あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

問題社員や問題経営者などを産業医の目線で切り込んでいく!

             【経営者や人事のかたへ】

いつまで腰かけ産業医を雇いますか。

高い人件費を払うなら、会社にとってプラスになる産業医を雇用しましょう。

一緒に、労働安全衛生の水準を上げて、よりよい環境を作りましょう(^^)

テーマ:

 

はい、どーも!井上です!

 

ストレスチェック制度ってみなさん知ってしますか。

 

2016年から始まった制度なので、今年は3年目ですね。

 

 

ストレスチェック制度が始まった当初は、この制度がどんなものか私も担当する企業で説明していました。

 

その時は私なりに少しでも分かりやすくと思い、次のように話をしていました。

 

『ストレスチェック制度は名前の通り、自分自身のストレスチェックしてストレスの度合いを把握する制度です。この制度が出来るまでは「ストレスチャック制度」になっており、<ストレスにチャックしてひたすら隠しましょう!>ってことになっていました。そんなチャックを全開にしましょう!って感じで、ストレスチェック制度が始まりました!』

 

毎回すべってましたねw

 

全ての従業員の冷ややかな視線が懐かしいです。

 

 

 

さて、このストレスチェック制度を実際に取り組んだこともある人もいるのではないでしょうか。

 

従業員50人以上の企業では義務化されていますからね。

 

けど中には、「うちは従業員50人もいないから関係ない!見た事もない!」と言っている社長さんもいますね。

 

う~ん。実にもったいない。MOTTAINAI。

 

そもそもストレスチェック制度は、会社が全社員のストレス制度を全て把握するぞ!ってモノではないのです。

 

社員の一人一人が、自分でストレスのたまり具合などを把握するのが大前提です。

 

自分で自分のストレス具合を知って、メンタル不調の予防をするのが目的です。

 

その中で、会社は「あの部署はかなり高ストレスな人が多いな…」など把握して、職場の改善などに生かしていくわけです。

 

 

 

そんな年1回のストレスチェック制度ですが、実際はそれ以外にも役立つのです。

 

是非活用してほしいのが、メンタル不調で休職される方に、休職直後にストレスチェックをしてもらって下さい。

 

原本が無くても、「5分でできる職場のストレスセルフチェック」ってのが、厚労省のHPにありますので活用して下さい。

 

一応 リンク 張っときます。

 

いつも紹介する誰かのコラムとは違いますので、安心してくださいw

 

「5分でできる職場のストレスセルフチェック」は57個の質問に答えて、結果が印刷できます。

 

休職直後に、このチェックをやってもらって結果を自分で保管してもらってください。

 

その理由は、この結果こそが休職になる時の限界だと自分で知ってもらうのです。

 

この限界を数値化して客観的にみられるのは、今後復職した時の再発予防にもかなり役立ちます。

 

休職直後でしんどいことを躊躇する人事担当者もますが、ここは休職者のためと思ってしっかり案内してあげて下さい。

 

「ストレスチェック制度ってめんどくせー」って感じで扱ってる企業もい多いのですが、ちゃんとした産業医がいればかなりプラスに活用できる制度になります。

 

 

では、最後にこれだけ言わせてください。

 

 

 

 

 

ストレスにチャックはするな!!

 

しーん。

 

うん、毎回こんな感じでした。

 

では、今日はこのへんで!

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

============

 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


テーマ:

 

はい、どーも!井上です!

 

みんさん、どんな姿勢でお仕事していますか。

 

朝から晩まで、デスクに座りっぱなしの人もいるんじゃないですか。

 

朝に出勤してから、昼ご飯までトイレ休憩1回もいかず、ずっと座りっぱなしの人いませんか。

 

今日はそんな人に向けて、『座りぱなっしは無し!』ってはなしです!

 

 

 

便利な時代になったとの引き換えに、座りっぱなしで仕事する人もすごく増えましたね。

 

そのためか、人間の姿勢についてもかなりの研究が進められてきています。

 

シドニー大学の研究を始めてとして、座り過ぎが寿命が縮めるとの結果が出ています。

 

具体的には、1日11時間以上座っている人は、それ以外の人と比べて3年以内の死亡リスクが40%上昇するデータもあります。

 

お~怖すぎ~。

 

そろそろ病院の診察も立ちながら行う時代が来るのでしょうか…

 

 

でも、なぜ座りっぱなしが体にそんなに悪影響を与えてしまうのでしょうか。

 

立っている時間が長いと、その分足の筋肉を使います。

 

これこそがポイントです。足です!

 

筋肉を頑張って動かすことで、血液中の糖分や中性脂肪が細胞の中に取り込まれるのです。

 

そして細胞内でエネルギーとして使われて、代謝が進んでいくのです。

 

逆に座ってると筋肉を動かすことが少ないので、血液中の糖分や中性脂肪がそのまま残ったままになるのです。

 

そーなると、どうなるか分かりますよね…。

 

糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの怖い病気になっちゃうんですYO!

 

でも仕事中にずっと立っとけ!なんて無茶な話じゃないですか…。

 

じゃどうするか。

 

そもそも、『座りっぱなし』がダメってことなんです。

 

 

 

1時間に2、3分ください!

 

1時間に1回は立ち上がって、その場で2,3分間腕を大きく振って、その場で足ふみして下さい。

 

どっかの軍隊みたいに!


キレ良くいち、に!いち、に!って感じです。

 

最悪1分でもいいです!何もしないよりマシです。

 

『せっかく仕事に集中しているのに嫌だ!』と反論される人もいるかもしれませんね。

 

ただ、死亡リスクを減らせると思うと、その効果は長期的にプラスに考えて欲しいです。

 

少しでも健康に長く働けるようにしましょう。

 

そのように反論する人に限って、運動習慣とかないんですよね…

 

 

オフィス系の企業でも産業医をしている私は、この内容はよく衛生委員会などで提案しています。

 

実は何か所かの企業では、取り入れてくれてみんなで声かけてくれたりしています。

 

ありがたく嬉しい話です。感謝<m(__)m>

 

最初から全部を取り入れて、習得が出来ないのは分かっています。

 

しかしながら、そのことを意識して仕事しているかいないかで、行動に大きな違いが生まれます。

 

私の知ってる人は、その場足ふみは恥ずかしいなどの理由から、1時間おきに立ち上がってストレッチしながらオフィスを1周する方もいます。

 

ちなみに後日談ですが、その人はその習慣を身につけてから、プライベートでもエレベーターを使わず、必ず階段を使うようになったと教えてくれました。

 

こーやって、小さな運動習慣が意識を変えて、どんどん良い方向に進んでいくことがあります。

 

さぁ、みなさんも今日から少しの時間でいいので、手を振ってその場足踏みしてみましょう!

 

いち、に! いち、に!

 

では、今日はこのへんで!

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

============

 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


テーマ:

 

はい、どーも!井上です!

 

夏です!アチチチ~!アチ~!

 

熱中症の季節です!

 

特にエアコンが使えないような、屋外で勤務している人は十分に注意して下さい。

 

 

天気予報では、今日から週末まで近畿地方でも雨が続く予定です。

 

『雨なら気温も下がるし、熱中症の心配はないですね。』って思っている人もいるので要注意!!

 

実は気温だけでなく、湿度にも十分注意しなくてはだめです。

 

気温が25度くらいであっても湿度が80%以上になれば、熱中症になる可能性が十分にあります。

 

湿度の高いムッとした暑さは十分に注意しなくてはいけません。

 

特に夏はスコールのような夕立がありますよね。

 

夕方なので少し気温が下がっており安心できると思いきや、夕立で一気に湿度が高くなって熱中症になる人がいます。

 

 

 

熱中症にならないためにはどのように予防したらよいでしょうか。

 

最近は水分だけでなく塩分もしっかりとる必要があることはだいぶ周知されています。

 

『人間の体の60%は水分です!』と言われていますが、ただの水ではなく塩水と考えておきましょう。

 

だから汗はしょっぱいのです。

 

この体の塩水に、水ばっかり体に入れてしまうと、どんどん塩分濃度が薄まってしまうのです。

 

だから塩分の摂取も必要なんです。

 

塩分摂取の目安は、麦茶500mlに対して梅干し1個と言われています。

 

ただ毎日、梅干しを持ち歩いている人はいないですよねw

 

今は塩飴なども普及して簡単に塩分が摂取できるようにっているので、うまく活用してください。

 

面倒な人は、ポカリなどのスポーツ飲料で水分補給して下さい。塩分もばっちり含まれているのですが、糖分も多いので、糖尿病の人は『麦茶 + 塩飴』の方がいいですね。

 

 

またお茶の中でも、緑茶で水分補給はやめて下さい。

 

緑茶にはカフェインが含まれており、利尿作用があります。

 

その結果、何度もオシッコにいくことになり、体の中で脱水が進んでしまいます。

 

この暑い時期に、お客さんに緑茶を出す会社は『分かってねーな!』って思っていますw

 

 

 

さらに、勘違いしている人が多い事をお話します。

 

熱中症になった人がそばにいた時どうしますか?

 

体温を下げてあげたい気持ちから、冷たい水を体全体にぶっかける人がいます。

 

これは絶対にやめて下さい!

 

人間の体は、体温を下げる時は血管が拡張して体内の熱を外に逃がしているのです。

 

そんな時に冷水を急に体にかけると、血管が収縮します。その結果、体内の熱が逃げれなくなってしまいます。

 

なので、表面的な温度は下がるかも知れませんが、体内の熱が全く逃げれない状態になります。

 

では、高体温の時はどのように対応したらよいか…。

 

 

それは、35度くらいのぬるま湯を霧吹きで体全体にかけてあげて、うちわで扇ぐことです。

 

これは気化熱を利用して体温を下げているのです。

 

この時期は病院の救急外来には、たくさんの熱中症の患者さんがきます。

 

実は救急室の中でも同じように、体温を下げるような工夫をしています。

 

さすがに室内なので、うちわではなく扇風機を使用していますがw

 

 

 

そもそも熱中症って、誰もが知ってる病気であるのに、毎年亡くなる方がいるような怖い病気である認識が薄いです。

 

残念なことに、すでに今年も熱中症で死亡されている方がいます。

 

熱中症に対して、油断は禁物です!

 

熱中症は発症する時期も分かっているハズなのに、まだまだ正しい知識が広まっていないです。

 

いつも言っていますが、正しい知識をしっかり身につけて日々過ごしてください。

 

分からなければ専門家に聞くこと!そのスタンスをお忘れなく!

 

では、今日はこのへんで!

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

============

 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス