らせん美倶楽部というらせん美1級を卒業されても

らせん美を愛してやまない方々の

オンラインサロンで

 

腸もみさんの視点で、お話をしてほしいと

協会から依頼されました

 

らせん美呼吸と内臓の関係←腸もみさんだけにw

らせん美インストラクターを続けるか悩んだ話

らせん美で一番私が変わった点

などを、人体模型や

手作りの横隔膜模型などを使って話しました

 

腸もみも13年になりますので

私の中では当たり前になっていることも

腸もみをご存知ない方には新鮮だったようで

講座のあとにいただいたご感想も

 

とてもわかりやすかった

イメージしやすくなった

モチベーションがアップした

図や模型での説明でたくさんの気づきがあった

 

など

「わかりやすい」というのは

そこに力をいれているので

(そのために言葉の勉強も始めましたしね)

うれしいですね

 

IMG_9512.PNG

 

協会のインスタからお写真を拝借〜

 

余談ですが、講座の終わりに足立インストラクターが

私の声と歌(ヘヴィメタル)について感想を

言ってくれて、それが思いもかけない言葉で

いつもクールな、感情表現にうそのない

足立インストラクターだからこそ

私は泣けてくるくらい嬉しかったのだけど

「もっと早く言ってよー」と

つっこんでしまいました

 

翌日は、らせん美インストラクターさんの

アドバンスの講座のお手伝い

 

そのあと、パティ先生と足立インストラクターと

3人で勉強会のような飲み会へ

 

なんか「ようやくここまでこれた」

というような、そんなしみじみした日

 

酒井淑恵という一人の女性の身体意識を伝える

ということに、悩みや葛藤の日々があり

だからこそ今があるんだと

そんなふうに思えたのです

 

そんな思いを共有できる仲間もいて

 

肩から力が抜けていくようでした

 

帰りは風がびゅーびゅー吹いて

心地よかったなぁ