ためや通信

ためや通信

まっとうな政治を鶴見から


テーマ:

ブログ更新遅れており申し訳ありません!

 

4/30より、県議会議員としての任期を迎える事になりました。

 

5月の連休も明け、本格的に活動スタートといった近況です。

改選直後なので、会派・議会運営に係るさまざまな決めごとがあり、この時期はどの議会でも非常にバタバタします。


私にとっても会派内の役や、所属委員会を決めていくことになるわけです。今後確定した際には、改めて皆さまにご報告してまいります!

 

控室の登庁盤にもわたしの名前が入りました。タッチパネルになっており、登庁した際にタッチすると、県庁内に表示されるというわけです。

 

県議会での名前の表記ですが、選挙の際と同じく「ためや義隆」と平仮名表記に致しました。これは川崎市議会時代にはできなかった選択でもあります。

 

本音をいえば、本名である「爲谷義隆」としたかったのですが、爲、という字が議会では使用できず、為、となってしまうのです。

であるならば、皆さまに投じていただいた「ためや義隆」の方が良いのではないか、と悩んだ末に決断をいたしました。

 

これからが本番、神奈川、そして鶴見をより良くしていくため、真摯に議会活動に取り組む所存です。

 

まっとうな政治を鶴見から。ためや義隆

 


テーマ:

平成31年4月7日に行われた神奈川県議会議員選挙におきまして、14,938票をいただき、当選することができました。ご支援くださった皆様に深く感謝御礼申し上げます。


政治家としては2期目、また県議会議員としては新人。真摯に仕事をさせていただきます。

すべての人に居場所と出番のある、ともに生きる社会を推進すべく取り組む所存です。

平成31年4月吉日 ためや義隆


テーマ:

ブログ更新ご無沙汰しておりますm(__)m

流行には疎い方なのですが、先日いま流行のインフルA型…かかってしまいました(涙

 

外出も赦されず?しかし熱は下がってきたので久々にブログでも書こうかなと。

いろいろ話題はあるのですが、少し気になった件について触れてみます。

 

過日、「神奈川県では早朝や夜の拡声器使用は条例違反かもしれないよ」 という指摘をうけました。

その根拠がこの条例です。

 

神奈川県生活環境の保全等に関する条例 拡声器騒音の規制

 

内容を一部抜粋すると、

『・使用方法について
同一の場所において拡声機を使用する場合は、拡声機の使用時間は1回10分以内とし、1回につき15分以上の休止時間をおいてください。
・使用禁止時間
午後7時から翌日の午前8時までの間は、拡声機を使用できません。

・違反者への対応
拡声機の使用について、違反している者に対して、知事は、当該行為の中止を命じることができます。(神奈川県生活環境の保全等に関する条例第53条第5項)』

 

現在政治活動を行っている人は「えーーー!」となるのではないでしょうか。朝8時から19時までしか拡声器を使えないわけで、選挙期間中よりも短いわけですから。

とはいえ、この条例を定めた県議会議員はもとより、各級議員は7時前後から拡声器使用しているのが常ですよね。じゃあ皆神奈川の政治家は条例違反をやっちゃってるのかけしからん!?ということなんですが、この条例をよくみてみると、この項目がありました。

 

『適用除外
公共のための宣伝放送その他営利を目的としない宣伝放送については、県条例第53条を適用しません。ただし、地域に配慮した対応を心がけてください。
【適用除外の例】
選挙時において候補者が行う選挙運動放送など
選挙管理委員会等が行う棄権防止等の拡声機放送など』

 

適用除外、という部分が設けられています。例に選挙時の事は触れられていますが、では日々の政治活動はどうなのか…

現在引きこもりの私、時間はあるので神奈川県選挙管理委員会に問い合わせ、回答をいただきました。

 

結論からいうと、

「政治活動は適用除外となりますので、対象外となります」

とあっさり。

 

正直、県の条例だったので私は100%そうだろうなと確信していました。その理由は2点。

 

・生活環境の保全、の為に作られた条例であり、政治活動の規制が目的ではない。

・行政が議会に提案する条例案に、議員の政治活動に不利益となる項目があれば必ず反発を招く(=可決から遠のいてしまう)ため、除外規定などを用意しておく事が多い。

 

なので、政治活動に係る拡声器の規制はこの条例にはあたらない、といえます。

しかし大切なことが適用除外の箇所に記載されています。

 

「ただし、地域に配慮した対応を心がけてください。」

 

はい、これが全てだと思います。

応援してくださる人もいれば、その逆も然り、あるいはただの騒音とも捉えられてしまう事もあります。

 

これからどうしても拡声器を使う機会が増える時期…だからこそ、最低限節度ある活動を行っていきたいですね。

 

まっとうな政治を鶴見から。ためや義隆