2015-10-01 10:56:00

寺岡賢先生講話!

テーマ:Simplog
投稿写真

投稿写真

投稿写真

寺岡賢先生講話!

伊勢修養団の、寺岡先生の講話を聴きに、政経倶楽部東京に参加しました。
いつもお世話になっている寺岡先生の講話ですが、今日も大変感激し、勉強になりました。

ーーー

日本は、繁栄、安定、継続。
100年企業が日本には29,000社ある。
200年企業は世界に7000社あるが、そのうち日本には5000社ある。


企業の最も大事なのは、創業の精神。
国の場合も、天孫降臨。


神話はなぜ大事なのか? 先人が何を見ていた、尊敬していたのかを知るため。
イスラエルでは、神話を忘れた民族は必ず滅びる、という。


同時に、偉人伝。
イギリスに留学した日本人は、東郷平八郎のことを知らなかった。
日本を知り、立派な偉人、憧れの人を教えることが大事。


アメリカが抜き去った、3つの心
1.宗教心…畏敬の心
2.道徳心…教育勅語
3.歴史

宗教心の排除が進んでおり、ブラジル人なども来てるのだから、給食で「いただきます」も言わなくなった。


天孫降臨。
天照大神は瓊瓊杵命に「知らせ」と命じた。徳で治める。
逆は、うしはく。
フォルクスワーゲンのような、株主だけを考える経営は、うしはく。
日本では皇室は国民を大御宝と呼ぶ。
三種の神器も、磨くもの。


大和言葉だと、
母さん…カッカと明るい
父さん…貴いひと

カガミから、ガを取ると、カミ

世直しは、余直しである…誰かのせいにしない。

子供は親の鏡である。
…中山先生は、子供がタバコを吸って捕まったとき、肩を組んで帰った。


陛下は、すべては自分の責任、と考えられている。
在位中に2度も震災があったことを、悲しまれている。



民に 利(くぼさ) あらば
なんぞ聖造にたがわむ



陛下の思いに国民が応えてきた、という国。
陛下はなぜパラオに、今年4月、行かれたか?

パラオはスペインの植民地だった。ひどい統治で、人口は10分の1になった。そのあとドイツに売却、そのあと日本が統治となった。
まずやったのは、教育。衛生の向上。インフラ整備。
決して上から目線ではなく、学校建設なども一緒にやった。

いまの日本人もそう。
イラク駐屯で復興支援したとき、外国軍は、5時になると、終わりになる。
日本の自衛隊は、5時になると、皆さんお帰りください、あとは我々がやっておきます。

ペリリュー島には、当時東洋一と言われた滑走路があった。
中川大佐が守備隊。10000人。
現地人は、日本の兵隊と共に戦おう、と決めた。
中川大佐に言いに行ったら、貴様ら土人と戦えるか!と反対。悲しかった。
現地人達が仕方なく、船で出航したとき、日本軍が笑顔で見送ってくれた。現地人達はみんな泣いた。

米軍は4万人。上陸前に17万発の爆撃をした。
そして1万人か上陸したとき、なんと6000人が死傷。ほぼ全滅。
3日で落とせると言われていたが、70日以上かかった。
我々が1日でも抵抗をつづければ、家族が1日生き延びる。玉砕も禁じた。

浜は血で真っ赤に染まり、オレンジビーチと呼ばれた。
遺体がたくさん残ったのを、現地人は埋葬してくれた。
アメリカはパラオの教科書に、日本がこんなにひどかったからアメリカが来た、と書いたら、これは違う!と反対が起こった。反日教育ができなかった。


陛下は長らく、英霊を弔いたい、と思われていた。ゆえに今回のペリリュー訪問となった。

陛下は今日も、国平らかに、民やすかれ、と祈られている。
昭和天皇陛下は戦争後も、すぐマッカーサー元帥のところに行き、自分はどうなってもいい、国民を救って欲しい、と言った。皇室の財産目録も持っていき、そのために使って欲しい、と渡した。


皇居の前は、米軍占領後、
皇居の中が荒れていたので、
宮城県の青年団を皮切りに、
皇居勤労奉仕が始まった。
それが日本中から集まり、これまで120万人にもなった。

自分のことを大切にしないと、ひとを大切にできない。
そのためには、自分の国に誇りを持つこと。
それには、過去に学ぶこと。

特攻隊の皆さんも、いま自分が命を捨てることで、必ず後生の人が継承してくれると信じて、行った。
我々は命の継承者。いい国にしていきましょう。







いいね!した人  |  リブログ(0)

tanumaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース