内山真琴幹事・のうえんカフェ


所属する稲毛区倫理法人会で、袖ケ浦市倫理法人会幹事の、内山さんによる、のうえんカフェの講話がありました。


女性らしい、等身大で肩の力の抜けた、共感を大切にする経営の姿勢、

それでいて自衛隊出身らしい、信念ある姿勢は、

とても素敵でした!





私も副会長として、久しぶりに進行係りを務めました。声が大きいのが、お役に立てたなら幸いです。




ーーー


フライトアテンダントのあと、自衛隊に入隊。

結婚を機に専業主婦へ。子供3人。

農園カフェ…四年前に法人化

http://www.nouen-cafe.com



元々は、ゴルフ場に芝を卸す、芝農家

ショートコース、ラーメン屋…客が一人も来ないときも



農園カフェ←7年前に祖父が亡くなったとき

なんとかしたいと思って、始めた。自分だったらどんなお店に行きたいか、コンセプトを上げて取り組んだ



希望する5点

1.ゆっくり話せるお店…女性は話に来てる

2.気兼ねしない店…お洒落に疲れない

3.家計に響かない店…子育て世代でも

4.子連れでも入りやすい

5.ボリューム多い店



コンセプト2つ

・回転率を上げないこと。…リピートにつながる

・原価率は50%に抑える…有名になることこそ利益と定義。

→利益とマーケティング論に、真逆。しかしそれは経営者目線。それを無視することで、顧客目線に立ちやすい



はじめのこども園…保育園なのに教育してくれる!素晴らしい!と思っていたが…負担

そこで新しい幼稚園…園舎ボロボロだけど、制作物がすごい。必ず声かけてくれて、子供の様子が手に取るようにわかる。利用者ニーズに応えている。

そんな店を作りたい。



娘の宿題をきっかけに、看板メニューを考案した…巨大なロールキャベツの、キャベツグラタン。

はじめは、捨ててばかり。やめたくなったが、3か月後、終わりにする予定のときには、行列のできるお店に変身できました。



いろいろな媒体で紹介してもらったが、広告費はゼロ。お金なかった。

代わりに、お客さんが、フェイスブックに掲載してくれたら、230円のプリンをサービス。



メディアに出る秘訣…ネタ、口コミ、ホームページ

・ネタ…看板メニュー、経歴の面白さ、地元農家との協力

・フェイスブックに上がってくる

・SEO対策



私が得た利益…

・お金と別の利益を追求する

・難しいのは、農家との販路確保、客に手に取ってもらうこと。

有名になればやりやすくなる

・朝、売り物にならない野菜を、店の前に置いてもらっている

・スタッフ…フェイスブックで募集。ファンしか来ない。

夢や得意分野を持って、と皆に言ってる

水曜の定休日に、好きなことをしている。賄いも余り物で作っている。




順番が逆の経営。

でもリスクが少なく、できた。

今後は、個人経営から、会社経営に。二号店、三号店を出した。野菜を美味しく食べられる店



食と農業に関する、テーマパークを作りたい。

収穫体験、障害抱えた子供でもできる、DVなどで受け容れ困難な人を受け容れがいつかできるようにしたい