40代からの転職が失敗して絶望する前に考えること

40代からの転職が失敗して絶望する方には、ある典型的な特徴があります。いかに行動すれば短期間で正社員として就職できるかを、総務歴15年の私斉藤が正しい戦略と戦術を伝授します。
キャリアアップ・キャリアチェンジを考えている40代も必見ですよ。

兵庫県で転職支援をしている斉藤です。総務人事職を15年やっています。


2年前、私は50名を超える仲間達と共にリストラされました。

突然の出来事に我々は言葉を失い、夢も希望も失いました。


しかし、私と私を信じてくれた仲間は独自の戦法によって短期で再就職を果たしました。


独自の戦法とは、つまり正しい戦略計画をもって転職・再就職に挑むことです。


戦略計画をもって挑まなければ、長期化するのは当たり前です。

正しい転職・再就職法さえ理解できれば、何度でも何歳になろうとも転職・再就職は可能です。


転職・再就職が長期的になる方はある意味情報弱者です。


インターネットや世間の風潮に惑わされることなく、一日も早く転職・再就職し天職・適職に巡り合えることを祈りつつ、転職・再就職における失敗しないための戦法を伝授していきます。



テーマ:

 

兵庫県で転職支援をしている斉藤です。

 

 

ブログを開設して1か月が経過しました。

沢山のメッセージをいただきありがとうございます。

 

 

「 男性の失敗談ばかりでなく、女性の話題も書いてください! 」

はい、40代女性の転職も数回支援しましたので、そのうち書かせていだだきます。

40代女性の転職はパソコンがある程度できるかどうかで決まると考えています。

 

 

「 斉藤さんって本当に転職回数が多いですね 」

そうですね。過去を振り返ってみても、自己都合で退職したのは1回だけなんですけどね。

転職活動の面接時は、もう何回も根掘り葉掘り聞かれウンザリしましたよ。

 

 

総務系人事系の面接時

「 君はジョブホッパーではあるまいな? 」

と何度聞かれたことか…

 

 

人事用語で短期間のうちに転職を繰り返してきた人をジョブホッパーと呼ぶことがあり、あまりいい意味では使うことはありません。

 

というのもジョブホッパーは一般的に、

 

「辛抱強くなく、またすぐに辞めてしまう人」

「人間関係構築力やスキル不足など、会社を辞めざるを得ない問題がある人」

 

という懸念から、中途採用では不利な残念な人と考えられてきました。

 

 

ひと昔に比べると

「転職回数が多いこと=悪いこと」

というイメージは若干弱まった感じがしますが、

 

それでも未だ企業ではジョブホッパーは嫌われる傾向にあります。

 

彼らの典型的な特徴としては

「 自分のこだわり 」「 こうあるべき 」が強過ぎる

ということです。

 

「 やりたいことが明確 」という意味では悪いことではないのですが

こだわりが強過ぎる人は仕事を転々とする傾向にあります。

 

 

その人たちを観察していると

「 自分の意見を押しすぎて、周りから疎まれる 」

「 突っ走りすぎて、周りがついていけなくなる 」

ことが多いと思います。

 

 

そして本人は

「 周りは分かってくれない 」

「 この環境ではやりたいことができない 」

と言って会社を辞めていきます。

 

 

いうまでもなく、会社勤めをしている以上、自分のやりたいことが100%できることなんてありえません。

 

「 自分がしやすい環境 」を作るためには、それ相応の努力をせねばなりません。

 

割り切りをせずに

「 会社がダメだ。周りの環境が悪い 」

と言いながら次々と会社を変えることは、何の解決にもなりません。

 

 

なお別の角度から見てみると

この「 こうあるべき 」が強すぎる人にとっては、会社勤めという環境は根本的に合っていないだけかもしれません。

こういう人は例えば、自分で会社を起業して小さな組織のトップに立ったりすることで

水を得た魚のように活躍することもありえるのです。

 

 

また、表向きの理由はもっともらしいことを言っていますが、そういう人に事情をよくよく聞いてみると、本当の問題点はいつも同じなことが多いのです。

「 人間関係が悪くなって居づらい 」

「 仕事内容がつまらない 」

「 評価や給与が正しくない 」

辺りがよくある問題点ですが、自分が全く悪くないということは決してありませんよね?

 

 

ジョブホッパーの問題点は、知らず知らずのうちに自分の市場価値が下がってしまうことです。

 

 

自分の問題に早めに気付いて改善できれば、転職の繰り返しを未然に防ぐことができ、給与をはじめとする諸待遇を上げることができます。

ただ問題を放置し、自らの問題を認めないジョブホッパーは、いつまでたっても管理職になれなかったり、年齢と共に市場価値はどんどん低くなってしまいます。

 

 

私のように「 仕事探しに苦労した人 」であれば、安易に会社を辞めることはないのです。

 

 

今の安定した仕事・収入を捨ててまで、またあの苦痛で地獄の転職活動をしなければならないと思うと、多少辛いことがあっても退職にまではなかなか至りませんでしたから。

 

40代からの転職が失敗して絶望する前に、正しい戦略と方法論を学んでみませんか?

長い転職活動に一日でも早い終止符を打ちませんか?

 

 

「 君はジョブホッパーではあるまいな? 」

と質問された企業からは1社からも内定をもらえませんでした。

きっと、最初からそういう企業様とはご縁がなかったのでしょうね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。