テレビでよく見る番組 | 池田で働く不動産屋の日記

池田で働く不動産屋の日記

創業昭和24年の不動産屋3代目として「創業守成」を実感しながら、仕事をしている日々の出来事を綴っています。
また、2010年に社団法人池田青年会議所第48代理事長を務め、生まれ育ったまち「池田市」に愛着を持ち、地域社会貢献活動も積極的に行っています。


テーマ:

私が1週間を通じて、意識して見る番組は、

 

カンブリア宮殿

セブンルール

ブラタモリ

プロフェッショナル

西郷どん

 

です。

 

中でも「カンブリア宮殿」と「プロフェッショナル」は、

かなり以前から見ています。

 

自分自身の仕事や生活にも参考になる「気づき」を得られるからです。

 

企業が生き残るうえで必要なことは業種が違っても

似ているような気がしています。

 

昨日のプロフェッショナルで紹介されていた柴田陽子さんは

全く知りませんでしたが、同年代ということもあり、刺激を受けました。

 

ブランドプロデューサーとして活躍されている事務所のコンセプトが

「Go to the Center、道の真ん中を歩こう」。

 

どんなときも陽の当たる道の真ん中を、笑顔でたくましく歩き続ける。

シンプルでスタッフも共感しやすいと思いました。

 

プロフェッショナルとは、「結果を出すこと」。

番組お決まりの質問に対する柴田陽子さんの答えですが、

なかなか言い切れる言葉では無いと思いました。

 

池田人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります