薫風
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

涸沢紅葉狩りの行き方



涸沢カールのもみじは日本一美しいと言われています。でもそこへ行くには誰でも山道を16 km歩いて行かなければなりません。
一番簡単な方法は山小屋に泊まることです。しかし山小屋の予約は一か月前からいっぱいになってしまいます。紅葉が一番美しいのは年に3日ぐらいと言われていますが、1ヶ月前からお天気を予想するのは困難です。
確実に美しい風景をを見ることができるのは涸沢カールにテントを張ることです。モルゲンロート眺めながらビールでも飲むのは最高の贅沢です。
でも重いテント装備を16 km 背負いのぼるのは簡単ではありません。
そこで私は考えました。途中の横尾でテント張り、日の出前に出発、夜明けまでに到着。昨年試してみましたがなかなかよかったです。
今年はもっと楽しようと横尾の手前の徳沢園でテントを張り空身で涸沢カール往復。しかしこのプランは空身とはいえ20 km 越えの長距離を歩かなければなりませんでした。


今回コロナのせいで例年の年より
登山者が少なくて、トレイランで日帰りする人もたくさんいました。できれば私もそうしたいけど絶対に無理ですね。
涸沢の紅葉狩りに行く方法の最良の方法はテントで涸沢カールに一泊です。


体力のある方は日帰り、体力のない場合は横尾で一泊、それより体力のない方は二泊すれば確実に絶景が見られます。



新型コロナは 世界を救う

人類の 人口が これだけ増大した 現在、 新しい 感染症が 次々に 現れる のは 必然である。

世界中で 患者が増えて 医療崩壊が 始まっている。 日本においても 医療関係者の 努力 において なんとか 持ちこたえている ようだが、 このままのペースでは もう数日で 限界を超えてしまう。

その時に 何が必要か。
一番に 命の 選択が 求められる 。 我々はすでに戦争や 大規模災害で 経験済みだ が、 改めて 大きな 痛みを 思い知る。

ワクチンや 治療薬のない 現在 感染を 少なく するには、 人と接しない ことのようだが、 そうすると 生活できない。
仕事や 授業も 可能な限りネットで 行い、人の移動を制限すれば、 環境にも優しいし 各々の時間の節約にもなる。

行き過ぎた 自由経済の進行で、 世界は 大混乱 している。 例えばマスク一つでも 自国で生産できず 輸入に頼っていると 今回のような 危機に対応できない。 今後は各国が安全保障の観点から 一定の量の 自国生産を 進めるであろうから 自由貿易にも一定の 制限が 行われるだろう。

一部の国では細菌兵器 など 開発しているようだが、 今回の 教訓 により 自国民まで 被害に及ぶので 保有が 無意味になる。

 

新型コロナは世界を変える

隠居の自分は何も出来ないが、こたつに座ってテレビを見ながら思う。
今の自民党政権 が あまりにも頼りなくて 不安。 新型コロナの 蔓延が もう2ヶ月前から予想されたのに、 台湾の 対応に比べ あまりにも遅く 的外れな ことばっかり。
例えば 検査の数を制限しているように、 危険から目を逸らし ずっと閉じこもっているような 政策では、 現状を把握し適切な 政策なんか できるはずがない。

思うに今の日本は、 テレビでさえも 日本は素晴らしい との 自画自賛の 番組ばかりで 、 古来より 積極的に海外の進んだ 文化を 取り入れてきた 気概がない 。 既得権を 失う ことばかり 恐れて 新しい 世界を作ろうと言う ことがないので 世の中から取り残されている。 

今回の 新型コロナは ある意味世界を変える絶好の好機 かもしれない。
次のブログで爺さんの戯言の改革案を掲載予定。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>