ブログ更新5104回目アメブロ 

京都市右京区嵯峨鳥居本「愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)」

千二百羅漢を彩るように色付く紅葉が印象的

所長休日散策ぶらり~お散歩旅です。

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、称徳天皇(孝謙天皇)が愛宕(おたぎ)郡に愛宕寺を建てられたのが始まりとされる。

一般参拝者が彫った千二百羅漢を彩るように色付く紅葉が印象的です。

ふれ愛観音堂や本堂周辺の紅葉も美しい。

愛宕念仏寺は、いわゆる奥嵯峨と呼ばれる場所にあり、人も少なめで穴場の紅葉スポットです。

もとは東山に建てられたと伝わる古刹で、平安初期に鴨川の洪水で堂宇が流失し、醍醐天皇が天台の僧、千観内供(せんかんないぐう)に再興させて比叡山の末寺となった。

本尊は千手観音像。千観内供は世に念仏上人といわれ、この寺も愛宕念仏寺と称するようになる。

現在地に移ったのは大正時代で、一般参拝者に奉納された千二百体の石の羅漢さんが迎えてくれる。

ふれあい観音堂をはじめ、前住職の仏像彫刻家・故西村公朝作の仏像が多数祀られている。

(ヤフー検索より)

大田日仏寺 (otagiji.com)

☆所長休日散策ぶらり~お散歩旅です。

奥嵯峨にある「愛宕念仏寺」。所長から教えてもらって初めて知りました。

奥嵯峨の紅葉は特別、色が濃く美しいように思います。

これだけカメラ画像で美景に見えるのは余程の紅葉美だと思います。

穴場スポットらしく人も少なくひっそりと紅葉を味わえます。

そして何より一般参拝者に奉納された千二百体の石の羅漢さんに紅葉が映えて何とも言えない素晴らしい様相を醸しています。

ここでしか見られない静寂な絶景です。

「奥嵯峨の紅葉 羅漢さんに見守られて 今年も美しい」

〒600-8216          
 京都市下京区東塩小路町614番地 
新京都センタービル8階
 
(京都駅前)                
 京都駅前税理士事務所
代表税理士・社労士 和田卓也
 

℡075-343-6666
http://ezeirishi.net/
頑張るあなたを応援します!! 

頑張る人が、大好きドキドキ

頑張るあなたに、頑張る税理士です!! 

① にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
クリックお願いしますビックリマーク
②