第34回 渋谷ホーム・ゴルフコンペ

テーマ:

 

暑い。

 

この暑さの中、

 

ゴルフをやるなんて・・・

 

と思いつつも

 

コンペに参加してしまう私は、

 

大のつく、ゴルフ馬鹿だね~。(;´Д`)ノあち~

 

昨日は、地元の市議会議員後援会主催の

 

コンペに参加。

 

場所は、小田急藤沢ゴルフクラブ。

 

 

暑さ対策を考えうる限りしていったが、

 

その予想を超えた。

 

ただ・・・頭の中がぼーっとしてるから

 

余計な欲が抑えられて・・・

 

運動量を減らす為、

 

無駄な力も入れなかったのが良かったのか、

 

久しぶりのハーフ(INコース)41。

 

昼食は、食欲もあまり?わかず

 

軽めのフォーをいただく。

 

軽めの食事が良かったのか、

 

後半スタートホールで

 

「こんにちはバーディー!」

 

キャディーさんから言われたこの言葉。

 

初めて聞いた。

 

その後、パー3でもバーディーを取るも、

 

 

さすがに残り4ホールでバテ始め、

 

3オーバーから一挙に

 

ダボ、ボギー、ボギー、ダボで

 

9オーバーして後半(OUTコース)45。

 

嬉しかったのが、

 

またまた入賞(最近続いてるな~)で、

 

63名中、NETトップタイ(年齢差)で準優勝。

 

 

 

グロスで4位タイ。

 

ニアピン一つと

 

今回初となるバーディー賞も頂いた。

 

 

終わってみれば、なんとかなんとか。

 

しかし暑かったな~。(´ε`;)ウーン…

 

 

 

来週は、

 

東林間チャリティーコンペで

 

カート無しの相模カンツリーだけど

 

大丈夫かな?(;^_^A

 

昨夜は、大和のライブハウス「AsoB」で、

 

2回目のライブを行った。

 

 

↑オーナー自らの手書きで似顔絵ポスター。似てる?

 

有り難いことに

 

スタート時間には、ほぼ満席。

 

リハは当日直前の2~3時間のみだったが、

 

その演奏は歌っている私自身、

 

気持ち良さに聴き惚れてしまうほどだった。

 

安易に「プロだから当たり前」ということではない。

 

プロならではの、それまでに至る下準備が

 

入念になされていることを私は初めて知った。

 

私が希望した14曲を事前に

 

ギターちゅうさん、ピアノ西原さんとで手分けしての採譜。

 

その譜面には、お二人でのコーラスも記載されていて

 

1~2回のリハ演奏で完璧にこなしていた。

 

プロの凄さをまざまざと実感した。

 

 

J.D.Southerの「You're only lonely」や、

 

  Elton johnの「I guess thats why they call it the blues」などの

 

コーラスや演奏は、「すげーなこのおっさん達!」

 

と失礼ながら、凄すぎて笑ってしまった。

 

また、今回特別にお願いしたパーカッション海人くん。

 

彼が要所要所を完璧におさえてくれて、

 

見たことも聴いたこともないような楽器を駆使し、

 

さまざまな場面場面で効果的に音を出して

 

曲全体を盛り上げてくれた。

 

これはセンスがなければ絶対に出来ないことだ。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

「どうしてこんなすごい人達の中で歌ってるのだろう?」

 

という素朴な疑問が、実の妹からもあがったようだが、

 

私も同感である。(´ε`;)ウーン…なぜだ?

 

 

プレッシャーという重圧は、体を硬くして

 

声を詰まらせる。

 

そんな私の性格を知っている(尊敬する)ギターリストの方から

 

「思いきり楽しんでね♪ 

 

バックのミュージシャンに遠慮しないで、

 

とにかく自分を出す事!」

 

という応援メッセージを頂いて、

 

気持ちは大きく変わった。

 

人間、腹をくくると

 

見える世界も違ってくるもんなんだね。(^_^)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

今回もたくさんの友人・知人が集まってくれたが、

 

 

その中で誰よりも感動し涙してくれたのが

 

身内である「娘」だった。

 

 

生で見て聴く演奏は、思いの外

 

彼女の心を揺さぶったのだろう。

 

感動を即行動にうつして、

 

バンドメンバー全員に飲み物を買って

 

届けていた。(私にはメロンソーダ)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

ピアノの西原さんと言えばNHKのど自慢。

 

せっかくだからと歌好きな母にも一曲お願いをした。

 

 

母は、

 

私が産まれてこの方、

 

見たこともない緊張の仕方で、

 

走り気味だったが・・・

 

何とか歌いきってくれた。

 

ε-(o´ω`o)自分が歌うより緊張したなぁ

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

ラスト曲はセカオワの「レイン」

 

最後の最後でピアノ演奏者をかえるのは

 

失礼だと重々知りながらも、

 

あえてこの人にお願いをした。

 

なぜなら、

 

彼女が私をこの世界に引っ張りあげてくれ

 

始まったのだから

 

締めくくりも彼女にお願いしないと

 

終われないのだ。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

ということで、今回もいろいろあったが

 

 

何とか無事にライブ終了する事が出来た。

 

 

依頼していただいたAsoBマスターご夫婦、

 

スタッフのせいなちゃん、

 

サポート・メンバーと

 

ご来場頂いた全ての方々、

 

留守を守ってくれた家族に

 

感謝。(_ _ )

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

フェイスブック、インスタに投稿して頂いたものを

記念に残しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虹会(特別養護老人ホーム 和喜園)

テーマ:

 

ボランティアバンド虹会は

 

一昨日に前日リハを行い、

 

昨日、大和市の特別養護老人ホーム 和喜園にて

 

演奏を行った。

 

 

前回の音響不備を改善しようと、

 

アコギメンバー2人のうち、一人をエレキに。

 

アンプはモニター用で使用してもらい、

 

アンプからラインOUTでミキサーに入れて

 

全体の音のバランスをとる・・・

 

ということを全ての楽器で行った。

 

長~いマイクコードやアコギ用の

 

マイクスタンドも手作りで作製してもらう。

(メンバーの中に器用な方がいる)

 

 

虹会としては、過去最高の音が出せたと思った。

 

 

 

 

およそ45分から1時間のステージに

 

これだけ機材をセットするのは

 

やり過ぎな感じもするが・・・。

 

ただ、

 

今回も涙を流して一緒に歌ってくれた利用者の方や

 

ベッドで寝ながら言葉にならない声を

 

歌に合わせて出していた利用者もいた、

 

とうかがった。

 

 

時々、忙しさから心が折れそうになる時があるが、

 

メンバーの優しさやこうした利用者の方々に

 

助けられている気がする。

 

今回も、私がキャパ・オーバーになり、

 

ご迷惑をお掛けした方には深くお詫びしたい。

 

また機会があればまた是非お願いします。

 

 

応援にかけつけてくれた家族に対しても

もう少し係る時間を

 

増やしていきたいと思っている。

 

 

 

夏休み・・・どこ連れて行こうかな~

7月10日・・・ライブ告知

テーマ:

 

昨年9月に行った初のワンマン・ライブから約10ヶ月。

 

 

2度目のオファーを大和・AsoBのオーナーさんより頂戴した。

 

前回の反省を踏まえつつ、

お客様のご要望にもお応えして

 

セット・リストを構成。

 

 

そして、

 

今まで出会った音楽仲間から教わった曲なども交えながら、

 

感謝の気持ちを表すライブとしたい。

 

 

今回サポートしてくれる事になった

 

プロ・パーカッショニストの海人くん。

 

約7年ぶりの再会となった。

 

 

そしてAsoBさんで、おなじみの中村ちゅうさんがギターで、

 

 

ピアノは、西原悟さんが弾いてくれることになった。

↑先日(6月24日)に放送されたNHKのど自慢に出ていた西原さん。

 

 

サポート・メンバー全員

 

プロミュージシャンということで、

 

お願いしたからといって

 

そうそうやって頂けるものではないと

 

思っている。


おそらく、

 

最初で最後になるであろう方々と

 

思う存分ライブを楽しみたい。


ドラゴン・ナイト

テーマ:

 

保育園を卒園して数か月・・・。

 

当時のママ友から妻にラインが着た。

 

「またパーティーをやるのでよかったら来てください」

 

「とくにタカちゃん(次男坊)は、ぜひ♪」

 

このパーティーは次男坊の友達Nちゃんの誕生日会で

 

昨年も招待されたが、

 

たくさんのブラジル人にまじって、

 

何をしていいかわからず

 

モジモジしてしまう会だった。

 

 

 

 

 

このパーティー会場の設営はすべてNちゃんのお父さん手作りだ。

 

料理はお母さん。

 

外では、片言の日本語が喋れる(昨年と同じ)おじさんが

 

バーベキュー担当で肉などを調理してくれる。

 

生ビールあり、ジュース各種もあり

 

大人も子供も楽しめるように気配りされている。

 

子供たちは、日本の幼稚園や学校に通っているから、

 

日本語でのコミュニケーションがとれるが、

 

大人同士だとそうもいかず・・・。

 

ニッコリ握手は出来てもそれ以上の会話には発展しない。

 

どうしても同じ日本人同士で固まってしまうのはしょうがないが、

 

なんか面白い事ないかな~と考えていたら、

 

 

会場の中から、音楽が流れてきた。

 

聴いた事のない異国の音楽。

 

最初、CDでもかけているのかと思ったら

 

カラオケで誰かが歌っていたのだ。∑ヾ( ̄0 ̄;ノうま~い

 

すかさず近くによって歌をあらためて聴く。

 

母国語の歌は抜群だ。

 

私は近くに置いてあったタンバリンを遠慮がちに叩き、

 

歌に合わせてリズムをとりはじめた。

 

そのうち・・・

 

カラオケの歌本を渡されて・・・言葉は通じなくても

 

音楽はどこかで通じるもの。

 

せっかくのご縁だからと歌を1曲披露させてもらった。

 

近くにいた人は目を丸くして、

 

外にいる人は誰が歌ってるのかと覗き込みに、

 

歌い終わった後、思いがけず拍手が起こった。

 

そのあと、ブラジルと日本の歌合戦。

 

最後は肩を抱き合い、なぜか「ロード」を大熱唱♪

 

楽しい楽しいひと時となった。

 

 

「また来年会おうね」

 

顔見知りになった何人かと固い握手を交わした。

 

 

私にとっての「ドラゴン・ナイト」となった。

 

 

 

 

第4回まいど杯

テーマ:

 

昨日は、

 

東林間にある居酒屋、「だいにんぐ まいど」の

 

年1回行われるコンペに参加。

 

場所は大厚木・桜コース。

 

例年だと12人ほどの参加者で行われるが、

 

この日は、タイミングが合わなかったのか

 

少なめの9名の参加者だった。

 

だいちゃんだけ合成でごめんちゃい(><)しかも雑!

 

 

OUTスタートホール、パー5で

 

 

パーを取るも、

 

この日は絶不調・・・

 

ティーショットは曲がる。

 

アプローチはダフる。

 

バンカーは出ない。

 

パターも決まらない。

 

吉幾三の歌見たい(><)

 

 

 

だから、

 

撮る写真はこんなものばかり。

 

 

 

途中で泣きたくなるゴルフだったが、

 

あまりマイナスなイメージを引きずっててもしょうがない。

 

良いところを思い出そう。

 

INの15番パー5、456ヤード

 

ドラコン・ホールで打ったティーショットは

 

アゲンストの中、吹き上がることもなく

 

軽いドローがかかりながら、

 

フェアウェイセンターに。

 

黄色い吹き流しを超えたあたりの下りで

 

球は見えなくなった。

 

完璧な当たりだった。

 

カート計測だと残り距離が167ヤードとなっていたので

 

単純計算で289ヤード飛んだことになる。

 

見事ドラコンゲット。

 

セカンド(5I)も、グリーンオンしてイーグル逃しのOKバーディー。

 

 

良いところは・・・それぐらいしかなかったが、

 

またまた・・・

 

またまた隠しホールにはまってはまって

 

ハンデ24もついて、

 

先週に引き続き、

 

優勝(^^;

 

 

ニアピンも一つ頂きました♪

 

 

 

 

 

 

第2回マグノリア・コンペ

テーマ:

 

昨日、大相模カントリー(西→東)にて、

 

第2回マグノリア・コンペ

 

(東林間・ワイン・バー主催)が開催され、

 

 

私・・・

 

ニアピン賞↓を含め、

 

優勝させて頂きました♪

 

今回、

 

OBを4回も出したなんて誰にも言えない。

 

 

因縁の対決、Mさんに

 

またグロスで2打負けた・・・なんてのも言えない。

 

 

東コース5番パー5(520ヤード)

 

2打でグリーン横(ピン真横)20ヤードにつけたのに

 

そこから4つ叩いてボギーにしたなんて事も

 

誰にも言えない。(><)

 

 

でも・・・

 

新たな仲間を加えてのコンペ。

 

無事に終えて何よりで、

 

お疲れ様でした。(^~^)

 

 

 

mario's birthday party

テーマ:

 

前回記事と話が前後するが、

 

5月21日の月曜日の夜は

 

知人の誕生日パーティーだった。

 

場所は大和駅近くにあるライブ・ハウス「AsoB」さん。

 

知人のmarioさんとは、

 

万ちゃんバンド以来からの知り合いだが、

 

前回の私のワンマン・ライブにも観に来てくれて

 

なにがしかのご縁を感じる一人だ。

 

 

毎年一回開かれるこのパーティーは、

 

marioさんが、AsoBさんで知り合った

 

プロのミュージシャンを一同に集めて行う

 

なかなか凄いパーティーだ。

 

もっと凄いのは

 

「オレもベースを弾く!」と言って

 

まったくの素人ながら

 

ミュージシャンに交じり数曲演奏を披露してしまう。

 

コードなんかわからない。

 

指を抑えるポジションだけ原曲通り

 

順番に丸暗記してるから

 

プロの”まわし”についていける訳もない。


 

でも、それ(ハプニング)を

 

みんな期待している所もあって

 

それがまた楽しい。 

 

(*つ▽`)っ)))marioさん、いいぞ~

 

 

 

 

いろいろと・・・・

 

問題もある人だが、

A=´、`=)ゞあんまり人の事は言えないが

 

どうもこの人は憎めない。

 

 

店中に聞こえる大声で

 

豪快に笑ったかと思えば、

 

緊張で足が震えるよ~と

 

小さくなってみたり。

 

( ´艸`)その気持ちはわかりますよ~

 

↓演奏前、緊張で小さくなってる!?marioさん

marioさんズルい~!後ろに下がって小顔になるなんて(。・ε・。)

 

 

ステージでは、こんな人(達)の

 

こんな演奏も聞く事が出来て

 

幸せな時間を共有することが出来た。

 

2018.5.21 At Yamato "AsoB"

 

marioさん、お誕生日おめでとうございます。

 

それから

 

大和のライブハウスAsoB(アソビ)に、

 

遊びに行くと・・・

 

素敵な出会いがいっぱいあるよ~≧(´▽`)≦

 

 

 

客寄せパンダ?

 

先月の事だったか、

 

職場近くの行きつけの飲み屋さんから

 

「5月22日、良かったら来て」

 

と声をかけられた。

 

席数が14~15席というこじんまりしたお店に

 

成田 緑夢が来るという。

 

私はその方面に疎く

 

彼を知らなかったが、

 

今年3月に行われた平昌パラリンピックで、


男子バンクドスラローム(LL2) 金メダル
男子スノーボードクロス(LL2) 銅メダル

 

をとった人だという。

 

「俺は興味ないけど、

 

姉さん(ママ)が席数を埋めたいなら参加させてもらうよ」

 

昔から人気のあるお店だから、

 

席数ぐらいすぐ埋まるだろうが、

 

たくさんいるお客さんの中から

 

選んで声をかけてくれたであろう事を考えれば

 

悪い気はしない。

 

 

彼とお店との関係は、

 

お店の常連客でYさんというゴルフ指導者の方がいる。

(。・ω・)ノ゙

私も何度か技術的な質問をして

教えて頂いた事のある気さくなおじさんだ。

 

緑夢くんは、そのYさんから

 

今現在ゴルフ指導を受けていて

 

Yさんが緑夢くんを連れて来てくれる・・・

 

