旅行会社経営への挑戦


添乗のプロたちが旅行会社を設立致しました。

会社名は株式会社マリハトラベル ( Mariha travel )


皆様のご利用ならびにお知り合いの方への宣伝を宜しくお願いします (。-人-。)

お問い合わせ・お見積もり 手紙  mariha-tb@live.com


マリハトラベル ホームページ

マリハトラベル ブログ

  • 22 Jan
    • ブータン料理のバイキング

      皆さまがタクツァン僧院から戻られ、第一ポイントでランチです早朝から登山したので、喉カラカラだよねここではビールも売っているんだよきっと馬に積んで運んできたんだろうねランチはバイキング方式、しかもブータン料理が並びます手前は赤米、ブータンの人々は白米より赤米が主食なんだって赤米は日本だと高くて、日常食にはできないけど、お赤飯みたいでおめでたそうだよね(笑)バイキングには、お野菜料理が多かったよ野菜の味がしっかりしてるのよハウス栽培で作ったのとは違うんだね久しぶりにジャガイモも美味しいとおもったわーキャベツの炒め物、スクランブルエッグ、茄子の天ぷら、赤米他にもチキンがあったけど、お野菜が美味しいからこれで十分ブータンは山菜もよく食べる食材なのだそうだ例えば、きのこ類、ワラビやぜんまいブータンのお土産物でお勧めは乾燥松茸なんだって次回ブータンを訪れるチャンスがあれば秋が良いかなー山菜づくしのお料理をたべたいわー やっぱり食い気なんだよね今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      NEW!

      84
      3
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ブータンのハイライトはタクツァン僧院

      今回の僧侶さま達の目的はタクツァン僧院を訪れることこの地はブータンを始め、チベットからの仏教徒も巡礼者が訪れるという神聖な場所のようだ仏教を広めたお坊さんが、飛虎の背に乗って舞い降りたのがタク(虎)ツァン(隠れ家)この地なんだそうで、隠れ家らしく山中の断崖絶壁にあるので、登山しなければならないのだ断崖絶壁に造られた僧院麓から寺までどの位かかるのだろうか?麓のスタート地点からは、はるか遠くに僧院を見る事が出来る僧院を造るための建築材料は、麓から運んだのだろうか?この地に立った時に辿りつけるのか不安になったよ。なだらかな登り坂やら急こう配の上り坂、もう添てん ふぅ~ふぅ~第一ポイントまでは、馬を利用して行く事が出来るのだが整備していない登り道の馬の背に乗るには、かなり勇気が必要だよ写真の馬は第一ポイントにあるレストランに食糧などを運んでいるのだ馬を操っている子供たちに、日に何回登るのかと尋ねたら1日3回 往復するのだと言う Σ(゚∀゚ノ)ノキャーそれでも子供たちは、それが山登りの遊びのようで楽しんでいる様子だ 添てんが一番足手まといだわー各自のペースで登って頂こうとしたが、皆さまお優しくて休憩をとってくれますやっぱり添乗で団体のお客さんとだらだら歩くのとは違うのねやっと馬の乗降場所まで来ましたもう一息だよと励まされ、添てん頑張るもん第一ポイントまで約1時間半、ここにレストランがあり売店もあるサービスのコーヒーとクッキーを頂きながら、しばし休憩トイレもこの場所にありますよタクツァン僧院までは、まだ半分の距離これ以降は、もっと険しいい道のりになるというので添てんは猫ちゃんとお留守番することになりました添てんはここで待っててとおっしゃって下さったけど、やっぱり足手まといだったのね~ ダイエットしなきゃ! ! ! ! !今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      84
      3
      テーマ:
  • 20 Jan
    • 幸福な人々の秘訣

      2017年6月に 秋篠宮家の長女眞子様がブータンを訪れた婚約直後という事もあり、ブータンでの眞子様の右手の薬指にキラッと光ものがあったとか・・・眞子様の民族衣装姿も話題になったよねー眞子様もご訪問された場所が「メモリアル・チョルテン」だ亡くなった国王を記念して建てられた塔この場所でガイドさんは眞子様のお話をされてました訪問した時は何かイベントみたいな、お祭りのような時だったようで訪問者の人々にバター茶をふるまっていたよ発酵させた茶葉にバター(ヤクのミルクから作ったもの)と塩ちょっとしょっぱい飲み物でしたもちろん、タダだから頂いてきちゃいました~ 幸福な人々の秘訣は「受けるより与えるほうが幸いである」 使徒20章35節あらっ、仏教じゃなくてキリスト教の教えになっちゃったわー(笑)今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      88
      4
      テーマ:
  • 19 Jan
    • ブータンには信号機があるか?

      結論から言わせてもらうと、信号機を見なかったなーインフラ整備はまだまだで、町と町を結ぶ主要幹線道路は狭くてくねくね道路工事をすると、その間の通行はストップになるようだ添てん御一行様も1時間ほど山道で足止めをくらったもんさて、そんな事情だから信号機なんて必要ないのだろうそれでも都市部の混雑時は交通量が多いとろこがあるらしくおまわりさんが手信号での交通整理をしていたよこの風景がランドマークというか風物詩 この一角がティンプー町の繁華街のようだショップ、お土産店、レストラン、ホテルが立ち並んでいるほんの一角で徒歩で歩き回れるような範囲の都市部昭和初期時代にタイムスリップしたかのようかなー(添てんは知らないけどね)そー言えば、今年は平成30年もう30年も経っちゃったんだね道りで皺が増えるわけだ。。。。。今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      76
      6
      テーマ:
  • 18 Jan
    • マニ車を回して徳を積む

      マニ車をご覧になったことがあるでしょうかマニ車は内部にお経を印刷したものを入れた回転する装置1回回すと1回お経を読んだのと同じ徳を積んだと見なされるとっ~~~てもありがたい装置なのだ(笑)写真は尼僧院男性でも僧院の中に入って見学できるのですお寺に入る時は必ず靴を脱ぎます靴下は履いたままで良いので、穴の開いてない靴下が必須です(笑)尼僧院の尼さんもよく働いてました仏具を掃除したり、掃除したり、掃除したりお供え物の交換もしてました一定期間お供えしたら、全ての人に分け与えるということで私たちもリンゴのお供えを頂いてきました働いていない人はお経を声を出して朗読してましたけどマニ車を回した方が楽なのにね ← 非信仰者的な発言の添てん そそっ、ブータンのお寺にはどこにもお布施箱があって少額のお布施をする習慣があるのだ今回のお客さん(僧侶)もその習慣に従ってお布施をしてましたケチってたのは、添てんだけ~ ご利益は全く無いね今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      78
      2
      テーマ:
  • 17 Jan
    • ブータンの正装

      ブータン男性の民族衣装は日本の着物にちょっぴり似ている日本の着物のように羽織るが、紐で結ぶときに裾を膝までたくし上げる当然紐のところに余った身丈のヒダが出来るのだが、ここがポイントお腹まわりに大きなヒダ(ポケット)が出来て足を見せるのがブータンの着方このヒダ(ポケット)は、ドラえもんのポケットのように収納力が抜群で、何でもここに入れていたよ(笑)白いマフラーのような長布が、正装のポイント民族衣装は日本の背広のようなもので、仕事の際には必ず着る白い長布はネクタイのような物とガイドさんは説明してた足元が寒くないのか? と尋ねたら足元がこだわりのお洒落ポイントなんだそうだ素足にロングソックスがイケテルファションなんだって(笑)冬場はタイツと靴でオシャレ感をだし、寒さも我慢本当に寒いなら、ジャージを履いても良いのだそうだ(笑) プライベート中はどの国も同じだねシャツにジャケット、Gパン姿の人もよく見かけました仕事中は民族衣装を着ているから、その人が仕事中かプライベートタイムかがすぐ判別できるよ夏場は暑くないの? と聞いたらな、なんと 遠山の金さんのようにもろ肌出しにするんだって次回は夏場に来たいわ~ 今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      100
      4
      テーマ:
  • 16 Jan
    • ブータンの政治・宗教の中心地

      ブータンの政治・宗教の中心地は、タシチョ・ゾンと呼ばれるところ国王が政治のお仕事をする場所でもあり、大僧正の座所でもある僧侶の方ならば、訪問してみたい場所だこちらの部分は政治の部分王宮でもあり、官公庁でもあるところだかなり大きな建物である事が分かるこちらは寺院のエリアブータン最大規模の寺院であり、歴史的な建物のようだ政治関係の場所には立入出来ないけれど、宗教関係のエリアには入ることが出来るお寺の中では小坊主が仏具を磨いたり、床拭きをしたり、水を換えたりと忙しく働いていましたそうかっ! 幸福のキーワードは心の平安なんだな ご一緒した日本の僧侶の方々も穏やかだもんタシチョ・ゾンを訪れる場合は、正装が必要になるもっとも現地のガイドさんのみで、私たち観光客はツーリストスタイルでOK明日はブータンの正装をご紹介しよう今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      88
      4
      テーマ:
  • 15 Jan
    • ホテルでの食事

