解した長宗我部氏と本山氏だったが、両家の積年の恨みは消えず、天文16年(1547年頃)になると長宗我部氏は軍事行動を活発化させた。手始めに香美郡の山田氏を攻め滅ぼした国親は、西へ向かい、本山氏の支城を次々と落城させた。永禄3年(1560年)長浜戸の本の戦いで本山梅慶の子茂辰と戦った。この戦いで初陣を飾った嫡男・元親はめざましい戦いぶりを見せ、人々は元親を「土佐の出来人」と称えるようになった。これよりしばらく後に、国親が病を発して没すると、元親が長宗我部家を継いだ。元親は「一領具足」と呼ばれる農兵(普段は農業をし、戦いのときは武器を持って戦う下級武士)軍団を採用するなど、知略と武勇を駆使して本山氏を追い詰め、翌年には土佐郡(現在の高知周辺)を手に入れ、永禄7年(1564年)には、ついに本山氏を滅ぼした。蘇我赤兄の末裔を称し、東部地方に勢力を誇っていた安芸国虎はこれに危機感を強め、西部の一条氏との姻戚関係を利用して中央で勢力を伸ばしてきた長宗我部氏を挟み撃ちにしようと戦いを挑んできたが、元親の謀略によって裏切り者が続出し本城・安芸城は陥落、国虎は自害して安芸氏は滅亡した。最後に土佐に残った一条氏は元親の父・国親がご恩を受け、また、地元の信仰の厚い家柄であるため長宗我部氏としても直接攻め込むことができなかった。悩んだ元親は当主・兼定が放埓な性格であることに目をつけ盛んに噂を流し、兼定が諫言をした重臣を手打ちにすると他の重臣たちにクーデターを起こさせた。兼定は重臣たちによって隠居させられ、息子の内政が一条氏を継ぐと、元親は内政を岡豊の南・大津に移し中村には弟・吉良親貞を駐屯させた。これによって土佐一条氏の領地は長宗我部氏の支配下に入ることとなり、守護・細川氏が去って以来、群雄割拠していた土佐国はようやく元親によって統一された。



長宗我部盛親陣中記


[阿波出兵]
 ようやく土佐一国を統一することが出来た元親は、次なる目的を四国統一に向けていくようになる。元々、土佐は古代よりの流刑国であった為に平氏・源氏を含めた貴族や武士の末裔が数多く土着していた。こうした事から中央に復帰したいという気持ちがあり、四国統一にもさしたる抵抗はなかったと思われるが、流刑国である為に他国と隔絶され、険しい山々によって往来もままならなかった。しかも土佐の軍が他国に攻め入ったのは今回が初めてであった。このような理由から、阿波進出をためらっていた元親のもとに、末弟・島親益が湯治へ向かう途中の船上で南阿波・海部城主の兵に討たれたという知らせがもたらされた。
 弟を失った元親はただちに阿波攻略を決意し、長宗我部氏が四国統一への第一歩を踏み出すことになったのである。


元親、阿波統一へに続く

香宗我部親泰

テーマ:

香宗我部親泰(こうそかべ・ちかやす)


生没年・1543~1593

官位・安芸守


 長宗我部国親の3男で元親親貞の弟。永禄元年(1558)香美郡香宗城主・香宗我部親秀の要請によって香宗我部を継ぐ、以降は兄・元親を助けながら参謀として活躍し、土佐国東部の有力豪族である安芸氏滅亡後は安芸守を称し、阿波国(徳島県)東南部を治める軍代となった。
 
天正8年(1580年)6月には安土城で織田信長と面会して阿波岩倉城主、三好式部少輔が服属したことを告げて、三好康長との友好斡旋を依頼した上「四国切り取り次第」のお墨付きを受けた。
 
このように外交にも手腕を発揮した親泰は、信長が本能寺で討たれた後の賤ヶ岳の戦い、小牧・長久手の戦いの際には柴田勝家徳川家康織田信雄らとの交渉に当たり、対秀吉包囲網を作り上げた。
 
秀吉の四国征伐では阿波国牛岐城を守備したが、自軍の不利を感じて土佐へ退却した。
 文禄元年(1592年)朝鮮出兵に病死した嫡男・親氏の代わりに出撃する途中、文禄二年(1593)12月、長門国にて病死した。享年51歳であった。香宗我部氏は次男の貞親が相続した。

 さきの嫡男・信親の死に加えて、最も信頼する弟の死の知らせを聞いた元親は大いに落胆したといわれている。