真相は…

テーマ:

 

こんにちは。

 

今日は、

今問題になっている某大学アメフト部のラフプレーについて。

種目は違えど、同じスポーツ人としては、

思うことが多々あります。

なんなら突っ込みどころ満載。。

 

 

ここからは個人的な意見ですが、、

 

結論から言うと、、

あのプレーはあり得ない。

 

もうね、、

ラフプレーとかそんな次元ではないのは一目瞭然。

映像を見た瞬間分かりました。

 

サッカーとは種目も、ルールも違うけど、、

あのプレーがどれだけあり得ないか、

危ないプレーかくらいは分かります。

 

1秒、2秒、

いや、0.何秒早い、遅いというギリギリの戦いで、

目まぐるしく展開されるプレー中に、

全く関与していない選手にタックル。

ましてや死角からあのスピード、強さ。

 

ちょっと止まれませんでした。

行けると思いました。

ってのは全く通用しないプレーだし、

削るとかのレベルじゃなく明らかに怪我させにいってる。

故意にしたプレーで間違いないです。

 

このプレーも大問題だけど、、

この後の対応が一番の問題であって、

ここまで大きくなった要因だと思います。

 

まず、

監督がやらせたかどうかの問題は、

置いといて、、

 

プレー中だから熱くなって、

過剰なプレーやラフプレーが起きてしまうのは仕方がない。

(本当はだめですが、、、)

 

けど、

それくらい高い集中力。緊張感。

極限まで達した状態の中で試合は行われているのは事実。

レベルが上がれば尚更。

 

試合は戦争と同じ、、

生きるか死ぬかの戦い。

それくらいの気持ちで戦え。

、、とよく言われました。

 

だけど、

その戦いに挑む武器は、技術、体力などであって、

相手を傷つけることではありません。

 

そして、

極限の中で、、

全力で戦うからこそルールというのがあるわけで、、

ギリギリのせめぎ合いだからこそ楽しみがあり、

感動を生むのでしょう。

 

そんなルールを無視したり、

限度を越えたプレーは決して許されません。

 

 

今までも、

どんなスポーツにも数々の問題がありました。

怪我をさせてしまう。

暴言、暴力。物や人に当たる。

 

自分自身も何度も見てきたし、

経験してきました。

 

今回の件でおかしいのは、

起きてしまったことはもちろん、、

その後の対応の悪さ。

ここに尽きると思う。

 

何があったか知らないけど、、

やってしまったことは事実で、

怪我をしている選手がいることに変わりはないです。

 

指示を出した?出してない?

言った?言ってない?

 

はっきり言って、、

知らねーよ。と言いたい。

 

そっちの話は関係ないですから。

 

まず、、

相手に謝ることが先でしょ?

 

言われたか言われてないかは分からないけど、、

やってしまったなら謝れよ。

 

言ったか言ってないかわからないけど、

まず謝れよ。

 

責任者でしょ?

自分守るのに必死じゃん。

自分の発言、行動に責任持とうよ。

いつまで隠れてるの?

もう自分が言いましたと認めてるのと同じだし、

指導者として、人として、

同じスポーツマンとして恥ずかしい限りです。

 

そして何より、

多くの人に迷惑をかけているということを分かって欲しい。

 

怪我をさせてしまった選手は謝罪にも行けず、、

チームのメンバーは試合も出来ず、

大学や他の部活、

アメフトという競技、

そして、、

スポーツというもの自体に、、

全てに悪いイメージ、影響を及ぼしていることを

今すぐに分かって欲しい。

 

分かっているなら、

今すぐにでも自分自身の口で発言し、

態度で示して欲しいと思います。

 

完全に個人的な意見だし、

少し強く言ってしまいましたが、

それくらい思ってしまう件だったので、、

 

早くこの件が明らかになることを願っています。

 

それではまた!

 

サラリーマン始めました。

テーマ:

こんにちは。
お久しぶりです。

前回のブログから約一年半。
早いもんですね。
色々ありましたが、、
あっという間に過ぎた気がします。

サッカー選手を引退してから
この一年は、
接客業のお手伝いをさせてもらって、
多くの事を学び、また新たに多くの方に出会う事が出来ました。

そんな中で自分の将来について、
何をしようか。
何がしたいか。
何ができるか。
たくさん悩み、たくさん考えました。

しかし、、
どれだけ悩み、考えても何も出て来ませんでした。
それは、
自分自身の考えも甘く、
まだまだ弱い自分がいたからだと思います。

幸いなことに、
引退してからいくつか仕事の話ももらっていて、
そんな自分を変えるために一つの決断をしました。


好きで始めたサッカーを
嫌いになりそうで辞めました。


けど、
今の自分に出来ること、、
好きな事は、
サッカーだと思いました。

中途半端な気持ちで辞めてもないし、
始める訳でもありません。

結局サッカーかよ。って思われても仕方ないと思ってます。

今までどんな道も自分で決めてきました。


その選択に後悔は一切ないし、
進んだ道でどうするか。
それ次第だと。。

それに自分を求めてくれる人がいること、
場所があること、
新たにモノを作る。作っていく。
という所に魅力を感じ、
やる覚悟を決めました。

4月1日付から、
ジェイリース株式会社に入社し、
新たに創設されたジェイリースFCの選手兼監督。
そしてCSR推進部の正社員として新たな道を進みます!

もう知っている方も多いとは思いますが、
これからも永芳 卓磨を、
そしてジェイリースFCを応援してもらえたら嬉しいです!



すいません。。
言葉を間違えました。


応援してもらえる人になり、、
応援してもらえるチームを作ります!!

県の三部リーグからのスタートなので、
まだまだ多くの課題もありますが、
大変さと共に新鮮さを日々感じています。



縁もゆかりもない大分に、、
と、よく言われますが、
暖かく迎い入れてもらえたこと、
たくさんの思い出が出来たこと、
一緒に闘えたこと、
十分な縁だと思います。


来てくれてありがとう、
戻って来てくれてありがとうと声をかけてもらいますが、、
こちらこそありがとうございます!!

今度は自分が大分の為に、、
と大きなことは言えませんが、
微力ながら何かを返していきたいと思います。

スポーツを通じて、
サッカーを通じて、

どこかの大先生。。
あ、大樹さんすいません。。笑

と立場は違えど、
色んな角度から盛り上げていきたいと考えています。

長くなりましたが、、
そんなこんなで遅い報告でした!!

チームのSNSも作ったのでよかったら登録、フォローしてみて下さい!


ではまた!!!

【Facebook】
ジェイリースフットボールクラブ
https://www.facebook.com/jleasefc/

【Twitter】
ジェイリースFC
@jleasefc

【instagram】
j.leasefc
https://www.instagram.com/j.leasefc/


大好きなばあちゃんへ

テーマ:


先日、おばあちゃんが天国へと旅立ちました。



夜中に両親から連絡があり、

おばあちゃんが亡くなったと。。

いきなりのことで驚きを隠せないまま、

新幹線で実家のある岡山に帰りました。


最初は見たくないと拒んでいましたが、、

そこには、いつものように眠るおばあちゃんがいました。



離れていてなかなか会えないけど、

一年に一回は会ってたかな?

会う度に小さくなって、

会うたびにに弱っていく姿を見るのは寂しかったけど、

いつも体調の心配やサッカーの心配してくれてたね!


昔は、ばあちゃんの事が大嫌いでした!

姉はいつも可愛がられていて、

自分だけ怒られてばかり、、

それは自分がわがままで言うことを聞かない子供だったからかな?笑

たくさん迷惑かけてごめんね。


サッカーをするようになってからは、

いつも応援してくれてたね。

家で見るのは大相撲だけ。

サッカーや野球は嫌いで、

チャンネル変えてよく怒られてたなー。笑


そんなばあちゃんが、

ルールも全く知らないサッカーを、

テレビで代表戦を見たりJリーグの試合を見たりしてると聞いて驚いたし、嬉しかったなー。


昔は陸上選手で足が早かったといつもみんなに言ってたね。

昔だったら一緒に走ったら俺に勝てると言ってた元気な頃が懐かしいです。


夏祭りに連れて行ってくれたり、

犬の散歩で遠くまで歩いたり、

自転車でも色んなとこへ行ったのを今でも覚えてます。

書ききれないくらいのたくさんの思い出をありがとう!



プロになったくらいからかな?

段々弱っていくのを感じ始めたのは。。

毎年会うたびに耳が遠くなり、

行動範囲も狭くなり、

記憶も薄れてゆく姿を見るのは寂しかったです。



けど、、

最後に会った1月14日もちゃんと覚えてくれてたし、

まだ元気そうで安心したよ。

たくさん話して同じ話を何回も繰り返したね。笑


色んな記憶も薄れてる中で最後まで忘れないでいてくれてありがとう!

最後帰るときに、

また会いに来てね!って言われて、ものすごく嬉しかった!

会いにこれなくて本当にごめんね。。




最後は苦しむことなく眠りについたと聞いて安心しました。

ずっと逢いたがってた天国のじいちゃんにやっと逢えるね!


89年間本当にお疲れ様!

今まで頑張って来たから少しゆっくり休んでね。

これからは天国から見守ってて下さい!


{6351BF30-D653-4344-B8DF-6B91BA100149}


卓磨より。