      ブータン旅行の食事は、朝、夜共にホテルでのバイキングだったガイドさんに聞いたら、世界中の外国人観光客のお口に合うようにインターナショナル ブュッフェの形式を採っているのだそうだ味付けは全体的に優しい薄味香辛料も強くなく、辛くない  現地の人は辛いのだぁ~い好きっ   ブータン料理といえば、唐辛子なんだよ外国人用の料理の味付けは物足りないんだそうだガイドさんとドライバーさんは、朝、昼、夜と一緒にご飯食べるんだよ宿泊するホテルは違うけど、ごはんは一緒だよ普段の一般家庭の食事は、質素赤米のごはん、スープ、野菜の炒め物、チーズの料理戦後すぐの日本料理のようだ(おきゃくさま談)幸福になる秘訣は食事ではなさそうだ 今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      105
      10
      テーマ:
  • 14 Jan
    • ブータンのホテル

      ブータンのホテルは意外と快適だそもそも外国人観光客用のホテルだからねアジア人の私たちには文句ないレベルだと思う部屋は広くはないが、狭くもないバスタブもありお湯に浸かることも出来るがタンク式のホテルも多いので、お湯を十分に溜めることが出来ない所もあるホテルそのものは新しくなくても、清掃は行き届いているアメニティーはホテルによりけり歯ブラシ、スリッパなどのサービスがあるところもあるが、無いホテルもある旅行の際は、一通り持参することをお勧めするとある小さな町(村)に泊まった時のことだコテージ式の広いお部屋だったんだけど、ヒーターの容量が小さくてお部屋がちっても暖かくならないのよー お風呂で温まりたかったけど、バスルームにあるタンクは大きくない案の定、途中で水に変わっちゃった少し温めのバスタブに浸かり、バスルームから出たら寒い(ブルッ)パジャマの上にダウンジャケットを着てパジャマの下には暖パンを重ね着してホッカイロを体中に貼って、ベッドに GO寒かったよお客さまは、お坊さんグループ文句もおっしゃらず、現世を超越していらっしゃいますわー今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      113
      4
      テーマ:
  • 13 Jan
    • 幸せになりたい!

      誰しも幸せになりたいと願っているよ幸せににれる秘訣ってなんだろう・・・と言う訳で、国民のほとんどが幸せと思っている国ブータン にやって参りました(仕事だけどね)(タクツァン僧院)ブータンの観光事情は、アジアやヨーロッパ南米、北米を含む他の国々とはちょっと違うようだ大きなところでは、バックパッカーのようなスタイルの観光が出来ない外国人観光客は必ず政府が定めた旅行会社を通して現地のガイドを雇い、全行程を前もって定めて、ホテルも前もって決めておくガイド、車、ホテル、食事、全てがパッケージになっているスタイルをとっている悪い言い方をすれば、ガイドに監視されているような良い言い方をすれば、ガイドが執事のように甲斐甲斐しくガイドが手配するというシステムなのだホテルも外国人専用ホテルが用意されている民宿のような施設もあるらしいのだが、政府からの許可が必要だ道路整備もいまひとつだし、目玉の観光地も数少ない物資も多いとは言い難いそれでも国民の幸せ率が高いんだよーその秘訣を探る旅になりそうだ 今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      145
      6
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 減少する海外添乗員?

      例年、年末年始の旅行シーズンが終了すると閑散時期に入るのだが、今年は違うらしい2月も3月も添乗員が足りなくて、各旅行会社で派遣会社に仕事を頼み込んでいる状況らしいらしい。と書くのは実際に各社のツアー催行本数を知っている訳ではないからだそれでも同僚さん達に聞くと、中3、中4で仕事を振られている同僚さんも多い所属派遣事務所から、知り合いの添乗員さんでしばらく遊んでいる人を知らない?紹介して!なんて話しが舞い込んでくるのだ催行本数も多いのかも知れないけれど、海外添乗員が減って来ているんじゃないの⁇本文に関係ないイメージ画像新人添乗員さん、国内添乗員さん、今が海外デビューのチャンスですよ!人材がいれば… の話しだけれどね