お店で銅・金メダルをとったお祝いパーティーをしよう

 

ということになったようだ。

 

→日刊スポーツhttps://www.nikkansports.com/sports/news/201804250000478.html

 

 

腕前は、なんと始めて数カ月で95を出し、

 

今度はハーフで30台を目指しているという。

 

ゴルフを一度でも経験したことのある人なら

 

この数字がいかに驚異的であるかわかってもらえるだろう。

 

 

最初にYさんの音頭で「乾杯」をして

 

記念撮影も顔出し(SNS=OK)で快く受けてくれた。

 

 

私は、彼が金メダルをとった競技を全く知らないから、

 

今はまっているというゴルフの話で声をかけた。

 

「俺も、はまってるんだよ~」

(^∇^)目標は同じくハーフ38で80切り!

 

少し疲れた様子の緑夢くんだったが、

 

ゴルフの話では目を輝かせて話をしていた。

 

ただ・・・、

 

その後、彼はパーティーを中座して

 

外に出てゴルフ・スウィング練習を始めた。

 

 

今日もゴルフでラウンドしてきて、

 

明日もラウンドするという。

 

最初

 

「彼はアスリートでストイックだから」と

 

Yさんは我々に説明をしていた。

 

 

再び店内に戻ってきた彼が

 

すぐにまた外に出て行った。

 

ドア付近に座っていた私には

 

彼の不快感を抑えた顔が読み取れた。

 

あ・・・タバコの煙かな?

 

お酒のあるところ、タバコの煙もある。

 

すぐにそれをYさんに伝える。

「それもあるかもしれないけど

 

緑夢はすごい人見知りなんだ」

 

再び戻ってきた彼に

 

お店からお祝いの手作りケーキが出された。

 

「すみません、僕甘いもの食べれないんで」

 

周りは「少しでも食べてみてよ」と言い、

 

彼はフォークで端の方を少しだけ削って食べていた。

 

スポーツ選手は、食べ物については

 

肉体をつくる大事な要素と捉え、

 

それこそストイックに自己管理しているだろう。

 

ドーピング・・・ということも常に頭の中にあるだろう。

 

気易く出された物を食べれないのは

 

後になって考えればわかることだ。

 

 

結局、一滴の酒も飲まず、食べ物は・・・

 

食べたのか食べなかったのか私の位置からは見えなかったが、

 

終始その場にいる事に耐えているように見えた。

 

 

彼に何か悪い事をしているように感じたのは

 

私だけでなくお店のママさんの母親もだった。

 

「なんか見世物にしているようで可哀相だわ」

 

 

逆に「生意気だな」と言いだす客もいた。

 

 

「生意気大いに結構!」

 

「そのくらいじゃなきゃメダルなんてとれませんよ」

 

私は言い返した。

 

 

このパーティーは

 

いったい誰の為に、

 

何のために開かれたのか。

 

 

大人は(もちろん自分も含めて)、

 

考え直さなければいけない・・・と感じた夜だった。

 

 

 

 

 

 

 

トクヤからの報告

 

何年ぶりだろう。

 

最後に会ってから

 

2~3年は経っただろうか。

 

 

お店にひょっこり顔を出してくれたのは、

 

トクヤとその家族だった。(ノ´▽`)ノお~!

→2013年02月16日記事 トクヤ

 

 

すっかり大きくなった二人の子供たち。

 

奥さんの表情から

 

仲良くやってるんだな・・・とすぐに感じた。

 

 

トクヤからは近況報告と

 

しばらく会わなかった間に起きた出来事を

 

聞かせてくれた。

 

 

いろいろあったみたいだが

 

皆元気だという事もわかった。(*^▽^*)

 

 

そして最後に

 

今年の9月か10月に

 

「もう一人産まれる予定」だと言う。

 

ヽ(*´∀`)ノ そうか~おめでとう!今度は男の子か~

 

 

 

不思議なものだ。

 

 

つい2~3日前に

 

妻にトクヤの話をしたばかりだったのだ。

 

 

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。

 

「今になってわかったことだけど・・・、」

 

「あいつは俺に、

 

大事な事をたくさん教えてくれたんだ」

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。