池田で働く不動産屋の日記

池田で働く不動産屋の日記

創業昭和24年の不動産屋3代目として「創業守成」を実感しながら、仕事をしている日々の出来事を綴っています。
また、2010年に社団法人池田青年会議所第48代理事長を務め、生まれ育ったまち「池田市」に愛着を持ち、地域社会貢献活動も積極的に行っています。

本日は、売主と買主の都合が合いませんでしたので、

中古マンションの持ち回り契約をしました。

弊社は買主側の手続きでした。

 

今回のお客様は2年ほど前から色々と物件案内をしておりました。

気に入る物件が見つかって良かったです。

買主様、ありがとうございました。

 

 

 

本日の日経新聞朝刊24面のマネーのまなびページです。

相続した土地が売れない場合、国に引き取ってもらうにはどうしたらよいか。

国の引き取りには色々と条件があり、解説されていました。

 

相続土地国庫帰属制度を定めた法律は、2021年4月に成立し、

2023年4月27日施行となっています。利用希望者の受付は施行後になります。

相続開始の時期は問いませんので、20年前に相続した土地でも対象となります。

 

国が引き取らない土地の例として、①建物がある②担保等が設定されている

③樹木、工作物等がある④隣人とトラブルがある⑤境界が確定できてない場合です。

条件を満たさないと申請を受け付けてもらえません。

 

建物や樹木などは解体工事で除去できますが、更地にしてから申請となりますので

もし、国が引き取りを拒否した場合、土地の固定資産税が上昇する懸念があります。

 

また、引き取りが承認されますと国に10年分の管理費用を支払うことになります。

管理費用は200㎡ほどの土地で約80万円が目安となっています。

 

なかなかハードルが高い制度のように思いますが、処分に困った場合の救済措置として

選択肢に入れてください。

 

 

 

ドン・キホーテ創業者、安田隆夫さんの本「情熱商人」を読みました。

2013年の本ですので、古本屋で買いました。

 

テレビでもドン・キホーテについての特集がよく放送されていますが、

私は今まで勘違いをしていたようです。

よくある安売りのお店だと思っていましたが、綿密に考えられた指針(源流)により

他のディスカウント店とは全然違うことがよく分かりました。

物販店をされている方には響く内容だと思います。

今週は第3木曜日の週ですので、連休となります。

よろしくお願いします。

 

各種団体の総会が増える時期になりました。

今週は木曜日に大阪宅建協会本部、関西不動産情報センターの総会があります。

土曜日には池田市公益活動促進協議会の総会があります。

大阪宅建協会の総会以外は出席する予定です。

 

コロナで総会もやりにくいですが、この機会しか会わない方もいますので

書面決議や委任状ではなく、できるだけ出席するようにしております。

先日弊社の管理駐車場の契約者から駐車場内にゴミが捨てられていると

電話がありました。

 

今までに数回あったようで片付けまでしてくれていたようですが、

あまりにも多いので、弊社に連絡されたようです。

 

早速見に行きますとマクドナルドの袋や家庭ゴミなどがありました。

弊社で処分しましたが、なぜ人の敷地にゴミをわざわざ捨てるのか

理解できません。

 

駐車場に面する歩道から捨てられている可能性がありますので、

注意書きの看板を設置して様子を見ますが、マナーが悪すぎます。