      150
      4
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 添乗員の間で話題になってる判決

      添乗員だけではなくブログ仲間のあやあやさんも書いていた摩訶不思議な判決当初は yahooニュースで見たのだけれど、その記事はすでに削除されてましたその記事への書き込みされていたコメントはまともなご意見が多かっただけに削除されたのは残念だねーお客さまには覚悟して頂きたい今後は、添乗員は旅程管理のために同行するのではなく荷物番の為に同行するようになります現地ガイドがいてもいなくてもそのガイドが日本語を話すことが出来なくても添乗員はバスの荷物番となりますので、あしからずそーゆー事だよね ! ! ! ! !今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      120
      28
      1
      テーマ:
  • 10 Jan
    • イスラエル観光

      終わりにしようと思ったんだけど、公開していない写真もあったので写真を取りまとめた画像をUPしてみましたイスラエルに関心のある方は、楽しんで下さいね~これにて、イスラエルのご紹介は終了で~す 今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      74
      10
      テーマ:
    • 宗教(世界)の争いの源になる場所には何があるのか?

      それは聖都エルサレムにある「神殿の丘」と言っても過言ではないのかも・・・この場所には紀元前10世紀頃にソロモン王によりエルサレム神殿が建てられたバビロニア軍によって破壊され、再建した神殿もローマ軍によって破壊された後に石壁を築き、その上に岩のドーム(イスラム教)が造られた現在の神殿の丘はイスラム教の管理下に置かれているが、石壁の一部だけがユダヤ教の管理下になっているのだこれだけの話しでもユダヤ教とイスラム教が、仲良く出来ない理由が解るそれにキリスト教も加わってくるイエスは生存中にユダヤ教のエルサレム神殿を何度も訪れている加えて、イエスが十字架で命を途絶えた時地震が起き、神殿内の幕が眞二つに切り裂かれたキリスト教にとってもこの地は聖地になっているでは、岩のドームとは何ぞや という疑問が出てくるのだがお祈りをするモスクのような役割の建物なのすか ここには、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の三教共に重要な岩があるのだ聖なる岩はアブラハムが奇跡によって得られた一人息子イサクを神の求めに応じて犠牲として捧げようとした岩があるのだというダビデはこの岩の上に契約の箱を納め、ソロモン王はそこにエルサレム神殿を建てたご存じの方も多いと思うが、アダムとイブ、アブラハム、イサク、ヤコブ、ソロモン王が登場するこの書物は、教の旧約聖書として知られているが、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の三教共に聖典として信じられている書物なのだ三兄弟が実家を「俺が親から受け継いだのだ」と争ってるようなものだと考えたら理解しやすいのかもしれない(事実はもっと複雑なのだろうが)イスラエルは大変興味深い国だった日本人が思っているような危ないだけの国ではないクリスチャンでなくても、ぜひ足を運んで頂きたい国である世界平和はこの場所の問題が解決したら訪れそうな気がするこれにてイスラエルのご紹介は終了致しま~す次の旅先にもご期待あれ ! ! !今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      70
      8
      テーマ:
  • 09 Jan
    • ユダヤ教の聖地は嘆きの壁

      エルサレムの旧市街を歩くだけで、世界三大宗教を学べる世界中のユダヤ教、キリスト教、イスラム教の人々が訪れる大観光地だ城壁に囲まれている旧市街が、5つの地区に分かれている地図で解る通り、嘆きの壁はユダヤ人地区にあり神殿の丘を取り囲む城壁の一部が祈りの場なのだユダヤ人は神から与えられたと言われている地を追われてしまう壁の向こうの神殿の丘には、かつてユダヤ教の神殿があったのだローマ帝国に破壊されたが、この壁だけが残った聖地への思いはユダヤ人でなければ理解出来ないのだろう祈りをすることは禁じられ、自由に祈れるようになったのは1967年だという壁を前にして祈る場所は男性と女性と別れている男性は帽子を必ず着用しなければならず、忘れた人にはキッパと呼ばれる帽子の貸し出しがあるキッパは小さい物で被るというより、頭に乗せるかんじヘアピンで留めてあるのが微笑ましかった聖書のような本を読んでいる人を見かけるが、このエリアには宗教関係の物を持ち込んではいけないので、聖書の持込もダメ貸出し用の聖書が置いてある私たちは観光のひとつとして嘆きの壁を訪れているので足早にその場所を去って行くが、ユダヤ人たちはいつまでも祈り続けていた祈る事を許されたその場所で・・・今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      90
      2
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 最後の晩餐の部屋

      イタリアのミラノにあるレオナルド・ダビンチの名画である「最後の晩餐」はご覧になった方も多いと思うその本家本元の場所を訪れることが出来るのは感慨深い ! ! !イエスが使徒たちの足を洗って、謙遜さについて教訓を与えた場所でもある最後の晩餐ついては、マタイ26:21-28 や ルカ22:19-23 にあるようだこれは,あなたたちのために与えられる私の体を表しています。これを行い続け、私のことを思いだしなさい。ブドウ酒は私の血にを表しています。この出来事が今日のミサの聖餐の儀式に繋がったとされているこの日も各言語のガイドが、最後の晩餐についての説明を行っていたクリスチャンにとってはかなり興味深い場所といえるようだ実はこの記事はカットしようかと思っていたのだが、(写真がいまいち)読者でいつもコメントを残して下さるシオンさんがクリスチャンと伺ったのでこの写真もお見せしようと書く事を決めたんだよなんとこの最後の晩餐の建物の下階にダビデの墓もあるのだダビデの墓の近くにはユダヤ教の象徴(シンボル)燭台があったモーゼの時代の移動聖壇で使用されてたし、後にエルサレムの神殿でも使用されてしたようで、オイルは品質良い新鮮なオリーブオイルだったようだそれにしても何故ダビデのお墓の上で最後の晩餐を行ったのか ということだ適当な建物がここしかなかったというのが、添てんの見解だよ~ん(笑)今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      105
      4
      テーマ:
  • 07 Jan
    • エルサレム旧市街で見つけた物

      旧市街を皆でぶらぶら朝が早いと気持ちが良いね人が少ないし(笑)ゴミ出しも日本と同じくビニールにいれて収集場所に出すんだね日中は人で溢れかえるので、朝早く収集するんだね日本もそうだったよね ! (笑)一番最初にオープンするのがパン屋さんあちらこちらにパンだけが現れます警察の方々が立ち食いしている様子が見られますが、写真はありません盗撮するのは失礼だし、見つかったら怖いし(気が小さい添てん)職務中に写真をお願いするのは気が退けるあっ あと、そうゆうお願いを添乗員にさせるのは止めて下さい「言葉が通じないから添乗員さん話してよ」と仰る方がいますが時と場合によりますけど、嫌々ながら代理で話していることも多いですイスラエルの女性に興味があるのでしょう盗撮はきちんと正面から写真を撮れないので、カメラに綺麗に納めるには声をかけてカメラに微笑んで頂かなければならないそれを添乗員にお願いするのは止めてほしい1回や2回ならばまだしも、1日に何回もだとさー写真を撮られるのが嫌な人もいるしこんな時代だから、その写真が何に使われるかが不安だものね知らないところでSNSにアップされる可能性は高いしね言ってやりたいエロじじぃ~ ! ! !  (エロくない写真けどさー)今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      98
      4
      テーマ:
  • 06 Jan
    • ジャパニッシュでも笑われても頑張る日々

      全世界を歩いていた元商社マンのお客さまが言った英語って世界共通語だと思っているけど、違うんだよイギリッシュアメリカンシュフリピッシュ(フィリピン)インディアッシュ(インド)ジャーニッシュ(ドイツ)フラニッシュ(フランス)そして日本は、ジャパニッシュそれぞれ訛りや発音が違うから、英語もそれぞれの国の英語を学ばないと直ぐには理解出来ないんだよねー典型的なジャパニッシュを話す添てんは目からうろこ(ほぅ~)道理で英語ガイドさんの話すことが分からないわけだ(それは発音や訛りの問題ではないと思うが)こんな面白いサイトを発見したので皆さまにご紹介笑えたよー ジャパニッシュでも話すことが大事だよー通じなくたって、関心を示していることがわかるし通じた時の喜びは大きいんだよ日本人は恥ずかしがり屋だけど、まずは第一歩を踏み出そうあっ、でもねジャパニッシュで押し通しちゃうと添てんみたいになっちゃうから途中で軌道修正は必要だよー今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      95
      6
      テーマ:
    • あなたは3度否定されたら許せるか!

      親友なら3度自分を否定されても許せますか 家族ならば許せるでしょうか何か精神論的で、とっても難しい話題提供になってましたが聖書の中で、ご自分を3度否定することをイエスは予言されました鶏が鳴く前にあなたは三度、私を知らないと言うだろう (ルカ 22:54-62)イエスは逮捕され連行され、役人が仲間を捕らえにきた際にペテロは恐ろしくなり、三度もイエスを知らないと言ってしまうのだその出来事があったとされる場所に「鶏鳴教会(聖ペテロ教会)」が建っている映画「サン・オブ・ゴッド」の舞台らしいので、時間が取れたら見てみたいな(添てんは見たことが無い)鶏鳴教会の門扉のレリーフには、イエスが予言されている場面が描かれているペテロはイエスの予言(予告)に対して、きっぱりとした口調で「たとえ一緒に死ぬようになったとしても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」ところがコロッと裏切りような事を言ってしまうのだから人間は弱いんだねイエスが捕らえられると弟子たちは逃げ去って行ってしまうのだイエスは、大祭司の屋敷に連れていかれ、激しい尋問と拷問を受けるようになる3度目に否定したのは、ペテロが大祭司の屋敷の中庭へ忍び込んだ時だ多くの人々が屋敷に見物に来ていたので、その中に潜んでいたのだ大祭司の女中のひとりが、ペテロ見つけて「あなたはイエスと一緒だった人だ」と言うと「私は知らない。何の事か、わからない」と否定するとその時、にわとりが鳴いた。という聖書の記述があるそれが↑のモニュメントそんな裏切り行為があったら、人は許せるのだろうか・・・添乗員を長くやっていると破調の合わないお客さまとご一緒することもあるそして、そうゆう方は添乗員いびりを始めるんだなーどうでもいいあら捜しを始めたり、嘘の物語をでっちあげたりまた「添乗員さんとっても楽しかったわよ❤ またご一緒したいわ」なんて言っていて、アンケートにはボロクソ書いて下さる方もいるどちらにしても親友じゃないから、裏切られたアンケート頂いてもショックは受けるけど時がくれば忘れられるでも親友に裏切られたら痛手は大きいだろうな~なんて思った場所でした (じゃんじゃん ← たまたんさんの真似)今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      129
      6
      テーマ:
  • 05 Jan
    • オリーブの丘(オリーブ山)

      ブログ復活する時間がやっと取れました引き続きエルサレム情報をお伝えしますので、お付き合いくださいエルサレムって関心を抱かない国なのですかねーアクセス数が減ってるんですよね(苦笑)さてと、気を取り直して書き始めるぞー゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆オリーブ山は、イエスが弟子たちと最後のエルサレムを過ごされた場所弟子たちに説教をした場所である(ルカ21:37, マタイ24:1-14)当時はここからエルサレムの神殿がみえたようです現在は黄金に輝く岩のドームがよく見えるのですイスラム教の管理下にあるイスラム教の第3の聖地となっているドームだ宗教に関心が無い人でも、面倒な事が起こりそうに思える場所だその情報はさて置き・・・ (置くのかいっ!! と突っ込みを頂きそうだ)山の手前の傾斜地はお墓で埋め尽くされているゼカリヤ書14章の中で、最後の審判の日に死者が復活される場所として記されているために墓が造られるようになっようだ現在は霊園のような光景だが、イエスの時代はオリーブで埋め尽くされていた山だったのだろう上↑ の写真は、ゲッセマネの園イエスが処刑される前夜に祈った場所である(ルカ22:35-46)ゲッセマネの意味は、オリーブの実を潰して「油を搾り出すところ」イエスは同様にご自分の思いを心を潰れるような思いで神に祈りその時の汗が血のにじむように絞り出された所なのだゲッセマネの場所に「万国民の教会」があり、この教会は世界中のカトリックの人々の献金で建てられたのだそうだブログを書いていて思ったのだが、確かにただの旅行記みたいで聖書に関心の無い人には面白みに欠けちゃうのかもしれないねでもいいんだも~ん添てんの備忘録として書いててるんだもん(うっ、ぅぅぅ)今日は何位かな~ ?ポチ↓ お願いしますにほんブログ村

      82
      17
      1
      テーマ:

プロフィール

添てん

性別:
女に見えるらしい?
血液型:
自己中B型ですけど・・・ 何か問題でも ! ?
自己紹介:
添乗員の実態 ・・・ あなたにお知らせ致します。 ここに書かれていることは、あくまで私の個人的感想...

続きを見る >

読者になる

AD
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。