青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム(WSD)開講10周年の大同窓会がありました。

このプログラムは、社会人向けのもので、その名の通りワークショップのデザインを学ぶコースです。

本講座は年齢・性別・国籍・学歴・職歴・役職を問わず、ワークショップを通じて社会人の学び直しができます。

「人を集めて何かをしたい」
「楽しいことをしたい」
「学ぶことが好き」
「コミュニケーションが大切」
「社会に貢献したい」
そんな方たちの集まりは、エネルギーに満ちて、笑いがあって、刺激もあります。

私は、相続した実家で地域のためのコミュニティ(集いの場)ができないかと考えていたところ、本講座を知り、3ヶ月みっちり通って学びました

若い人達に混じって(30代40代の方たちも私から見れば若い人達)、体を使ったワークをした時は、戸惑うことも多かったけれど、そのおかげで自分の殻を破ることができ、それだけでも大きな収穫でした。

また、異業種の方達とも知り合えるチャンスともなり、たくさんの刺激を受けました。

WSDで学んだことは、朗読ワークショップとして「心とからだ磨きの朗読教室」やボランティア活動にも活かしています。

ちなみにこのWSD大同窓会の司会を、元劇団四季で「ライオンキング」の舞台にも立たれていた岩下宏一さんとご一緒させていただきました✨

さすが舞台の方!
のびやかな声、人を引きつけるおおらかな話し方。
素敵でした✨


(写真 左から岩下宏一さん、青山学院大学苅宿俊文教授、私)

青山学院大学 ワークショップデザイナー育成プログラムにご興味ある方は、こちらから。

http://wsd.irc.aoyama.ac.jp/