【愛情なんて、そんなもの・・。】 | こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

こころを最適化して本来の自分を取り戻すサムライセラピー ~Heart Optimization~

アタマも、こころも、身体も納得して自分らしく生きる


テーマ:

 

おはようございます。

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。

 

心技体を整えて本来の自分を取り戻すサムライセラピー寺石義和です。

 

 

中国地方での豪雨の災害や、

 

関西での台風の被害や北海道の地震で被害を受けられた方々には

 

こころからお見舞い申し上げます。

 

 

こころの最適化 ~Heart Optimization~

 

-------------------------------------

 


 

体験セッションのお申し込みはこちら。

 

 

 

====================================

 

 

 

今回はとっても大切で深いお悩みの1つである

 

 

 

【愛着・愛情を感じてはいけない】

 

 

 

についてです。

 

 

 

 

あなたは、『愛着』という言葉を聴いたことがありますか?

 

聴かれた方もいらっしゃると思いますが、耳慣れない言葉でもあったりします。

 

『愛着』を『愛情』と置き換えてみると解りやすいかもしれません。

 

 

自分の存在を否定する場合もあります。

 

 

これは心の栄養が与えられてなかったことによって生じることが多いです。

 

 

 

私たちのベースには『愛情』、『愛』があって、家族やパートナー、周りの人と接しています。

 

だから、『○○さんのために何かしたい。』とか、

 

親は子どもに対して無条件に何かをしてあげたりとか、

 

子どもも親に対して無償の愛があるから応えたり、

 

子どもから親が大好きでいます。

 

 

或いは、他人に対しても、多くの人が行列に並んでいる場合でも

 

その後にきちんと並んだり、困った人がいたら声をかけてあげるとか、

 

譲り合いの精神もあるわけです。

 

そういう時って、何かを計算したり、『何かをしてもらいたいからしてあげる』という意識は

 

持ってないのが通常ではないでしょうか?

 

純粋に素直に、時にはあまり考えずにしていませんか?

 

 

こうした意識や思いが私たちには備わっています。

 

 

 

 

ですが、生まれてから間もなくとか、

 

幼い頃に、親から何かされてしまったり、周囲から何かをされてしまって、

 

本来備わっている思いや感情とはズレてしまって、

 

大人になってからもそれが原因で引き摺ってしまって、苦しんでいる人がいます。

 

 

 

 

その中の1つが

 

 

【愛情を感じてはいけない】です。

 

 

 

 

 

==どんな症状があるの?==

 

 

「愛情を感じてはいけない」を持ってる人は幼い時に親との間に健全で

 

安心を与えてくれる愛情(愛着)関係を上手く築けなかった経験から、

 

大人になって、愛情(愛着)を伴う人間関係を避けたり、

 

 

愛情(愛着)というものに対して違和感や恐怖感を感じる。

 

 

また、目に見えない愛情の存在を信じられなかったり、否定する代わりに、

 

お金や地位、立場、物等、目に見えるもの、

 

 

手で触れられるもの、わかいやすいものだけにこだわって追い求め、

 

こうした『モノ=愛情』で『愛情を受けているんだ』と思い込んでいる人がいます。

 


 

具体的には・・、

 

 

・ 愛されているという感覚が無い

 

・ 「人から見捨てられるのではないか?」

 

  「自分の周りから人がいなくなってしまうのではないか?」

 

  「最後は1人ぼっちになるのではないか?」という

 

  非常に強い不安(恐怖)を感じる


・ 相手の愛情を疑ってしまう(信用できない)


・ 人を愛するのが恐い(愛してもどうせまた、私の元から去っていくと

 

  思ってしまって恐くて愛せない)


・ 「私のことを愛してくれる人なんかいない」 と思っている


・ 嫉妬心が強い


・ 独占欲が強い(独占しないと見捨てられてしまうと思っているから)


・ 目に見えない愛情は信じない


・ 電話やメールの回数、プレゼントの金額等、

 

  実際に確認できるもので愛情の有無を判断し、


  そうしたものを執拗に追い求める


・ 「あれをしてくれない。これをしてくれない。

 

  (だから愛してくれない。) 」と訴える


・ 「まだ欲しい。いつまでも欲しい。」と求め続けて、決して満足しない

 

・ 「この世に愛情なんてものは存在しない」と思っている

 

・ パートナーへのDV (男女とも)


・ 対人恐怖症


・ 摂食障害

 

・ パーソナリティ障害 (全般)

 

 

こうしたことがあります。

 

 

 

 

==これらは、どのようにして刷り込まれたのか・・・?==


 

幼い頃に親との間に健全で安心を与えてくれる愛情(愛着)関係を

 

築けなかった経験から刷り込まれます。

 

 

具体的には・・、

 

 

・ 子供のころ、親から愛情を与えられなかった

 

・ 子供のころに虐待、いじめを受けた

 

・ 親から 「人を愛してはいけない」 「愛情は恐い」 というようなことを

 

  言われた

 

・ 親が人に対して愛情・愛着を感じない人だった

 

・ 子供の頃に親に愛情を求めたら、拒絶された


 

 

 

これらのような経験で刷り込まれたことが考えられます。

 

 

 

 

これらのような症状が強くて、

 

自分がやりたいことができないといった心のブレーキを

 

持たれた方でも人生を諦める必要はありません。

 

こうしたことは改善、軽減することは可能です。

 

病院に行く前に、体験セッションを受けてみることも

 

お悩み解決する方法の1つです。

 

体験セッションのお申し込み

 

 

 

二度とないあなたの人生、

 

是非、本来の自分自身と向き合って

 

解放してあげてください。

 

 

 

自分らしさを取り戻す無料メール講座


 

 

きっと、お役に立てると思います。

 

 

今日も素敵の時間となりますように。

 

 

 

これまで、個人セッションを受けた方々の感想は、

 

こちらから・・。
 

 

 

関連記事  あなたの行動を支配する「愛着スタイル」について

 

 

---------------------------



よろしければ、ブログランキングにご協力をお願い致します!



人気ブログランキングへ

 




人気ブログランキングへ

 

 

また、ペタ、読者登録もお願い致します!


ペタしてね      読者登録してね



 

 

こころを最適化して自分らしく生きるサムライセラピー☆寺石 義和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス