悪妻日記

結婚して●年。出産するまで米を研いだこと数回、掃除機を手にもったこと2回。そんな私の、子育て・仕事両立プロジェクト悪戦苦闘日記(ってあんまり悪戦苦闘してないけど)。

コメント返し、更新が滞ることがあるかもしれませんが、「そんなに忙しくないくせに多忙を理由にさぼってるな~」と大目に見てやってくださいませ。できるときにほそぼそと更新していきます。


■以下の点をご了承ください。■

●トラックバックは承認制です。●ペタ返しはしておりません。●記事と無関係と私が判断したコメントは断りなく削除させていただくことがあります。


テーマ:

アレルギー児の海外旅行 

1) 飛行機の食事・飲み物・座席

2) 飛行機へのエピペンの持ち込み

3) 免疫療法用食品の持ち込み

4) 現地での食事(ホテル)

5) 現地での食事(レストラン)

6) 現地での食事(その他。ツアーについてくる食事、スーパーでの買い物など)

のうちの、

 

今日は、その4 「現地での食事(ホテル)」について。

(その1は こちら 、その2は こちら、その3は こちら

 

ホテルでがっつり食事をすることを予定している場合、ホテル予約時点かその前の段階で、ホテルの中で食べられるものがありそうかどうか確認するのが、アレルギー持ち旅行手配あるある、なんじゃないかと思います。

 

まあ、といってもうちの場合、落花生っていう選べば食べられるものが通常はあるアレルゲンなのと、ある程度の量なら治療の結果食べられちゃうので、そんなに気にはしてないです。

でも、「料理に何が入ってるかわかりませんよー」状態のホテルだと、さすがにちょっと困っちゃうわけで。

なので、「そのホテルがどの程度アレルゲンを把握してるかな?食べられるものを確認したら、回答がでるレベルのホテルかな?」というのは、常に事前に確認をしてから予約を入れるようにしています。

 

で、この一連の海外旅行は、旦那の赴任先というのもあって、旦那の家にいることも多かったのと、外食がお高い国だったので自分で料理した方がまだ安いということでキッチン付きコンドミニアムに泊まってがつがつ自分で料理をするということも多かったのですが。

一部、ホテルにも泊まりました。朝食付き。ただ、その国の特性として、朝食といっても、ある程度の価格帯までであれば、日本のホテルでよくあるようながっつり朝定食がでるわけでもなく、がっつりビュッフェがあるわけでもなく、数種類のパンやデニッシュ、ヨーグルト、フルーツ、ジュース、あとコールドミートがあればラッキー、それも、パンの種類などは基本的に固定、ってくらいの朝食だというのがわかっていたので、予約前の確認はあっさりメールで聞いてみることにしました。

 

そのメールがこちら。

 

件名:Enquiry About Breakfast Service

 

本文:

Dear Sir or Madam,

 

I am writing to you to ask about your breakfast service.

 

We have an interest in staying with your hotel this summer.  As one of my daughters is allergic to peanuts, I would be grateful if you could let us know whether you have any product that you serve in the breakfast room with peanuts.

 

Your kind attention would be highly appreciated.

 

Kind regards,

 

こんな感じ。

 

訳すと

 

件名:朝食についてのお伺い

本文: そちらのホテルの朝食についておうお伺いしたいことがありメールを差し上げます。

この夏にそちらのホテルに宿泊することを考えております。娘の一人にピーナッツアレルギーがあるため、朝食でお出しされている物の中にピーナッツが含まれている物があるか、教えていただければ幸いです。

ありがとうございます。

 

ってな感じですかね。

 

この中で、

I am writing to you to ~

ってのは、英語のメールでの書き出しの常套句。~をしたくメールをお送りしております。ってやつ。

 

最後の

Your kind attention would be highly appreciated.

これは日本語でうまい訳がみつからないんだけど、「このメールに/ここでしたお願いを見て、対処しようとしてくれて、ありがとう」って感じでしょうか。これも常套句ですね。

まあ、ここは、ぶっちゃけ、I look foward to hearing from you. (お返事お待ちしています)でも、I thank you for your time.((こちらのリクエストに)お時間をいただきましてありがとうございます)でも、Your confirmation would be much appreciated (ご確認いただきましてありがとうございます)でもなんでもいいと思う。

 

本文は、まあ、いかようにも書きようがあると思うんですが、今回の行先の国で、このホテルの価格帯なら朝食は簡易にパンやヨーグルトがぼんっとおかれているだけ(そしてその通りだということをTripAdvisorのホテルの評価欄でも確認をしていた)で、日本のビュッフェのように細かなアレルゲン表示があるとは到底思えなかったのと、それほど種類もないだろう=どれにナッツが入っているかすぐにわかるかな?(すぐわかるホテルなら逆に安心だな)というのがあったので、単純に、「ピーナッツが入っているものがありますか?」という聞き方をしました。

ちなみに、今回は、外から買ってきたパンやフルーツをぼんっとおいているだけだろうということで「product」という書き方をしましたが、がっつりホテルの方が作られているであろう場合には、dishとかのほうがよいかもしれないですね。

 

で、結果的に。

メールを送って30分で(はやっ)返事があり

「ピーナッツが入った物は提供していませんが、ヘーゼルナッツが入ったデニッシュが一つ提供されています。お食事時にお知らせいただければ、ご案内します。他にご不明な点があればいつでもお問い合わせください。ご利用をお待ちしております。」

というものでした。

 

ということで、ホテルの素早い対応に満足できたので、コンドミニアムではなくホテルを使いたいときは、こちらのホテルにけっこうお世話になりました。

 

今日はこんなところで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。