1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年08月21日(火)

○ブログを引っ越ししました○

テーマ:○おしらせ○

先日お知らせした、ブログの引っ越しが完了しました。

新しいブログはコチラ↓↓になります。


http://sukeshiro-terata.blog.so-net.ne.jp/


ブックマークやお気に入りにご登録くださっている方は上記の新しいURLにご変更をお願いいたします。


今までの記事は、このブログに残しておきますので、 これまで通りご覧になれます。


今後とも、寺田典城オフィシャルブログをよろしくお願いいたします。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年08月21日(火)

○発言録(8/21 朝日新聞)○

テーマ:○おしらせ○

 昨日(8月20日)の行政監視委員会での質問 が、朝日新聞(全国版)に紹介されました。


 8月21日付朝刊4面に紹介されております。以下の記事は、朝日新聞社の許諾をいただいて転載しております。

  (著作権の説明はコチラ )



参議院議員 寺田典城 オフィシャルブログ Powered by Ameba-120821朝日新聞

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年08月20日(月)

▲8/20 行政監視委員会での質疑▲

テーマ:▲国会質疑▲

8月20日(月)、お盆ウィークが明けた直後で、国会内も人がまばらな中、行政監視委員会にて質問をしました。質問の様子は こちら からどうぞ。

今回は、国家公務員のワークライフバランス・長時間労働の実態についてとりあげました。国家公務員、特に本省に勤めている方々の長時間労働は常態化しています。深夜12時過ぎに霞が関を見て回ると、いまだに各省の電気がこうこうとついています。こうした長時間労働の主な原因の一つとなっているのが国会対応業務です。

国会での質疑を意義あるものとするために、質問者は答弁者(政府)側に対して事前に質問内容を通告します。答弁者側は、事前に通告された質問内容を見て、それに対する答弁を考えることになります。しかし、この事前通告制度は明確なルール化がなされているわけではなく、中には前日の夜遅くまで通告しない質問者もいるため、答弁案を作成する担当者は、質問内容が明らかになるまで禁足(=国会待機)がかけられ、これが無駄な残業を生み出しています。


この問題に対する政府側・国会側の取り組みについて、藤村官房長官や原人事院総裁に問いただすとともに、できるところから改善していく必要があるということで、少なくとも参議院の行政監視委員会では、質問通告の締め切り時間をルール化していくことを呼びかけました。


参議院議員 寺田典城 オフィシャルブログ Powered by Ameba-120820行政監視委員会2 参議院議員 寺田典城 オフィシャルブログ Powered by Ameba-120820行政監視委員会1


                          【東京秘書】


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース