翌日着る服を前日に用意します。
人によっては、その日の朝、その時の気分で、その日着る服を決めるって方もいらっしゃいますね。もしくは、1週間分のコーディネートを日曜日に決めてる人もいるかも。

さておき、僕は前日に着る服を決めます。
まずは靴から。
そして、靴を基準に上着、ズボンと靴下を決めていきます。

この日選んだ靴はGaziano & GirlingのCambridge 


2年前に購入しました。



いい靴ですよね。
ガジアーノガーリングはそのプロポーションもさる事ながら、エドワードグリーンよりも履き心地か柔らかく、馴染みがいいのが特徴ですね。





あとはローテーションで自然と決まっていくものなんですけど、この日はアットリーニのホップサックにタイユアタイ名のGイングレーゼのシャツ。このシャツはピュアリネン。それに、エルメスのヴィンテージタイにシブミベルリンの浮世絵柄のポケチの組み合わせです。
ネクタイとシャツってのは、コーディネートの中核ですね。
ジャケットの良さを生かすも殺すも、シャツとネクタイ次第。
クローゼットの前で悶々と組み合わせを考える時間が案外楽しくて、ついつい長居してしまうこと、ありますよね。

…ないですね、はい、すみませんね。

で、仕上がったのがこちらで、ございます。





なお、ズボンはロータのフレスコチャコールグレー。

最近は仕事も上手くいっているようで、そうでもなく、忙しなくしている割には収益に繋がらず、フラストレーションの溜まる日々を過ごしてるのですが、着る服を考えてる間はそういった煩わしさを忘れられます。さらにコーディネートが上手くいくとそれだけで機嫌よく一日過ごせるので、服好きってのは最高のライフハックですよね。