晴耕雨読 -田野 登- -2ページ目

晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

年末年始、部屋の整理をしていた折、
『輸送奉仕の五十年』1955年、阪神電気鉄道(株)を
掘り出しました。
この記念誌には
「大阪毎日」の*明治38(1905)年4月11日付に
「阪神電気鉄道開業/明12日より」の
新聞広告の写真が掲載されています。

さらに同誌には、
「鉄道唱歌」の阪神電車版というべき
「阪神電車唱歌」ばかりか、
この唱歌と関連する歌謡の歌詞が
掲載されています。

「鉄道唱歌」を*『広辞苑』には
次のとおり記述されています。
  *『広辞苑』:新村出編2008年
       『広辞苑第6版』岩波書店

◆唱歌集。大和田建樹作詞、
 多梅稚・上真行ほか作曲。
 駅名と沿線の風物をうたう。
 1900年(明治33)刊。
 第1集東海道、第2集山陽・九州、
 第3集奥州・磐城、第4集北陸、第5集関西・参宮・南海。
 「汽笛一声新橋をはや我が汽車は離れたり…」の歌詞が
 広く親しまれ、類似のものが続出。

「阪神電車唱歌」には、「駅名と沿線の風物」が歌い込まれ
「鉄道唱歌」の「類似のもの」に違いありません。

大阪市立中央図書館に
冊子『阪神電車唱歌』が所蔵されていました。
以下の写真は、撮影および翻刻等許可を得て掲載します。
写真図   『阪神電車唱歌』表紙

「大和田建樹先生作歌」「田村虎蔵先生作曲」とあり、
作詞者が「大和田建樹」であるところから
一連の「鉄道唱歌」の一つです。
奥付には、
発行日を「明治四十二(*1909)年四月五日」、
発行者を「市田元蔵」、
発売元を「田中青柳堂/阪江文港堂/市田昇文館」と
記しています。
発売元はいずれも大阪市内の本屋です。

この『阪神電車唱歌』に対し、
「宣伝歌謡二篇」については、同誌所載
*松浦充実「海水浴場のはじまりは打出」の
「付 宣伝歌謡二篇」に次の記事があります。
 *松浦充実:阪神開業前後の
  明治36(1903)~40(1907)年までは重役付として在社。
◆その頃友人と合作した沿線紹介のための端唄と唱歌を、
 これも思い出のしおりとして付記させていただこう。

まず、端唄作曲の経緯が綴られています。
◆愛唱された「ウゴキマース」 
 停留場を発車する間際には必ず車掌に
 “ウゴキマース”と掛声させてチンチンと合図の紐をひかせた。(中略)
 ・・・・これがよほど面白かったと見え、
 一時は沿線の子供から大人まで口まねするようになった。
 そこでこの際端唄でも作ったら宣伝にでもなるであろうと、
 大毎文芸部にいた知友の香川蓬洲氏と頭をひねって、
 次のような歌詞をつづった。

この端唄は、よく流行り芸者なども客席で謡ったと同誌にあります。
時は「鉄道唱歌」第1集東海道篇発売5年後、
「阪神電車唱歌」発売4年前です。

その歌詞「阪神電車 四季の眺め」の「春」に
「野田」「淀川」「つくだ」が
歌い込まれていますが、
これは後回しにして、
次回は、もう一つの「宣伝歌謡」である
「阪神名所地理歌」作曲の経緯を取り上げます。

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登


テーマ:

前回、1929(昭和4)年制定「黒煙空をおおいて」を
謳う校歌を取り上げますと予告しました。
その学校は、大阪市立済美小学校です。
*「大阪市立済美小学校跡地の紹介ページ」によりますと、
この学校は平成16(2004)年、
生徒数の減少に伴い北天満小学校と統合し、
閉校したとあります。
   *「大阪市立済美小学校跡地の紹介ページ」:
   http://bb-building.net/tatemono/osaka/1051.html

15年後の今、思えば、勿体ない話です。
学校所在地の大阪市北区中崎西といえば
キタの繁華街・梅田の、すぐ東の都心部です。
都心回帰の波が大阪市の中心部と
その周辺に押し寄せています。

