ひがしフリーグからの百恵無双 | takuteiオフィシャルブログ「takuteiのほぼ麻雀」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

takuteiオフィシャルブログ「takuteiのほぼ麻雀」Powered by Ameba

麻雀ロンのことや各種麻雀放送のことなど。

先日の土曜日はMリーグ観戦記者・東川さんが企画した「ひがしフリーグ」を開催しました。

もともと彼がこんな感じで相談してきて。

 

で、サークル・殿の会に連絡をして、また彼自身のツイッターでも拡散してくれたようです。

 

ま、正直なところ「そんなに集まるかな~」とは思っていました。直前に、東川さんと打ち合わせしたときは「1~2卓は立ちそうですね」ということで一安心かなと思っていたのです。Mリーグルールで打つといっても、MLスタジアムとか専門のお店もあるわけですし、ゲストもいるわけじゃないから参加者が押し寄せるわけじゃないだろう、ぐらいに思っていました。そんな感じで自分はのんびりとロンに向かったところ…。

 

3卓立ってました!

 

けっこう「東川さんのTwitterを見てきました」という人が多くて。予想を大きく超える盛り上がりでした。やってみて良かったです(^^)/

 

そして翌日は「百恵無双~コロナに負けるな~」でした。

 

 

こちらは「当日飛び入りあり、ドタキャンあり」ということで、何人参加か読めない状況でしたが、11:30の受付時にはすでに8人いらっしゃいまして。そこからちょこちょこ参戦者もいて、結局3卓で打ちまわすことに。抜け番を3人にして、終わった卓の人のところへ移動し、ゲストとの対戦ができるだけ偏らないように振り分けして…。変則的な麻雀大会でしたし、ゲストの田渕プロには結局7半荘も打ってもらいましたが、おかげさまで無事楽しい大会となりました。

 

そして大会後は芋煮会。

 

 

お酒を飲みながら、4人で協力して遊ぶ「THE MIND」というゲームをやり、あっという間に2時間が過ぎました。

 

今回のコロナウィルス騒動では麻雀関係者(特に雀荘業界)は相当なダメージを負っていることが予想されます。これは他人事ではなく、特に大阪のブッキングアオバでは普段来られているお客様がご高齢の方が多く、今回の騒動で貸卓の予約がキャンセルになったり、大会が中止になったりで。すぐに収束すればまだ大けが程度で済むかもしれませんが、長引けば致命傷になりそうな状況です。

 

飯田橋の近所の飲食店さんも「5割ダウン」とか、土曜日を休みにしたりとかバイトを休ませたりとか大変そうです。

 

うちも何とかしなきゃです