日経新聞、今日の朝刊一面より。

世界の非民主主義国家が民主主義国家を上回っているという記事です。

 

正直びっくりです。

 

私たちが小学校で習った民主主義の理想が徐々に崩れさろうとしているとは・・・。

世界はまた全体主義や民族主義に逆戻りとはいかないまでも

自国主義に陥ろうとしている。

 

 

紀元前のアテネ vs  アパルタ

16世紀のスペイン vs  イギリス

そして現代のアメリカ vs  中国

 

 

これまでの民主主義を超える新民主主義が求められている。

 

 

さぼっていたら9月はまったくブログを更新せず、

あっという間に10月になってしまった。

時の流れの早さにある意味ビックリしてます。。。

 

税務携わる毎日のなかで、

条文を引くクセをつけないといけませんね。

これって基本ですが、楽して仕事をしようとしちゃうと

ググってしまいがち。

 

けど、しっかりとしたエビデンスある知識(条文)を

仕入れておかないといけない。

 

 

AIが主流になる時代、環境において

知識+技術そして知恵へと昇華していかなくては生き残れません。

 

条文を引くクセをつけよう。

ことも達の学校がはじまりつつあります。

今年も暑い日が続きますが、夏休みは短縮で勉強スタート。

 

 

いろいろなことがコロナ禍で変わりつつあります。

簡素化、、、が様々な場所で起きています。

 

 

冠婚葬祭。

 

結婚式は、ここ数年、式自体挙げるカップルが減少。

結婚する人も減少。。。

 

 

ここにきて、お葬式の簡素化がはじまりました。

お通夜なし。参列なし。

 

故人を悼むこと、見送ること。

家族のみで、執り行う。

 

新盆参りも気をつかう時代になりました。

 

 

いろいろ場面で状況が変わっていくのであろう。

 

 

 

 

 

「武器としての資本論」を読んでます。

 

階級闘争、新自由主義についてなど

非常にわかりやすい。

 

 

マルクス的視点から世界の流れ、日本経済が説かれており、

非常に参考になります。

 

 

著者である白井さんの書籍を読んでみようと思います。

 

 

お盆休み明け。

ブログサボり気味でした。

 

あっという間の夏休み終わり。

子どもも今週から学校スタートです。

 

GDPの減少がやばいことに。。。

リーマンショック以上の下げ幅。

 

あるエコノミストによれば、前の水準に戻るには5年かかるとも。

 

 

経済再生が急務な日本経済というよりは世界経済。

兎に角、明るい材料はワクチンと治療薬の開発がいつできるか。

そしていつ普及されるか。

 

 

借金をしながら購入をする経済モデルを選んでいる資本主義経済体制のなかに

あって、成長を図るのは借金を返していけるだけの生活余力、あるいは獲得能力が

ないと収縮してしまうほかない。。。

 

 

資本主義経済の性ではあるが、

安心して借金できる世に戻るほかない。