そういった場所の学校に
大大阪を標榜する昭和初期に
「黒煙空をおおいて」が謳われていたのです。
以下、*同校40年誌から歌詞を抜粋します。
  *同校40年誌:『創立四十年記念誌』
        大阪市立済美小学校、1959年
 ◆済美小学校校歌/校歌/木枝増一 作詞/幾尾 純 作曲
 一 難波津や名も大淀の/ゆたかなる国のめぐみに(中略)
 二 豊﨑の神のみたまは/新しき御代の鏡と(中略)
 三 黒煙空をおおいて/くろがねの真土とよもし  
  たゆみなく励むなりわい/もろともに腕をきたえて
  力ある人となりなん

三番の歌詞の「黒煙」は「くろけむり」とルビが振られています。
前回、取り上げました大正13(1924)年制定の
榎並小学校校歌同様、
五七調の落ち着いた厳かな調べです。
曲想は難波津、大淀から、ゆたかなる国に及び
近くの神社を歌い込み、
三番で「黒煙空をおおいて/くろがねの真土とよもし」と
歌って盛り上げます。

 

2行目に漢字を宛てれば「鉄の真土響もし」でしょうか?
工業生産に従事すべきつとめを
「少国民」に向かって躍動的に鼓舞するものです。
1929(昭和4)年といった時代相を如実に
反映するものであります。

この歌詞でボクが着目したのは「とよもし」という語です。
ずいぶんと力強い語感です。
おそらくは「豊﨑」の「とよ」から引かれたと推察しますが、
この語は『萬葉集』にすでに見える古典語の
新解釈のようです。

そもそも、作詞者の木枝増一は、

奈良女子高等師範学校教授で
校歌作詞の翌年、1930(昭和5)年に
*『歴代和歌正選』を撰述するの
国文学者でありました。
   *『歴代和歌正選』:木枝増一編、1930年11月13日発行
          『歴代和歌正選』、修文館
その緒言に作詞者の気概を読み取ることができます。
◆一 本書は師範学校及び高等女学校程度の
 国語科副読本として編纂したものであります。
 二 (上略)我が国民が遠く萬葉集の昔から
 平安朝・鎌倉・室町時代を経て徳川の近世に至るまで、
 和歌を通して如何に
 その国民感情を養ひ来つたかといふことを跡づけるのは、
 ひとり文学的鑑賞の立場からばかりでなく、
 世界に比類稀な我が国民性の感情的特質を自覚する上に於いて、
 何よりの捷径であります。

作詞者は

たいへん、高邁な理想を掲げ、
「国民感情」の涵養を旨として
済美小学校の校歌を作詞したと考えます。
鷺洲小学校校歌の「煙は高く空を覆いて」までは、
いま少しの道のりを要します。

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登


テーマ:

本年も旧年に引き続き
小学校校歌における「煙」を取り上げます。
前回は、*「岩井大大阪校歌」の
「工業地域=煙の都の校歌」全てを
見わたしました。
   *「岩井大大阪校歌」:『大大阪イメージ』2007年所載
   岩井正也「校歌に見る“大大阪”イメージ
    -「大大阪校歌」の成立と消滅」

昭和10(1935)年に制定された堂島小学校(北区)校歌を始め
野田小学校(福島区)、鶴町小学校(大正区)、
南恩加島小学校(大正区)校歌の他
「・・・西淀川区には
 煙、煙突、工業地帯という言葉を入れた校歌がいくつかある」とあり、
西部の臨海地域を中心に
「煙」を歌い込む校歌は、戦前、戦後にわたりました。
これを「大大阪校歌」の分布と重ねています。

「大大阪校歌」の分布に論点をすり替える前に
「煙」を歌い込む小学校校歌を、今一度拾ってみました。
管見による制定年の明らかな校歌は、
1935(昭和10)年制定の「煙の大阪」を歌い込む堂島小学校より
以前に2校あります。

「にぎおう煙よもにみち」を謳うのは、
現在の大阪市立榎並小学校(大阪市城東区野江4)の前身の
*榎並尋常小学校で校歌は
1924(大正13)年に制定されています。
  *榎並尋常小学校の校歌:大森久治『榎並と野江の歴史』
  大阪市立榎並小学校創立百周年記念事業委員会、1976年

『榎並と野江の歴史』を引用します。
◆・・・・*大正13(1924)年には校歌も定められた。
 歌詞は榎並尋常高等小学校の岸田将稔訓導がつくり、
 それに大阪音楽学校の永井幸次校長が作曲したものであった。
 歌詞は、先年定まった校訓をとり入れたもので、上のようであった。
 1 香りも高きくすの木の 立てしいさおは末ながく(中略)
 2 その名も高し榎並の荘 ありし昔をしのびつつ(中略)
 3 にぎおう煙よもにみち なにわの栄えいやまして
  国の光をそえぬべし たゆまずつとめてかぎりなく
  いざやはげまんもろともに いざやはげまんもろともに

一番に、校庭に植わっていた「くすの木」を
二番には、校区の古えに目を転じ「榎並の荘」を
三番には、「なにわ」から「国」へと視野を広げます。
その三番の冒頭に「煙」が配されているのです。
漢字を宛てれば「賑おう煙、四方に満ち」でしょうか?

校歌制定の三年前の
大正10年4月制定された*大阪市歌(作詞:堀沢周安)を
思い起こします。
その一番は次のとおりです。
 *大阪市歌:大阪市HP
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000028864.html

 1 高津の宮の昔より、よよの栄を重ねきて、
   民のかまどに立つ煙 にぎわいまさる 大阪市、
   にぎわいまさる 大阪市

「民のかまどに立つ煙 にぎわいまさる」と
似通ったところがみられます。

*「大阪市の第 2 次市域拡張(大正 14 年)」に
榎並尋常小学校の校区は含まれます。
*「大阪市の第 2 次市域拡張(大正 14 年)」を読図しました。
 :www.city.osaka.lg.jp/shimin/cmsfiles/contents/.../16-1.pdf

「岩井大大阪校歌」に挙げなかった
大阪市北東部の旧農村地域にまで
大大阪を標榜する時代には、
「煙の讃歌」が謳われていたのです。

次回は、
1929(昭和4)年制定の「黒煙空をおおいて」を
謳う校歌を取り上げます。
何だか、ボクの母校の鷺洲小学校の歌詞に似ています。

それもそのはず?

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登


テーマ:

2018年12月30日、恒例の夕陽を見る会を実施しました。
前回と同じく久木治男さんのレポートから。
◆夕日を見る会に初めて参加させていただきました。
 今村一善さんのご説明で野田の歴史をたどり、
 松下電器創業の地や野田城跡の石碑を見て
 過去に思いを馳せ、
 河川のあとや鉄道路線のあとが
 その後の土地利用にどのように現れているか、
 興味深く見せていただきました。
 また、天保山ではサンタマリア号の向こうに
 夕焼けを見ることが出来て、
 とても素晴しい一年の幕引きでした。
 そのあとの懇親会も楽しく同席させていただきました。

以下、田野による書き込み。
一行は地蔵堂の前で小休止の後、
いよいよ野田新家に向かいました。
道なりのカーブに
安治川改作以前の海岸線、浜辺を空想しました。
まず新家西之町の注水所。
この施設の正門には「此花区西九条一丁目」と
「福島区吉野五丁目」の住居表示が見えます。
注水所の場所は、かつての樋口で境界域です。

東に折り返せば野田恵美須神社御旅所。
エビスを祀る野田村は漁村でした。
その先に南徳寺の墓地があります。
真正面に渡辺家の墓石が見えます。
河海を統轄する武士団の末裔を想像します。
この後、JR野田駅まで
貨物引込線の跡を今村会友の案内で
なるほどの連続でした。

JR野田駅からは、Vターンして新家公園に向かいました。
ここで皆さん相手に
「野田川」を記載する
享和元年文献資料を解説しました。
いつものボクの悪い性格です。
皆さんは寒さに震えながら我慢してくださいました。

「六道の辻」のビルの北側の道を
安治川改作以前の野田川と推定し、
文献にある新家から野田恵美須神社まで
船渡御の逆コースと思しき道を
ひたすら東に行きました。
JR野田駅を抜けた辺りから
道が錯綜しますが、ひたすら東に行き、
新なにわ筋のところを左(北)に曲がりますと、
懸案の野田恵美須神社の鳥居が見えました。

これで満足。
大阪メトロ玉川駅から阿波座駅乗り換えで
ひたすら西の海、大阪港駅に向かいました。

サンセット広場に出る手前に
海遊館と大阪文化館・天保山を繋ぐ連絡通路下から
海に向けてワンショット!
写真図1 連絡通路下から海に向けてワンショット 

毎年、その年の夕陽を伺うスポットです。
なにやら、おどろおどろしい。
壮絶な夕陽を予感しました。
波瀾万丈の一年にふさわしく・・・・・。

サンセット広場に出た頃は、
海上に立ちこめる黒い雲に太陽は隠れてしまい、
雲の上にわずかに顔を覗かせるだけの
一年でした。
「とても素晴しい一年の幕引き」のことばに感謝します。

明くる日、田中和雅さんからは、
「一足先に着いた時に、
かろうじて夕陽の写真が撮れました」という
メッセージともに写真が送られてきました。
写真図2 田中和雅さん撮影の2018年の夕陽

一行が目にすることが出来なかった夕陽です!

 

壮絶な一年の精進上げは、
天保山で合流された方を交えて17名で賑やかに。
最後は、恒例の大阪締めで一年を締めくくりました。



究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登


テーマ:

今から3日前、2018年12月30日、
恒例の夕陽を見る会を実施しました。
それはそれは、壮絶な夕陽でした。
写真図1 サンセット広場
     久木治男さん撮影


メンバーのどなたかは、
怪獣の間から太陽が顔を出したと。

今回は久木治男さんからいただいた個人宛メールを
「阪俗研便り」ヴァージョンにリライトしていただきました。
◆夕日を見る会に初めて参加させていただきました。
 今村一善さんのご説明で野田の歴史をたどり、
 松下電器創業の地や野田城跡の石碑を見て

 過去に思いを馳せ、
 河川のあとや鉄道路線のあとが
 その後の土地利用にどのように現れているか、
 興味深く見せていただきました。
 また、天保山ではサンタマリア号の向こうに
 夕焼けを見ることが出来て、
 とても素晴しい一年の幕引きでした。
 そのあとの懇親会も楽しく同席させていただきました。

以下、田野による書き込み。
「夕焼け」とは撮影者ご本人のことばです。
たしかにそうです。


野田阪神集合は、
飛び入り参加の方を含めて17名でした。
今回は今村一善さんの熱烈なガイドに
一同、聴き入ってました。

最初のスポットは「松下幸之助創業の地」碑です。
写真図2 松下幸之助創業の地碑
     久木治男さん撮影


大開「おおひらき」とは験がええとかで、
幸之助翁は、終生、この地に愛着を抱かれていたと聞きます。

その大開と海老江の間は近世では、池沼地帯でした。
明治の末に開かれた淀川では
たっぷり祟りの伝説「尼ヶ淵」や
「鯉の昇天」を話しました。
ここで小休止。

対岸の淀川区の風景に見とれるメンバーも。
写真図3 対岸の淀川区の眺め
     久木治男さん撮影


この後、旧中津川左岸跡を
ゆるやかなカーブ、ジグザグ道に
改修や埋め立てを想像しながら、
鼠島跡から北港通に出ました。

 

そこには地蔵堂がありました。
大開延命地蔵堂です。
写真図4 大開延命地蔵堂
     久木治男さん撮影


ここではオンカカカビサンマエイソワカを
三遍唱えて
由来記を読み上げました。
昭和26(1951)年5月、魔の水門に浚われた
少年たちを偲びました。

 

メンバーのどなたかは、
このお地蔵さんとボクは一緒の年やと
はしゃいでおられる方もいましたが、
自分の年齢に換算することは、
この方面の歴史を調べる時には
大切なことかと思います。
ボクのいう「マイ年表」です。
   ↓ここをクリック
https://ameblo.jp/tanonoboru/entry-11353309095.html
《マイ年表の世界(1)2012-09-13 00:00:26》

まだまだ続きそうですので

「前篇」ということにして
とりあえず、おしまいにします。

究会代表
『大阪春秋』編集委員
大阪あそ歩公認ガイド 田野 登

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス