2013-08-29 08:00:00

夢と感動の偉人伝(36)会津藩と松平容保①

テーマ:いどばた稲毛
 今年の大河ドラマ『八重の桜』の舞台である会津藩。会津藩は多くの藩が新政府軍につく中、幕府への忠義を貫きました。その象徴的人物に、
「義に死すとも不義に生きず」
の名言で知られる若き藩主・松平容保がいます。

 幕末の京都は尊王攘夷運動の中心となり、天誅が相次ぐなど激しく治安が悪化していました。そのため幕府は、容保を京都守護職に指名。しかしこの時、幕府の権威はすでに失墜しつつあり、京都守護職として治安責任を負うのは、まさに火中の栗を拾うこと。家臣は会津藩の存亡に関わるとして猛反対をします。

 しかし、容保は反対を押し切り、守護職を拝命。
藩祖・保科正之の
「将軍に尽くすを藩の使命とし、徳川宗家と盛衰存亡を共にすべし」
という遺訓、そして容保が持つ幕府への強い忠誠心が、自らの身は顧みず、守護職の就任へと突き動かしたのです。

 この結果、大河ドラマでお分かりのように、会津藩は悲劇の歴史をたどります。容保の判断が正しかったかはわかりません。
 しかしながら、厳しい局面でも忠義を貫くという、日本人の美しい精神を、身をもって後世に伝えてくれました。新撰組も同様です。多くの藩が戊辰戦争の際、無節操に官軍に恭順する中、会津の忠義があったことを、私は日本人として誇りに思っています。

(『いどばた稲毛』2013年2月号掲載)

千葉から、日本維新! 日本維新の会・田沼たかしの挑戦-松平容保
(写真の出典:Wikipedia)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

tanumaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース