tapi旅*おかわりトルコ!イスタンブール

tapi旅*おかわりトルコ!イスタンブール

何度も「おかわり」したくなる国、トルコの魅力と魔力を噛みしめながら発信中




テーマ:

イスタンブール暮らし

最後の1年を過ごした家。

 

ハンバーガー大国からやってきた女子×2名が

ルームメイトだった。

 

ふたりとも結構な年数(3~5年)

イスタンブールに住んでいるけど

基本的に、トルコ語を話さない。

 

英語ネイティブってさ

やっぱお得よね~。

 

外国に出たって

基本、母国語オンリーで

生き延びて行けるんだから。

 

 

私が家を出たあと

新しく入居したのは

これまた、ハンバーガー大国女子!

だったらしい。

 

私が一緒に住んでいたふたりは

同じ国の出身でも

キャラクターが全然違って。

(そらそーだ。一括りになどできません。)

 

第1ハンバーガーちゃんは、とにかくアクティブ!

止まったら死ぬタイプなんだと思う。

 

フリーで働く彼女は

毎日必ず、3~5回は家を出入りする。

トルコ国内/海外問わず

毎月必ず、夏場なんて月に数回

旅行に出かけていた。

 

友達も多く、

家に友達が出入りすることも

頻繁にあった。

 

一方の、第2ハンバーガーちゃんはというと

筋金入りの引き籠り。

 

生きてる?大丈夫??

って心配になることが、何度もあった。

 

実際のところ何をしているのか

友達がいるのかもナゾで

基本、夜行性だった。

 

お酒とタバコのにおいが常にする

まさにそういう子だった。

 

でもとっても優しくって

家のことで問題が起きるといつも

(トルコ人の大家と揉めること、多々ありw)

率先して動いてくれていた。

 

 

先日、久しぶりに

第2ハンバーガーちゃんから連絡が来た。

 

「たぴ、元気?

ちょと聞きたいことがあるんだけど。

 

第1ハンバーガーがこの家から引越すことになって

荷物をまとめてるみたいなんだけどね。

アナタがこの家に置いて行ったものを

第1ハンバーガーが、新居に持って行こうと

してるみたいなの。

 

アナタが置いて行ったものって

この家じゃなくて、彼女のためなのかな?

くだらないこと聞いてごめんね!」

 

 

・・・笑

なんかそういう感じ、懐かしい。

ルームシェアあるある、だよね。

さらに、続きにはこうあった。

 

 

「でも、私、アナタが置いて行った

小さな緑の片手鍋が、本当に気に入ってて。

 

デザインが美しいし、あの鍋を見ていると

アナタがいい匂いをさせながら

日本の料理を作っていたことを

思い出すから・・・。」

 

 

って、だいぶ想い入れありますな!笑

ちなみに、第2ハンバーガーちゃんは一切料理をしない。

1年間一緒に住んでいて

1回も料理している姿を見たことがない。

(外食かデリバリーで済ます。主食はビール。)

 

小さな緑の片手鍋を

たいそう気に入っているものの

活用しているわけではないw

 

一方の第1ハンバーガーちゃんはというと

毎日必ず自炊をする。

 

 

まぁ、私としては正直

第1ハンバーガーちゃんが新居で活用してくれても

第2ハンバーガーちゃんがいとおしく眺めてくれても

どっちでもいいわけですが。

 

そもそも、どっちかひとりではなく

ふたりのために数々のグッズを置いて来たので

 

「ふたりで話し合って決めてね!」

と、回答しておいた。

 

 

私の遺品wを

あまりにも大切に想ってくれてるようだから

第2ハンバーガーちゃんには言ってないけど

 

その小さな緑の片手鍋・・・

トルコのIKEAで買えますYo!

(私も友達からおさがりでもらった。)

 

平たい顔族が置いて行った

小さな緑の片手鍋をこよなく愛し

日本食の匂いまで思い出す

第2ハンバーガーちゃん・・・♡

 

日本から気持ちだけ

ハグハグしておきましたとさ。

 

 

 

久しぶりにこの景色を♡

イスタンブールの中でも

この街に導かれたことに感謝!

大好きな街。

 

 

ご愛読ありがとうございます!

↓ポチッと押すとランキングに反映します。

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス