2006年06月13日

旧小淵沢町(入札改革)~旧ホームページに掲載していた過去の視察報告をアップします

テーマ:行政・地方自治

会派視察 小淵沢町(2003年7月)

 小淵沢町役場を訪ね、町長鈴木隆一氏より、契約制度(入札制度)の改革についてお話をうかがいました。
ポイントは
1 入札制度を改革するためにはトップの強い決意とリーダーシップが必要であるということ
2 最低制限価格、予定価格の公表をしても落札価格が下がらない
3 一回で落札にならない(予定価格に収まらない)場合、予定価格を再調査して正確を期す。再調査の結果、予定価格に瑕疵がなければ、業者が真剣な数字を示していない証拠だから、業者を入れ替えて再度入札する
4 役所は指名という権限を手放す勇気を持たなければならない
というものでした。

 この辺りのことは小淵沢町のホームページを見ても載っているのですが、私が直接話をうかがって打たれたのは鈴木町長の真剣な取り組み姿勢です。とにかく、市が真剣勝負で予定価格を出す。再調査もする。それに収まらない価格を出した業者は真剣ではない、と語られるときの表情には自信と迫力を感じました。

 トップの強い意思なしには成し遂げられない、ということも仰っておられました。
 また、鈴木町長の「わざわざお二人もここまで聞きにこられたのだし、私も真剣にお話した。これで、和光市の入札に変化がなければあなた方が来て、私がお話した意味はない。しっかり議会でがんばって欲しい」という結びに、重いものを感じました。
 というわけで、入札の問題についてはこれからも随時取り上げていきます。


*1 鈴木町長(当時)の言っておられたことは今も価値を失っていません。また、もう一つ入札改革に必要なのは、職員の建設業へのより深い理解だと思います。

そういう意味では(精査の必要はありますが)建設業界の経験者を中途採用することも一つの手法かと思います。

*2 残念ながら和光市の入札改革はまだまだです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

takeyanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■なにわのおっさんさまコメントありがとうございます

本当に人間の熱意というものの大切さを鈴木町長は教えてくださいました。
もちろん、仕組みの整備は私の重視するところですが。

3 ■おかにゃんさまコメントありがとうございます

鈴木町長は建設業経営者であり、自分の目利きにかなり自信がおありのようでした。
多分、普通の役所なら、目利きの人を民間人材で雇う必要があると思います。
ただ、鈴木町長の言葉は今も時々思い出しています。

2 ■無題

鈴木町長の発言には、驚きました。今時、こんな日本人、しかも町長(失礼)がおられるとは!制度も大切ですが、人間そのものも大切だな、と痛感しています。ぜひ、この鈴木町長の熱い思いを受け継いで、頑張ってください。

1 ■町長の熱い思い

こんばんは。二重投稿になっていたらごめんなさい(コメント書いたらサーバではじかれてしまいましたので。)。
入札制度は諸問題が多いです。また,一般競争入札を導入すれば経費節減できるかというと,シンドラー社のような問題も発生してしまいます(個人的には,この問題は指名競争入札でも起こりうると思うのですが)。
ただ,鈴木町長の言葉,非常に思いです。視察に来た以上,必ず成果を示すのが礼儀である,と言いたいのでしょう。
このような鈴木町長の熱い思いに答えるためにも,今後とも和光市民のためによりよい入札制度を検討してください。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース