「選挙戦を終えた翌日から、次の選挙での審判は始まる」


福田の事務所で、昔から徹底されている言葉です。

決して選挙戦の12日間が、審判の時では無い。

役割を託された時から、日々、我々はその必要性を厳しく量られている。


その緊張感を抜くことなく、この4年間を、事務所職員ともども、過ごして来ました。


しかしこの4年は、後半の新型コロナ感染症によって、その緊張感すら、国民の負託に応えるには不足であったのではないか。そう、厳しく自問自答するものでした。


その上で、新たな緊張感と覚悟を持って、今日の日を迎えました。


政治を、国民との信頼の中から、つむぎ直す。

そして、「がんばるあなたを守りぬく!」


行って、参ります。