あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

あなたの会社は大丈夫?関西発!たたかう産業医!

問題社員や問題経営者などを産業医の目線で切り込んでいく!

             【経営者や人事のかたへ】

いつまで腰かけ産業医を雇いますか。

高い人件費を払うなら、会社にとってプラスになる産業医を雇用しましょう。

一緒に、労働安全衛生の水準を上げて、よりよい環境を作りましょう(^^)

 

 

 

はい、どーも!井上です!

 

 

 

関西を中心に精神科医かつ産業医しています!

 

 

 

ラフな人生をめざしていきましょう(^^)

 

 

 

 

最近はだいぶん、夜が寒くなってきましたね。

 

 

 

 

昼と夜の気温差の影響をうけて

 

体調を崩す人も多いです。

 

 

 

 

みなさんは、大丈夫ですか。

 

 

 

 

 

さて、そんな少し寒くなってきた夜に、

 

夜に靴下をはいて寝る人もいるみたいですね。

 

 

 

 

 

しかし、これは、医学的な視点からは

 

全くお勧めできません!

 

 

 

 

たとえ、冷え症であっても、お勧めできません。

 

 

 

 

では、今日は、冷え性であっても、

 

靴下をはいて寝るのはお勧めできない理由

 

お話していこうと思ういます。

 

 

 

 

 

 

急ですが、ここで1つクイズです。

 

 

 

人間が、眠たくなるには、

 

体温は上がっているでしょうか、

 

それとも下がっているでしょうか。

 

 

 

 

 

実は…

 

 

自然な睡魔は

 

体の深部の体温が下がっている時におこります。

 

 

 

 

 

こんな話をしていると…

 

『あれ?眠くなったら、体がポカポカしているぞ…』

 

と、感じる人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

その感覚は正しいです。

 

 

 

 

体の深部の体温を下げるために、

 

体の表面から、熱を逃がす必要があるのです。

 

 

 

 

 

つまり、深部の体温をさげるために、

 

手や足の表面から、熱がぽわ~~を逃がしています。

 

 

 

 

そのため、ポカポカした感覚になります。

 

 

 

 

 

では、この時に靴下をはいてしまうと

 

どうなるでしょうか。

 

 

 

 

そうです!

 

 

 

足から、この熱を上手く逃がすことが

 

出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

なので、寝つきが悪くなったり、

 

寝つけても、浅い睡眠が、続いたりする可能性があります。

 

 

 

 

 

『そうは言っても…私、冷え性だし…』

 

って人もいますよね。

 

 

 

冷え性によって、足先が冷たくて、

 

そのせいで、逆に寝つきが悪いも人もいます。

 

 

 

そんな人には、おすすめなモノがあります。

 

 

 

 

 

 

それは、湯たんぽです。

 

 

 

湯たんぽと聞くと、

 

『少しふるくさいな~』といったイメージを

 

持つ人もいるかも知れません。

 

 

 

 

 

しかし、最近は、

 

湯たんぽの素晴らしさを見直されて

 

おしゃれな湯たんぽも発売されています。

 

 

 

 

 

この湯たんぽの、何が良いかというと、

 

自然と温度が下がっていくところです。

 

 

 

 

最初はお湯を入れているので、

 

寝始めの時は、足元がポカポカと温かいです。

 

 

 

 

しかし、湯たんぽのお湯は、

 

自然と徐々に冷めていくので、

 

ずっと足元を温めてくれる訳ではありません。

 

 

 

 

これによって、

 

深部体温が下がることをブロックしないので、

 

お勧めできるのです。

 

 

 

 

 

では、同じように考えたら、

 

電気毛布はどうでしょうか?

 

 

 

 

そうですね。

 

 

 

電気毛布も一晩中つけていては

 

いい睡眠がとれません。

 

 

 

 

それは先ほどと同じように、

 

深部の体温が下がりにくくなるからです。

 

 

 

 

 

そのため、お勧めの方法としては、

 

タイマー設定です。

 

 

 

 

30分~60分くらいで、

 

電気毛布の電源がOFFになるようにすれば

 

湯たんぽの効果と同じように使えます。

 

 

 

 

 

 

今日は、寝る時の靴下はなぜNGなのかについて

 

お話していきました。

 

 

 

 

 

意外と、その理由まできっちり知っている人は

 

少なかったりします。

 

 

 

 

 

どうしても、足元が冷えて寝れない人は、

 

ぜひとも、湯たんぽなどを活用してみて下さいね。

 

 

 

 

 

たくさんの人が、

 

少しでも、正しい医学知識を日常生活に取り入れて

 

過ごしやすい毎日を送れることを願っています。

 

 

 

 

 

では、今日はこのへんで!

 

 

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

 

 

 

=(下記、”お願い”です。ペコリm(__)m)=

 

 

 

2019年8月7日、私の本が出版されました!

 

「職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全 」

 

ぜひとも、買って読んでみて下さい!

 

 

本屋さんに在庫たくさんありますw

 

 

ネット購入は、下記のいずれかからヨロシクお願いします。

 

 

 

① アマゾン

 

② 楽天

 

オムニ7(セブンネット)


④ honto 


⑤ ヤフー 

 

 

=============

 

 

 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)

 

 

============

 

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

はい、どーも!井上です!

 

 

 

関西を中心に精神科医かつ産業医しています!

 

 

 

ラフな人生をめざしていきましょう(^^)

 

 

 

 

HSPさんは、生まれ持ったその気質にて

 

敏感に、人並み以上に空気を読んでしまいます。

 

 

 

 

空気を読んで、自分の考えなどは、後回しにして

 

相手の気分を損なわないように、必死に振舞います。

 

 

 

 

実は、そんなHSPさんは

 

将来や未来のことに対して、

 

不安を感じる人が多いのです。

 

 

 

 

 

今日は、そんなHSPさんの

 

未来への不安を感じる理由などについて

 

お話していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

HSPさんが、敏感に空気を読むということは、

 

もっと、具体的にはどのようなことでしょうか。

 

 

 

 

それは、HSPさんが、

 

色々と、将来的に起こりうることに対して

 

考えを巡らせているのです。

 

 

 

 

その考えを利用して、

 

相手に不快な思いをしないように

 

十分に気をつけているのです。

 

 

 

 

たしかに、これはポジティブに考えると

 

危機管理能力として、

 

力が発揮されていることになります。

 

 

 

 

 

しかしながら、裏を返せば、

 

 

・こんなことが起こるのではないか…

 

・あんなことが起こるのではないか…

 

 

と、常に不安を抱え込んでいることになります。

 

 

 

 

このような理由で、HSPさんは

 

未来に対して、不安になりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

HSPさんの、この気質が

 

上手く仕事や日常生活にピッタリ当てはまって

 

知らぬ間に活用されている時があります。

 

 

 

 

そのような時は、HSPさんも

 

そこまで生きにくさを感じません。

 

 

 

 

危機管理能力が高いということなので、

 

何ごとにも慎重に取り組むことが出来ます。

 

 

 

 

例えば、研究職のように、少し時間がかかったしても、

 

確実に慎重にこなしていくスタンスの立場なら

 

そこまで影響が出ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

今日は、多くのHSPさんがなぜ、

 

未来のことに不安を抱えているかについて

 

お話しました。

 

 

 

 

 

実際に、そのHSPさんの気質が危機管理能力として、

 

実生活と上手くマッチして、

 

能力が発揮されていたらいいですね。

 

 

 

 

 

しかし、みんながみんな、

 

そのような立場にはいないでしょう。

 

 

 

 

 

そんな時は、少しでも”今”に集中して

 

モノゴトを考える必要がありますね。

 

 

 

 

 

 

その具体的な方法として、

 

不安を紙に書き出す手法などを

 

私の書籍 (下記にリンクあり!)にも記載していますので、

 

また参考にしてみて下さいね。

 

 

 

 

 

もちろん、引き続き、このブログなどでも

 

色々な方法を紹介していこうと思いますので、

 

引き続きよろしくお願いします(^^)

 

 

 

では、今日はこのへんで!

 

 

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

 

 

 

=(下記、”お願い”です。ペコリm(__)m)=

 

 

 

2019年8月7日、私の本が出版されました!

 

「職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全 」

 

ぜひとも、買って読んでみて下さい!

 

 

本屋さんに在庫たくさんありますw

 

 

ネット購入は、下記のいずれかからヨロシクお願いします。

 

 

 

① アマゾン

 

② 楽天

 

オムニ7(セブンネット)


④ honto 


⑤ ヤフー 

 

 

=============

 

 

 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)

 

 

============

 

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

はい、どーも!井上です!

 

 

 

関西を中心に精神科医かつ産業医しています!

 

 

 

ラフな人生をめざしていきましょう(^^)

 

 

 

 

 

うつ病で治療していると、

 

特に最初の方は

 

すぐに経過が良くなるわけではありません。

 

 

 

たしかに薬の治療であっても、

 

のみ始めてから、すぐには結果が出ません。

 

 

 

 

そのため、患者さんのなかには

 

途中で、本当に治療が必要かどうか不安になってきます。

 

 

 

 

 

「ちょっと休めば、よくなるのでは…」

 

との考えがよぎることもあり、

 

病院を自分の判断で、中断してしまうことがあります。

 

 

 

 

今日は、このような時に

 

一体、何が起こっているのかについて

 

お話していきましょう。

 

 

 

 

 

 

実は、この物事をネガティブに考えてしまうこと

 

症状の1つであることも多いです。

 

 

 

 

さらに、症状の中で、焦燥感(焦り)が強いと、

 

なかなか症状が良くならない事ばかりに目がいってしまって、

 

治療の必要性が分からなくなってきます。

 

 

 

 

 

これを心理的な視野狭窄といって、

 

悪いコトばかりにしか見なく状態です。

 

 

 

 

これは非常に危険な状態でもあるのですが、

 

なかなか一人では、気持ちを切り替えるのは難しいです。

 

 

 

 

 

だからこそ、治療が必要になるのです。

 

 

 

 

治療と一言でいっても、様々な方法が存在します。

 

 

 

 

 

たしかに、一番最初に思いつくのが、

 

恐らく薬の治療でしょう。

 

 

 

 

しかし、それ以外にも心理療法です。

 

 

 

 

 

心理療法は、主治医も行うのですが、診察中に

 

薬や病気の説明などをしていると

 

どーしても診察の時間が短くなります。

 

 

 

 

 

そのため、カウンセリングなどはとても有効です。

 

 

 

カウンセリングは、話を聞いてもらうだけのイメージが

 

強いですが、実際はそんなこともありません。

 

 

 

 

何よりも自己の理解につながります。

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

なぜ、このような状態になったのか。

 

事前に、どのようなサインが出ていたか。

 

 

 

 

実際に、自分自身が

 

心理的な視野狭窄になっていることにすら

 

気づけていない人もたくさんいます。

 

 

 

そのような人が、心理療法を受けることで

 

自分の状態を改めて見直すチャンスになります。

 

 

 

 

 

 

実は否定的な言葉や考えが浮かんできて、

 

「今のままで大丈夫だろうか…」と、

 

悩むことが病状です。

 

 

 

その病状に、左右されて、

 

 

・この薬はいらないや

 

・治療なんていらないや

 

 

と、自分で判断するのは絶対にやめて下さい。

 

 

 

 

疾患の特性上、どうしてもネガティブな考えが出てきやすく、

 

その症状をとるために治療が必要です。

 

 

 

最初はゴールも見えないマラソンを

 

走っているような感覚になりますよね。

 

 

 

 

しかし、まずは主治医を信じて治療を継続することで、

 

今まで見えなかった支援者がいることに気づき、

 

安心した環境で、治療が継続できるようになります。

 

 

 

 

大丈夫ですよ(^^)

 

 

 

 

では、今日はこのへんで!

 

 

 

See You Next Time Bye-Bye!!

 

 

 

 

=(下記、”お願い”です。ペコリm(__)m)=

 

 

 

2019年8月7日、私の本が出版されました!

 

「職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全 」

 

ぜひとも、買って読んでみて下さい!

 

 

本屋さんに在庫たくさんありますw

 

 

ネット購入は、下記のいずれかからヨロシクお願いします。

 

 

 

① アマゾン

 

② 楽天

 

オムニ7(セブンネット)


④ honto 


⑤ ヤフー 

 

 

=============

 

 

 

(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)

 

 

============

 

 

これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)

    ⇓


人気ブログランキング

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