天恍のブログ

天恍のブログ

九星気学・算命学・タロット・イーチンタロット・アセンションカード・数秘術
未来を開く鑑定をいたします!


☆「天恍リーディング・タロット講座」

  

タロットを習おうか、どうしようか、と迷っている方、前に習ったけれど、その後中途半端なままに挫折している方、習ったまま実戦をしていない方など、様々な方の、タロット習得法をプロの天恍が懇切丁寧に指導いたします。どうぞ、毎回、完結スタイルで行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。



☆「天恍リーディング・イーチン・タロット講座」

  

イーチン・タロットを習おうか、どうしようか、と迷っている方、前に習ったけれど、その後中途半端なままに挫折している方、習ったまま実戦をしていない方など、様々な方の、タロット習得法をプロの天恍が懇切丁寧に指導いたします。どうぞ、毎回、完結スタイルで行っていますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。





詳細はこちらのブログをご覧下さい




◎暑い夏も、もう少しで終わりですね。

 夕べ、今年初めての<虫の鳴く声>を聴きました。

 運命の調律師・占術家の天恍です。

◎あの「イージー・ライダー」で主演していたピーター・フォンダさんが16

   日。亡くなったんですね。享年79歳。肺がん、とか。

 合掌です!

◎「イージー・ライダー」(1970年。日本公開。)は、正に時代の寵児的

  な映画であった。

  米国的(日本でも)にはフラワー・チルドレンと称されたヒッピーが愛

  と平和を掲げていた。

  一方でこの「イージー・ライダー」のように体制に反抗して<自由>

  を求める、という主義もあった。

◎世界中で学生運動が沸騰していた頃。

 天恍は文学的にはジョン・アップダイクの「走れうさぎ」やサリンジャー

 の「ライ麦畑でつかまえて」で夢中になっていた高校生時代。後にカ

 レッジへ進級すると、御茶ノ水のマロニエ通りにあった喫茶店や周辺

 にあった<虎><舟><ジロー>などで、友と珈琲一杯で熱く語り

 合っていた。

◎青春していました。(今も青春しているつもり、だけど)

 腹の底から響くようなステッペン・ウルフの「ワイルドでいこう」は、表

 裏一体化した「イージー・ライダー」のテーマ・ソングとして忘れ難い。

◎性格俳優のデニス・ホッパーさん(上)や今となっては誰知る者も無

  い、超個性的な演技派俳優ジャック・ニコルソンさん(下)が出演し

  ていたアメリカン・ニュー・シネマの問題作。

◎様々な文化が融合して未来を向いて挑戦していた時代であった。

 みんな熱かったなあ~。

 アディオス。そして合掌。ピーター・フォンダさん。

◎<天恍>8月下旬の鑑定予定!

◎<占法>=九星気学、算命学、タロット、手相、イーチン・タロット、

         アセンション・カード、オラクル・カード、数秘術、ルノルマ

         ン・カード他。

◎<水曜日>毎週!21日、28日

「アルカキット錦糸町」10階。

◎場所=JR総武線「錦糸町」駅。北口下車。徒歩

      1分。

◎℡案内=03-5608-6701

◎<木曜日>毎週!22日、29日

「スカイプラザ柏」地下1階。

◎場所=常磐線&アーバンパークライン「柏」駅。

      東口下車。徒歩1分。

◎℡案内=04-7164-7413

◎<土曜日>毎週!24日、31日

「東武百貨店船橋店」本館地下1階

 ☆24日より1階から地下1階にフロアー移動していますので、ご注意

◎場所=JR総武線&アーバンパークライン

      「船橋」駅。北口下車。徒歩1分。

◎℡案内=047-425-3670

☆いずれも<開運館E&E>のブースで、皆さまのご来館をお待ちし

 ております。また℡ご予約いただければ、お時間の無駄なく鑑定をお

 受けできます。

◎<月曜日>毎週!19日、26日

「アクロスモール新鎌ヶ谷店」2階。

◎場所=新京成&アーバンパークライン「新鎌ヶ

      谷」駅下車。左折正面。徒歩1分。

◎℡案内=03-3268-5521:フロンティア

☆<月恍>8月下旬の鑑定予定!

☆<占法>=手相、タロット、数秘術、ルノルマン・カード、アセンション

         カード他。

月曜日>毎週!19日、26日

「スカイプラザ柏」地下1階。

☆場所=JR常磐線&アーバンパークライン「柏」

      駅。東口下車。徒歩1分。

☆時間=04-7164-7413

☆<土曜日>毎週!24日、31日

「アルカキット錦糸町」10階。

☆JR総武線「錦糸町」駅。北口下車。徒歩1分

☆℡案内=03-5608-6701

☆いずれも<開運館E&E>のブースで、皆さまのご来館をお待ちし

 ております。また℡ご予約いただければ、お時間の無駄なく鑑定を

 お受けできます。

☆<水曜日>毎週!21日、28日

「アクロスモール新鎌ヶ谷店」2階。

☆場所=新京成&アーバンパークライン「新鎌ヶ

      谷」駅下車。左折正面。徒歩1分。

☆℡案内=03-3268-5521:フロンティア

 

伝奇時代小説・第85回:著/天恍

そして小次郎の想い」

<京都・吉岡道場編>

 小次郎が道場の中央へ進み出る歩みは、猫科の獣のようであった。

 その全身もしかり。柔らかくしなやかで、何処かに力が偏っているわけでもない。足音もしない。それでいて全身にバネのような撓みが感じられる。

 一見してなんの脅威も感じさせない、隙だらけのように見える全身。

 しかし正面に立った者は違うだろう、と清十郎は知覚した。

 対手となる村上は木刀を正眼に構えていたが、正面に歩寄ってくる小次郎を視た途端、全身に恐怖を感じた。

 己の流を興したとは言え、見た目は優男で若い。その侮りが心の何処かにあった。

 が、正面から音もなくゆったりと歩寄って来る小次郎の全身からは、痺れるような気が発せられている。

 蛇が鎌首をもたげて滑り寄ってくるかの如く、あるいは狼が獲物を狙って迫り来るかのような、なんとも言えぬ気迫であった。

 

 小次郎の眼を見やれば湖のように澄み切っていて、そこに思念を感じさせない恐怖があった。

 小次郎は歩を止めず、ゆっくりと間境を超えてくる。

 手に下げた木刀を構えようともせずに。

 おお~っと、居並ぶ門弟たちの間に驚愕の声が洩れる。

 射すくめられたのか、金縛りにあったのか、村上はぎこちなく下がる。

 一歩、二歩。そして三歩。

 小次郎は歩みを止めない。

 小次郎の眼に、表情に、動きに、動きを起こす<発端>が読み取れない。想像できない。

 だが、小次郎は依然として歩みを止めない。

 日常の動作となんら変り無く、此方へ進んでくる。

 村上は息が詰まるようであった。

   

 心気上ずったままに、村上は木刀を上段に振り上げると、小次郎の頭上目掛けて強引に振り下ろした。

                               (つづく) 

 

◎今週の金曜日23日は<暦>の上では<処暑>

 暑さが収まり、秋の気候が増す、とあります。

 残り少なくなってきた夏。

 充実させたいですね。

 では、また次回にお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎お暑うございます。<運命の調律師・占術家の天恍>

 です。世間は<お盆休み>ですが、天恍、日夜<運命鑑定>にい

  そしんでおります。

 

◎早いもので8月も早や中旬に近い。そして<猛暑>。せめて上記の

  写真で涼風をお届けできればと思い、掲げさせたいただきました。

◎先日つかの間の休暇に「トイ・ストーリー4」を観てきました。

 「トイ・ストーリー」1公開の時に<フルCGアニメ>という技術の新しさ

 に興味をもったのと、<オモチャが主人公>という点に魅かれて、観

 続けて4作目。

◎相変わらずヒューマニティにあふれていて良い。いつも心温まる感

 動と生きる上での<再発見>を与えてくれる、ディズニー・スピリッツ

 がいいですね。

 今回は上記のトイ<ポー・ピープ>とウッディが再会しての、彼女を

 

 中心としての物語展開。オモチャのはずなのに、ポー・ピープが凄く

 いい女、に見える。

◎いつもながらにPIXARの製作するアニメは、繊細な<表情>が実

  にいい。

  そして上記の劇場用プログラム表4の意味ありげなウッディのポー

  ジングと表情。

  天恍には、なぜかウッディが「あばよ」と言っているように見える。

  そうなんです。ウッディとバズ・ライトイヤーの仲間たちが、別の道を

  歩み始めることになるんです。

  次回はあるのか?

  もういちどウッディとバズ・ライトイヤーのコンビが見たいと熱望する

  天恍でした。

◎<天恍>8月中旬の鑑定予定!

◎<占法>=九星気学、算命学、タロット、イーチン・タロット、手相、

         数秘術、アセンション・カード、オラクル・カード他。

◎<水曜日>毎週!14日、21日

「アルカキット錦糸町」10階。

◎場所=JR総武線「錦糸町」駅。北口下車。徒歩

      1分。

◎℡案内=03-5608-6701

◎<木曜日>毎週!15日、22日

「スカイプラザ柏」地下1階。

◎場所=JR常磐線&アーバンパークライン「柏」

      駅。東口下車。徒歩1分。

◎℡案内=04-716-7413

◎<土曜日>毎週!17日、24日

「東武百貨店船橋店」本館1階。但し、

 24日以降、鑑定場所が現在の1階からB1に移動いたしますので、ご

 留意下さいませ。

◎場所=JR総武線&アーバンパークライン「船橋

      」駅。北口下車。徒歩1分。

◎℡案内=047-425-3670

☆いずれも<開運館E&E>のブースで、皆さまのご来館をお待ちし

  ております。尚、℡ご予約いただければ、お時間の無駄なく鑑定え

  おお受けできます。

◎<曜日>毎週!12日、19日

「アクロスモール新鎌ヶ谷店」2階。

◎場所=新京成&アーバンパークライン「新鎌ヶ

      谷」駅。下車左折、正面。徒歩1分。

◎℡案内=03-3268-5521:フロンティア

☆<月恍>8月中旬の鑑定予定!

☆<占法>=タロット、手相、数秘術、アセンション・カード、ルノルマン

         カード他。

☆<月曜日>毎週!12日、19

              日。

「スカイプラザ柏」地下1階。

☆場所=常磐線&アーバンパークライン「柏」駅

      。東口下車。徒歩1分。

☆℡案内=04-7164-7413

☆<土曜日>毎週!17日、24日

「アルカキット錦糸町」10階。

☆場所=JR総武線「錦糸町」駅。北口下車。徒歩

      1分。

☆℡案内=03-5608-6701

☆いずれも<開運館E&E>のブースで、皆さまのご来館をお待ちし

  ております。尚、℡ご予約いただければお時間の無駄なく鑑定をお

  受けできます。

 

☆<水曜日>毎週!14日、21日

           ヘルプ13日・火曜

           日。

☆場所=新京成&アーバンパークライン「新鎌ヶ

      谷」駅。出口左折、正面。徒歩1分。

☆℡案内=03-3268-5521:フロンティア

伝奇時代小説:第84回・著/天恍

「そして小次郎の想い」

<京都・吉岡道場編>

 道場の朝は早い。

 住み込みの者。通いの者とあるが、特に住み込みの内弟子となる門弟にとっては、早暁から起き出し、清掃はもちろん兄弟子、さらには道場主の私的な雑用に追われるのが日課のひとつとなっている。

 その上での自主稽古である。

 目覚めてから、気の休まる暇も無い。

 吉岡道場でも通いの者など、一通りの人数が揃うと、いっせいに合同の自主稽古を始める。

 その間、一刻ほど。後に兄弟子、続いて師範代の者が現われ、道場主に代わって代稽古をする。これがまた一刻。

 そしていよいよ道場主の吉岡清十郎、伝七郎の兄弟が上座に着く。

 そこから改めて気迫の籠もった上段者たちの稽古が始まる。

 既に清十郎は前夜の酒宴の席で、小次郎に門弟たちの稽古をつけることを望んでいた。

 あれほどに前夜は酒を呑み、女衆と遊んだであろう伝七郎も、さすがにその名残りを見せることはなかった。

 清十郎が小次郎をともない粛として上座に座した。

 居並ぶ門弟達に、一瞬にして緊張感が漂う。

 同時に清十郎の横に座した小次郎に、皆の視線が集中する。

 興味と敵意の混じった、矢のような視線である。

 門弟たちの胸の内は例え末席に座すると言えど、天下に名高い京の「吉岡道場」の門下だという自負がある。

 うら若い小次郎の出現に、驚くのも無理はない。

 清十郎が凛とした道場に響き渡る声で言う。

「こちらに座しているのは我が伝七郎と武者修行の途中で、奇遇にも出会った富田流小太刀の富田勢源殿の免許皆伝者にして、自らその派を出られ、己の流儀<巌流>を興した佐々木小次郎殿である。

他流であるが、本日はめったにない機会ゆえ、代稽古を佐々木殿に願おうと思う。皆もそのように心してくれ」

「佐々木小次郎と申します。富田勢源の門で習い終え、自ら<巌流>を興した若輩者。今日はよしなに願い申す」

<巌流>・・・・・?

 富田流小太刀の名はつとに有名だが、<巌流>という流派は初めて聞く。

 皆、表情に途惑いが表われていた。

 吉岡流も元は小太刀が中心。同じ小太刀の富田流である。

 さほどに違いはあるまい、というの衆目の腹の内である。

「では、これより佐々木殿による代稽古を行う。まずは村上誠一郎。立ち会うがよい」

 伝七郎が大音声で呼ばわった。

 呼ばれたからには下級者ではなく、中級の者であろう。

 まずは互いの小手試しというのが、常道である。

 緊張した面持ちの村上が一礼して中央に立つ。

 悠揚として小次郎が木刀を右手に下げたまま、中央へ歩み寄る。

 上座から小次郎の後姿を視ていた清十郎の表情が、このとき一瞬にして厳しいものに変った。  

「これは・・・・・・、ものが違う。格が違う」

 清十郎は心の中で呻いていた。

                                (続く)

 

◎次回、このブログで予告を書くころは、<暦>の

 上では<処暑>の訪れが含まれてきます。

 暑さももうひと踏ん張り、というところかも。

 時候の移ろいは早いです。

 ひと夏、良い<想い出>を体験なさってください

 ませ。

  では、では。またお会いしましょう。

 

                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎7月28日。初めて蝉の鳴く声を聴きました。が、

  夏らしい感覚が少ないままに7月の下旬。う~

  む、です。現在、台風一過、空は快晴。

  運命の調律師・占い術家の天恍です。

  今回は<遊び心>の話です。

◎目下TV放映中の「ルパンの娘」。ルパン好きの天恍には、見逃せな

  いネタ。深キョンの茫洋とした演技に心癒され、その怪盗コスプレに

  鼻の下を長くして観ていた天恍でしたが、このドラマのマニアックな

  仕掛けに気付いてビックリ!

◎劇中、深キョンにアドバイスをするミュージカル・シーンで、気障なせ

 りふ回しと見事な歌とダンスを披露する円城寺輝。

  天恍、ジェンダーではありませんが、観た瞬間にこの男は誰だ?

 と注目度全開になりました。

  身のこなしの良さがいい筈。17歳でプロ・ダンサー・デビューを果た

 している、その筋では有名な人、大貫勇輔さん。

◎バレエ、ジャズ、モダン、コンテンポラリーとダンスの王道を極めてい

 るそうで、ミュージカルの舞台が活動の中心とか。

 なるほど、どこかの踊って歌えると称するジャリ・タレントより、遥かに

 格調高い筈だと、唸ってしまった。

◎おまけに深キョンのお爺ちゃん役として、もう前衛舞踏では超有名な

 暗黒舞踏団・大駱駝艦主宰の麿赤児さんが出演。大分前からその強

 持てのする風貌と渋~い声で、映像の世界で活躍してらっしゃるか

 ら、一般の方には<役者>としての麿赤児さんの印象が強いかも。

◎おまけに初代<仮面ライダー>の藤岡弘さんまでが、婚約者の祖

 父役として登場。第3話では日本刀をかざして、深キョンとの殺陣を

 披露。プライベートとしての武道家・藤岡弘を知る人にとっては、拍手

 喝采の場面。

◎そしてこちら、結婚年齢の娘・深キョンの両親役を演じる渡部篤郎さんと小沢真珠さん。日本のドラマには珍しく、エロティックでアツアツな

 仲のいい夫婦ぶりをベッタリとコケティッシュに演じる。渡部篤郎さん

 は王道の俳優業でバリバリ<演技派>の人。

◎ドラマも原作を遥かに超えて、リアル過ぎて面白みの薄れてきた昨

 今の刑事ドラマが多い中、在りえない非日常的な虚構の世界をベタ

 に堂々とやるところが非常に新鮮!

◎演出しているのは誰か?と見れば映画「翔んで埼玉」や「テルマ・ロ 

  マエ」を監督していた武内英樹さん。なるほど、と思いました。

◎プロとしての<遊び心>が素晴らしい。

 プロ中のプロをさり気なく配役して、笑いながら、いろいろな映画の

 オマージュも楽しめる、マニアックな要素が詰まっているドラマです。

 

◎<天恍>8月上旬の鑑定予定!

◎左より鑑定師・月恍さん、天恍、セラピスト・ココさん(右端)。

<占法>=九星気学、算命学、タロット、イーチン・タロット、手相、数

       秘術、アセンション・カード、オラクル・カード各種他。

◎<水曜日>毎週!7月31日、

                       8月1日、8日。

「アルカキット錦糸町」10階。

◎場所=JR総武線「錦糸町」駅。北口下車。徒歩

      1分。

◎℡案内=03-5608-6701

◎<木曜日>毎週!1日、8日             

「スカイプラザ柏」地下1階。

◎場所=JR常磐線&アーバンパークライン「柏」

      駅。東口下車。徒歩1分。

◎℡案内=04-7164-7413

◎<土曜日>毎週!8月3日、10

               日。

「東武百貨店船橋店」本館1階。

◎場所=JR総武線&アーバンパークライン「船橋

       」駅。北口下車。徒歩1分。

◎℡案内=047-425-3670

☆いずれも開運館E&Eのブースで、皆さまのお越しをお待ちしておりま

 す。また℡ご予約いただければ、お時間の無駄なく鑑定をお受けで

 きます。

 

◎ペット(猫、犬)の気持鑑定! 

   常時、鑑定をしております。お気軽にご相談下

  さいませ。

☆「暑中お見舞い申し上げます」! ビールで乾杯!!

◎<月曜日>7月29日、8月5 

           日、12日。

「アクロスモール」新鎌ヶ谷店2階。

◎場所=新京成&アーバンパークライン「新鎌ヶ

      谷駅下車。左折正面。徒歩1分。

◎℡案内=03-3268-5521:フロンティア

◎<月恍>8月上旬の鑑定予定!

<占法>=タロット、手相、数秘術、アセンション・カード他。

◎<月曜日>毎週!7月29日、8

           月5日、12日。

「スカイプラザ柏」地下1階。

◎場所=JR常磐線&アーバンパークライン「柏」

      駅。東口下車。徒歩1分。

◎℡案内=044-7164-7413

◎<土曜日>毎週!8月3日、10

           日。

「アルカキット錦糸町」10階。

◎場所=JR総武線「錦糸町」駅。北口下車。徒歩

      1分。

◎℡案内=03-5608-6701

◎いずれも開運館E&Eのブースで、皆さまのお越しをお待ちしておりま

 す。また℡ご予約頂ければ、お時間の無駄なく鑑定をお受けできま

 す。

◎<水曜日>毎週!8月7日、14

                                 日。

「アクロスモール」新鎌ヶ谷店2階。

◎場所=新京成&アーバンパークライン「新鎌ヶ

      谷」駅下車。徒歩1分。出口左折正面。

◎℡案内=03-3268-5521:フロンティア

 

伝奇時代小説・第83回・著/天恍

「そして小次郎の想い」

<京都・吉岡道場>編。

 小次郎たち一行が祗園より戻っての、深夜子の刻。

 道場より離れた別間である。

 小次郎の帰りを待ちわびたように、山本治兵衛と雪乃が訪ないを入れた。

「佐々木様。こたびは道中共々、誠にお世話になり申した。何から何まで、このとおりでございます」

 治兵衛と雪乃が両手をついて、深々と頭を下げる。

「明日七つをもって早や立ちをいたしまする。吉岡様の兼ねてのご縁により、ご門弟衆2名と目的地八縁山からの棒術達者2名が早暁の門前にて待ちうけ、共に出立する予定にござりまする」

「それは重畳。私も武者修行中の身、此度のことは良き修行になったと思っています」

「つきましては。これは我が殿よりのご好意。些少ながらお納めくだされませ」

 紫の袱紗包みが小次郎の前に差し出された。

「不躾ながら二百両ございます。武者修行の身に、何かと何かとご流用なされるよう、何卒よろしゅうに、とのこと。また、殿より回国修行の折に我が藩へお立ち寄りになるようなことがありましたら、是非にも遠慮のうお訪ねくだされたく、とのご趣旨でござります」

「私はさようなつもりではなかったに、ご好意とあらば痛みいります。遠慮なく」

「吉岡様には先ほど、ご挨拶を申し上げました。佐々木様、またご縁を

得てお会いしたいと願いますが、今後のご修行の成果を、私どもも遠方より耳そばだてて、楽しみにしております」

 晩春のひそやかな夜であった。

 翌、早暁。

 山本治兵衛と雪乃は竹王丸を背に負い、吉岡道場の門前に深々と頭を垂れた。

 待ち受けていた八縁山より使わされた山伏二名、吉岡道場の門弟二名に付き添われて、朝霧に包まれた道を越前へと向けて旅立って行った。

                                   ( 続く)

◎やっと夏らしいモードになってきたようですね。

 熱中症、夏風邪に注意して、健康で元気に<夏

 空>を楽しみたいものです。

 では、では、また次回にお会いしましょう!