■まるごと博物館た~い! NPO法人大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ ブログ
2020年
・市庁舎保存についての動き(見学会、市の市民アンケート)
https://ameblo.jp/tankou-funclub/entry-12573982935.html

・三川坑炭じん爆発事故慰霊碑クラウドファンディング
https://ameblo.jp/tankou-funclub/entry-12573988134.html

・炭鉱電車講演会
https://ameblo.jp/tankou-funclub/entry-12573990890.html

アップロードしました!

2019年3月、「国登録有形文化財大牟田市庁舎本館の保存と活用をめざす会」(炭鉱のまちファンクラブも加盟)で
大牟田市庁舎の保存と活用を求める署名を始めました!
署名用紙のダウンロードは本ブログ内下記サイト
  https://ameblo.jp/tankou-funclub/entry-12446767204.html
です。よろしくお願いします。
 



2015年、三池炭鉱・三池港が明治日本の産業革命遺産の構成資産としてユネスコ世界文化遺産に登録されました!
ファンクラブはこれからも「炭鉱のまちの心象と風景の次世代継承」にむけてこれからも頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します

------------------------------------

アップ世界遺産リスト入り記念「石炭今昔 三池かるた」販売中! コチラ

  ※ 大牟田市は日本の“かるた”発祥の地でもあります



■活動・催しの様子






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

炭鉱電車保存会発足!

前回の投稿に引き続き、炭鉱電車に関する動きです。

炭鉱電車(三井化学専用鉄道、旧三池炭鉱専用鉄道)が運行を停止し、廃止されました。

 

ファンクラブ理事の藤原さんを中心に、炭鉱電車の保存、とりわけ動態保存をめざす「炭鉱電車保存会」がこのたび発足しました。

発足会が西日本新聞の記事となりましたので、紹介します。

 

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/616825/

 

 

炭鉱のまちファンクラブとしても、炭鉱電車保存会と連携しつつ、炭鉱電車の保存を願っています。

理事の藤原さんが炭鉱電車の書籍を出版されました!

大牟田市庁舎についての状況

ファンクラブ理事の永吉(当面ブログ等担当)です。
新型コロナウイルス蔓延の中、多くの人が大変な思いをして生活をなさっていることと思います。
そんな中ですので、個人的には全面的に喜ぶ気には正直なれないのですが、
大牟田市庁舎、当面は一昨年・昨年来の解体のうえ新庁舎建設という方針が撤回されたもようです。
とりいそぎ、RKB動画ニュースのURLを貼り付けますので、ご確認ください。
こちらです(RKBニュース動画)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>