九州産業考古学会総会・見学会を大牟田で開催します。 | ■まるごと博物館た~い! NPO法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ ブログ
2014-06-28 20:50:24

九州産業考古学会総会・見学会を大牟田で開催します。

テーマ:■お知らせ

明日は地元開催として大牟田で九州産業考古学会の総会・見学会を開催します。


なお、研究発表者3名はいずれも大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブの会員です。


平成
26年度九州産業考古学会総会・見学会の開催について

 

1 三川坑の現地見学会 日時  629日(日)9時から10時  会場 三川坑  

 九州産業考古学会と大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブの合同で調査を行うものです。(会員限定)

 

2 総会    日時  629日(日) 1030分から11時予定

   会場  大牟田市石炭産業科学館

 (大牟田市岬町6-23  ℡0944-53-2377

  内容  事業報告、会計報告、事業計画、役員人事、 その他

 

3 研究発表 (総会終了後11時より)   ※記者倶楽部の皆様の取材は大歓迎です。

※研究発表以降は一般参加可能。

参加費3000円(移動バス代、昼食代、入館料など)が必要です。

 

 【演題及び報告者】

「三池炭鉱三川坑保存の現状と今後」九州産業考古学会会員 藤木雄二

 「記憶から産業遺産への翻訳 -産業考古学への人類学的接近法-」

九州産業考古学会会員 永吉 守

「炭鉱に特有に創出された産炭地労働者による芸術運動と創造活動

~三井三池と筑豊を通して~」九州大学大学院芸術工学研究院環境デザイン部門院生 

國盛 麻衣佳

4 昼食   炭都弁当(お茶付き)

 

5 現地見学会  1300分から1730分まで

コースの概要

石炭産業科学館、三井港倶楽部、三池港、長崎税関三池税関支署、三池鉄道、

万田坑ステーション、宮原坑、三池集治監、解脱塔、勝立山ノ神神社、

宮浦坑(石炭化学コンビナートを遠望)、露天堀、龍湖瀬坑

 

6 懇親会  見学会終了後、情報交換を兼ねて懇親会を予定しています

       時間 1730分頃から       場所 和食松本  

 

 

お問合せ先 大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ 副理事長 藤木雄二090-7469-0517 

http://kias.kilo.jp/index.php

炭鉱のまち・まるごと博物館さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス