新潟の司法書士ブログ

新潟の司法書士ブログ

司法書士法人トラスト代表社員、土地家屋調査士、行政書士

 

司法書士法人トラスト 代表社員 関です。

 

 

司法書士業務は、よく「差別化」できないと言われます。

 

 

例えば弁護士さんと比較してみましょう

 

ある事件がありまして、弁護士さんに訴訟を依頼したいと考えています。

 

弁護士さんにも得意不得意、力量の違いがあると思われますので、同じ事件でも誰に依頼するかによって次のように結果が

 

変わってくるかもしれません。(極端な事例かもしれませんが)

 

A弁護士  200万円回収

B弁護士  100万円回収

C弁護士  敗訴

 

 

 

しかし、司法書士の主要業務である売買による「所有権移転登記」、仮にA所有の不動産をBが購入の場合

 

どの司法書士に依頼しても

 

A⇒B となる必要があります

 

凄腕司法書士?がA⇒Cとしたら大問題になります

 

 

結果が同じということは、値段での勝負になりがちということも否定できません。

 

 

 

住宅を購入する場合,値段だけで決めるのではなく、「高くても立派な家に住みたい」とか、

 

洋服を買う場合にも「高くても立派な洋服を身に付けたい」ということも多いでしょう

 

しかし司法書士の場合、高くても「立派な登記」とか安くて「貧相な登記」とかはなく、同

 

じ登記なのです。

 

 

このように弁護士さんや住宅、洋服と比較しても差別化しにくいことは確かなのかもし

 

れません。

 

 

 

しかし、差別化が全くできないのでしょうか。

 

保険会社の営業を見てみましょう。

 

全く同じ商品を取り扱っているはずですが、売れる営業マンと売れない営業マンがい

 

るはずです。

 

住宅会社の営業も同じです。

 

 

 

司法書士の登記も十分差別化が図れるのではないでしょうか。