日本に無事に帰ってきました、こまっくです。今週末から斜面に立つ計画になっています。

 

さて、今日もパクリwww

 

 

 

 

ここ重要かな?

反発を受けた後、すぐに曲げるのではなく、反発をうけて、その力をもらってから、曲げる。つまり、一瞬でも反発を受けた力で、体が浮き上がる。上体が一瞬浮き上がる現象が発生する。

 

のだが、ワールドカップレーサーはその一瞬の動きを0.001秒程度に収めているのが現実。足をトイレ状態にする一瞬前の、肩の高さに注目してほしい。

 

ただ、この動きを時速40-50kmの中でのショートターンで行うには、かなりの腹筋の力を必要とされるのが現実で、その腹筋を取り入れるため、今年のシーズンインを7月ではなく、10月からにしたこまっくでしたwww

 

お楽しみの体披露まで、あと、3か月。その時に脂肪をみても、決して笑わないでください。

 

 

それでは、動画を通して、確認しましょう。

 

 

 

 

明日、きっと、もっと、早くうまくなってるはず。